BackupManagerの機能

  • PS3ゲームソフトのバックアップ(内蔵HDD/外部HDD)
  • ロード…BDドライブにゲームディスクを入れ、表示されるアイコンを押した際に何のゲームが起動するかを選ぶ機能(バックアップorドライブに挿入したゲーム)
  • 削除…内蔵HDD/外部HDDの中のバックアップゲームを削除する
上記の機能は、※現時点で全PS3モデルで動作可能。
しかし、※FW3.41以外のFWでは不具合が起きる可能性がある。
Open Managerの方が優秀なので、最近ではBackupManagerは使われていません。

BackupManagerでのPS3ゲーム動作確認リストはこちら(あ行~た行)こちら(な行~わ行)を参照

入手方法

  • Backup Manger(DL)
  • FW3.41(DL)
  • Backup Manager(hermes対応版)(DL) →下記「完全ディスクレス起動方法」をBackup Managerで使用したい人用


使用方法

初回起動時には、画面に何も表示されていない。
BDドライブにゲームディスクを入れると認識され画面に表示される。
○ボタンでBackup,×ボタンでLoad,△ボタンでDelete

  • Backup(○ボタン)
外部HDDを接続している場合は、最初に外部HDDにバックアップをとるかどうか聞かれる。
拒否した場合、次に内蔵HDDにバックアップをとるかどうか聞かれる。

  • Load(×ボタン)
これを選択すると、XMBに戻るので、正規PS3ゲームを挿入し、表示されたゲームアイコンを選択して起動。
BDドライブに正規PS3ゲームが挿入されていない場合、メッセージが表示されるので、挿入すること。

  • Delete(△ボタン)
バックアップデータを削除する(少々時間がかかるので注意)

完全ディスクレス起動方法

  • Backup Manager(Hermes対応版)
  • Herms_PSGroove
の二つを用いて使う。

外部HDDのルートに、PS3_GAMEフォルダを作り

/PS3GAME
 |------- USRDIR ---->EBOOT.BIN
 |------- ICON0.PNG
 |------- PARAM.SFO

このようにファイルを配置する。
要は、BackupManagerを用いバックアップをとり、復号化されたゲームのファイル群をPS3_GAMEの中に入れる。
このとき、ゲームはなんでも良い。(コピーの時間などを考えると、容量が少ないゲームが良い)
※きちんと配置されている場合、XMB上の/app_home/PS3_GAME が先ほど配置したゲームに変わっているはず。

Backup Manager(Hermes対応版)をインストールし、通常のBackupManagerと同じように使用する。
本来ならば、正規ディスクを挿入しないと、ロードした際にメッセージが表示され、XMBに戻らないが、今回のBackup Manager(Hermes対応版)とHerms_PSGrooveを用いると正規ディスクを挿入していなくてもXMBに戻れる。
そして、XMBに表示されている/app_home/PS3_GAMEを選択すると、ロードしたゲームが表示されているので、あとはそれを実行する。
(OpenBM2.1等であればあまり難しことは考えず、上記のUSBをぶっさすだけで何も考えなくて良い)

ディレクトリ構造

  • 外付けHDDから起動する場合
「GAMEZ」フォルダを作る(既に作っていれば必要なし)
任意のフォルダ名(ここではKatamari)をつけたゲームデータをGAMEZフォルダに入れる
GAMEZ─Katamari┬PS3_GAME
            ├PS3_UPDATE
            └PS3_DISC.SFB

  • 内蔵HDDから起動する場合
dev_hdd0─game─LAUN12345─GAMEZ─Katamari┬PS3_GAME
                                ├PS3_UPDATE
                                └PS3_DISC.SFB

注意事項

Backup Managerを起動するたびに使用規約の表示が表示される。
バックアップしたPS3ソフトを起動するには正規PS3ゲームを予めBDドライブに入れておくこと。
現時点では、外部HDDはFAT32で使う都合上、1ファイル4GB以上のファイルは扱えないという問題がある。
つまり、1ファイル4GB以上のゲームは基本的には起動不可。

FW3.42以上では、インストール不可。
FW3.41のときにインストールしてあっても、FW3.42以上では起動できないので注意。

オンライン状態のまま、Backup Managerを起動するとフレンド一覧にBackup Managerと表示される。
表示されるタイトル名等はゲームID変更手順で変えることも可能だがPS3SDKが必要である。詳しくはこちら
本体BAN、垢BANを喰らいたくなかったらオンライン状態でのjailbreak及びBackup Managerの起動は避けること。


  • game eboot.bin is not valid, can't launch と出て起動できない場合

HDD内のフォルダ構成が狂っている可能性がある。
HDDのフォーマット、もしくは、バックアップが面倒なら新品HDDと入れ替えるなどするとよい。

では、なぜフォルダ構成が狂っているかだが、変なUSBドングルを使うと、BMが「ゲーム>BM」でなく「ゲーム>名称未定>BM」という具合に
名称未定というフォルダの下にインスコされてしまうことがある。そのため、上記のエラーメッセージが出てしまう(EBOOT.BINを見つけられない)
※報告によれば、HDDをフォーマットしたら解消したとのこと。

変なUSBドングルというのは、
報告者の場合、無理やりブートローダを書き込んだり、PSGrooveへのパッチを自前でやった際にどこか失敗してしまったらしく、正常ではないUSBドングルを作ってしまった可能性があるとのこと。
このとき、BM起動>ゲームロード>XMBへ戻る>ディスクのアイコン選択すると、全てのゲームがブラックアウトしていた。

  • アップデートパッチ当て方
アップデートしたいソフトをBMで起動する→アップデートダウンロード→アップデート失敗しました。と表示されたら電源切る→
FTPで /dev_hdd0/tmp/np_pkg フォルダにある(ゲームIDなんたらかんたら).pkgをPCにコピー

PSN Demo Installerを使ってSelect.PKG→コピーしたゲームID.pkgを選択、Create.pdb→フォルダ選択(フォルダ名は被らないように8桁の数字)
作ったフォルダの中にゲームID.pkgを入れてFTPでdev_hdd0/vsh/taskに放り込んでPS3再起動

普通にPS3を起動(JB起動だと不可)してXMBにフォルダ名のアイコンがあるので選択後インストールで完了

※パッチを当てると起動できなくなるソフトもあるので注意、アップデートだけならFWあげる必要はありません