【名前】高遠遙一
【出展】金田一少年の事件簿
【種族】人間
【性別】男
【声優】小野健一
【年齢】「魔術列車殺人事件」の時点で推定23歳
【外見】長身の痩せ型(53㌔未満)
【性格】
殺人マニア。リアル他人使役型マーダーな人。
自分の考えた殺人計画を殺意を持っている人間に伝授して実行させ、さらにはその実行犯まで殺してしまうという下種野郎。
独自の犯罪観を持っていて、金田一に「君と私は交わることの無い平行線」などとも言っている。
一方で近所の子供たちを集めて人形劇を開いていたりもする(なぜかはじめの家の近所で)。
もともと母親を殺した連中に復讐するために殺人者になった、という設定は忘れられがち。

【口調】
基本的に誰にでも丁寧語。一人称は「私」、二人称は「あなた」はじめには「君」。

【得意能力】
頭脳が切れるのはもちろんのこと(そのわりに使うトリックが陳腐だったりすることは禁句)、留置所から二度も脱獄したり
警官隊に囲まれても逃げおおせるなど身体的にもかなりハイスペック。また変装の名人でもあり、背格好や声まで変えられる。
が、たまにマスクをつけただけとかのやる気の無い変装で登場したりもする。
また、「殺人事件が起きそうな場所を嗅ぎ分ける」という妙な能力もあり。

【備考】
「金田一少年の事件簿」のラスボス(登場したのはかなり後半だが)。
元々はマジシャン志望であり、実際奇術の才能も持っている。マジシャンだった母親を殺した母の弟子達を自らの手で殺した他、
上記の殺人教唆などで直接・間接に殺害した人数は金田一史上最多である。
完璧主義者であり、ヘマをした殺人実行犯も容赦なく殺そうとする。
一方で時には他人を助ける行動に出ることもあるが、これも完璧主義者ゆえ(つまり、「一度生かすと言った人間は何が何でも生かす」という理屈)
金田一の探偵としてのライバルキャラ、明智警視とも昔から因縁があり、一度は彼を殺害しようとした。
ちなみにこの作品の犯人キャラには必ず付けられる二つ名は彼の場合「地獄の傀儡師」。
自分で名乗るなよそんなんと言いたくなるが、この作品の犯人たちのセンスはこんなんばっかである。






以下、アニメキャラ・バトルロワイヤル 2ndにおけるネタバレを含む


+ 開示する








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー