【Fate/stay night】からの出典


エクスカリバー

約束された勝利の剣。騎士王アルトリアが所持する最強の聖剣。
所有者の魔力を光に変換し、収束・加速させて運動量を増大させ、神霊レベルの魔術行使を可能とする。
風浦可符香に支給。

ルールブレイカー

破戒すべき全ての符。あらゆる魔術を無力化させる短剣。
単体ではナイフ程度の攻撃力しかない。
言峰綺礼に支給。

黄金の鎧

魔術的な力もかなりあると思われる大鎧。金ぴか。
ギルガメッシュ本人に支給。

ゲイボルク

クー・フーリン(ランサー)が持つ、因果の逆転によって必ず相手の心臓を貫くと言う魔槍。
二種類の使い方が存在するが、アニメ版に登場したのは『刺し穿つ死棘の槍』のみ。
制限と使い手の技量のため、せいぜい心臓の方向に槍先をずらす、程度の能力。
本来の使い手、または武具の扱いに慣れた者が使えばある程度マシになるかも。
シャマルに支給。

物干し竿

佐々木小次郎が使用する刀。五尺余にも及ぶ規格外の長刀で、その間合いは槍に近い。
ビシャスに支給。

カリバーン

勝利すべき黄金の剣。かつて騎士王アルトリアが引き抜いた選定の剣。
宝具としての能力・外観共にエクスカリバーと似ているが、美しさの代償として武器としては及ばない。
相羽シンヤに支給。

偽・螺旋剣

本来のカラドボルグにアーチャーが自分なりの改良を加えることで生み出された宝具。形状はドリルのような捻れた剣。
矢として使う他、刺突用の剣として使うことも可能。
エリオ・モンディアルに支給。

アゾット剣

最終話直前、凜が士郎に渡した物。儀式用の短剣で魔方陣の形成に使用したりするが、武器としても充分使える。
元々は凛の父親、遠坂時臣が言峰に贈り、その言峰が凜に贈った物。
チェスワフ・メイエルに支給。

乖離剣・エア

古代メソポタミア神話に登場する大地と水の神「エア」の名を冠する神代の時代の武装。
本来は無銘の剣で、この呼び名は持ち主であるギルガメッシュがそう呼んでいるだけである。
回転している三つの円筒が段々状に連なる刀身、螺旋状の鈍い切っ先という見た目は、どう見ても剣には見えない剣。
かつて形のなかった世界に天と地を作り出した、擬似的に空間切断を可能とする武装であり、”乖離”の名はそこから採られている、所謂対界宝具。
その真名解放である「天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)」の威力は最大出力で放てば奈落が開くという。
ギルガメッシュが天の鎖共々最も信頼する宝具である。
アニタ・キングに支給

ライダーダガー

ライダーが通常時に使用していた武器。
50センチ程の杭-2メートル足らずの鎖-わっかという構成で、主に杭を投げて攻撃手段とする。
杭にはまったく返しや出っ張りがないのだが、一度ささると抜けにくいという特性がある。
魔力を持ってはいるが、宝具というわけではないので、通常の手段でも破壊可能。
ドモン・カッシュに支給

ゲート・オブ・バビロン

王の財宝。
ギルガメッシュの宝具にして黄金の都に繋がる鍵剣。
鍵剣自体に攻撃力はない。
使用者の宝物庫に空間を繋げ、中にある道具を自由に出し入れしたり、弾丸のように射出することができる。
当然、使用者の財があるほどに強力になる。
今回のロワにおいては使用者の宝物庫とは所持しているデイバックに制限されている。
キャロ・ル・ルシエに支給

アヴァロン

全て遠き理想郷。
セイバー、すなわちアーサー・ペンドラゴンの失われた宝具で、エクスカリバーの鞘。
真名を開放すれば如何なる攻撃も寄せ付けぬ無敵の守りになる。
セイバーがいないため、アニメ本編ほどの劇的な効果(致命傷でさえ即回復等)は望めないが、
魔力があれば身につけているだけで少しずつ身体の傷を癒す。
糸色望に支給

天の鎖(エルキドゥ)

かつてウルクを七年間飢饉に陥れた“天の牡牛”を捕縛した鎖。
ギルガメッシュがエア以上に信頼する、自らの友の名を冠する宝具。
使用者の意思に応じてホーミングし相手を拘束する。
能力は“神を律する”もの。
捕縛した対象の神性が高いほど硬度を増す特性を持つ、数少ない対神兵装。
ただし、神性の無い者にとっては頑丈な鎖に過ぎない。
糸色望に支給





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー