※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SWAPMAGIC説明


SWAPMAGIC(以下SM)はPS2においては、バックアップソフトを起動するために用いましたが、PS3ではelfファイルをブートさせる場合に多く用います。
SMは現在v3.8まで発売されていますが、v3.3でメモリーカードからのelfブートに対応、v3.6以降からUSBメモリからのelfブートに対応しています。
USBメモリに関しては相性問題があり、読み込めないUSBメモリも数多く存在しますが、手持ちのUSBメモリが読み込めない場合は、PSPを使ってください。
PSPならまず確実に読み込めます。

SWAPMAGIC elfブート方法


メモリーカードもしくはUSBメモリのルートに SWAPMAGIC というフォルダを作ります。
その中に下記の表に対応した名前にelfファイルをリネームし保存します。

ファイル名 起動方法
SWAPMAGIC.ELF オートロード
SMBOOT0.ELF ↑+L1
SMBOOT1.ELF ↑+L2
SMBOOT2.ELF ↑+R1
SMBOOT3.ELF ↑+R2

SWAPMAGIC.ELFならば、SMが起動したときに、自動的にelfブートされます。
それ以外はSMが起動し、トップ画面にて対応するコマンド入力を行えば、そのelfファイルがブートされます。

SWAPMAGIC v3.8使用時の注意


v3.8はv3.6と違い、elfブートは、メニューのSMBBOOTから選択する。
そこから起動することでUSBメモリなどのマスストレージが認識される。
v3.8を使っていて、USBメモリが認識されない!などと困っている方はこの点をご注意ください。