※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PSX Loader


PSX LoaderとはPS3上でPS2用エミュレータやツールなどを起動することができるローダーです。

準備物


・psxloader.rar(ダウンロード先 PS3HACKS)

・SwapMagic(3.6以降)

・USBメモリ(SDカードなどでも可)

・PS2のBIOS(実際には「LIBSD」「XMCSERV」「XMCMAN」が必要。これらのファイルはPS2 BIOS unpackerというソフトを使いBIOSを分解することで手に入れる)

・USBD.IRX (USBD.IRXはUSB周辺機器に対応しているソフトならばほぼ確実に同梱されている。海外で作られた一部PS2用ツールにも同梱されているらしいが、これらは使えないらしい?)

・起動させたいelfファイル

USBD.IRX準備編
(既にPS2メモリーカードなどに導入されている方は必要ありません。その場合はメモリーカードアダプターを使い、PS3に接続して下さい。)


SwapMagic を使い、 uLaunchELF を起動する

②uLaunchELFのファイラー機能を使いmc0:(メモリーカード1のこと)に 「BIDATA-SYSTEM」 というフォルダを作成する。

{UBSD.IRXが入っているPS2ソフトをPS3に挿入する。}

④PS2ソフト内の UBSD.IRXをmc0:(メモリーカード1のこと)の「BIDATA-SYSTEM」フォルダにコピーする。

メモリーカードをPCに接続し中身を弄れる方ならもっと簡単にできると思います。(ダイレクトメモリンクやメモリージャグナーなど)

PSX Loader導入方法


①ダウンロードしたpsxloader.rarを解凍して出来たpsxloaderフォルダ内にあるpsxloaderフォルダに起動させたいelfファイルをコピー。

同フォルダ内にあるmodulesフォルダに「LIBSD」「XMCSERV」「XMCMAN」をコピー。

③USBメモリのルートに psxloaderフォルダ をコピー。(解凍して出来たフォルダではなく、さらにその中にあるpsxloaderフォルダです)

④同時に 「SWAPMAGIC」 というフォルダを作成し、その中にpsxloader.rarを解凍して出来たpsxloaderフォルダ内にある psxloader.elf をコピー。

psxloader.elfをSWAPMAGIC.ELF にリネーム。(これでSwapMagicを起動したときにpsxloader.elfが自動的に起動される)

⑥USBD.IRXが入っている仮想メモリーカードがスロット1に設定されているのを確認。

⑦psxloaderフォルダとSWAPMAGICフォルダが入ったUSBメモリがPS3が差し込まれているのを確認

⑧SwapMagicをPS3に挿入し起動→自動的にPSX Loaderが起動。


USBD.IRXにはいくつかのバージョンがありますが、そのバージョンによって起動するelfファイルと起動しないelfファイルがあるようです。

と言っても、現時点では起動するelfファイルはかなり少ないです。

「Guitarfun」「PS2RealityMediaPlayer」などはPSX Loaderを公開したチームが起動することを公言しています。