そして最後に立っていたのは唯一人 ◆P2vcbk2T1w



「おいおいなんだよ、逃げんのかあ? 鬼ごっこかあ!? 
いいねえ、いいねえ、まさに命懸けのゲームってカンジになってきたじゃねえかよオイ? 
ええ? どうする、どうするの、どうしちゃうのねえ!!?」

背後から、下卑た男の笑い声が聞えてくる。
この煩い追っ手を撒くのも、僕にとっては極めて容易い事なのだが、
僕は決して逃げているワケでは無い。あくまで後退しているだけだ。

人間は、我々ラダムに比べれば非力で劣った存在だ。
だが、時として侮れない動きを見せることがある。
事実、自分はこれまでに、そういった場面に何度も出くわしている。
昨晩、苦汁を舐めさせられた時のように。

これがもしテッカマン・ランスであったならば、敵に背を向けることなど決して無かっただろう。
『虫ケラに臆する必要など無い!』等と言いうかもしれない。
馬鹿げたプライドだ。
だが、僕の目的は唯一つ。
人間共や己のプライドなどどうでも良い。
ただ一人、兄さんをこの手で殺すことが出来たなら、それでいいのだ。
そのために、最も効率の良い行動を取る。ただ、それだけだ。
さあ、気高き獅子として、間抜けな兎を狩ってやろう。

さて、そろそろ良い頃合だ。

「あれあれ? もう追いかけっこは終わり?
 いいの? こんな狭い路地じゃあ逃げ場ねえぞ? おいおい、撃っちゃうよ、蜂の巣だよオイ!?」
男が、ノコノコと僕の目の前に姿を現す。
迂闊な人間だ。自ら墓穴に飛び込もうとは。
「つーかさあ、こんな狭いトコに逃げ込んじゃってどうすんの? 逃げ場ないじゃん!
 何、お前って馬鹿なの? 後先考えずに走り出しちゃう馬鹿なの!?」

「それは、お前自身のことだろう……?」
言うが早いか、地面を蹴る。
そして、次の地面を蹴る!
そしてまた、次の地面を……!!

「お、おお!? 何だコリャ? ゴムマリかテメェは!?」
“3次元的”な動きに対応できない男の戸惑いが手に取るように分かる。
そう、確かにこの、四方を壁に囲まれた狭い路地において、平面状の“2次元的”な動きでは回避できる範囲が著しく制限される。
だが、僕にとっては、この壁は地面も同然。
すなわち、跳躍と共に壁を蹴り、また壁を蹴るという、ジグザグの回避運動が可能になるのだ。
人間如きが、この縦横無尽の動きについてこられる訳が無い。

案の定、男は僕を目で追うので精一杯、とても銃を撃っているだけの余裕も無いようだ。
無理も無い。そもそもあの銃、確かに威力は高いが、その大きさから見るに、長距離射撃に特化した狙撃銃なのだろう。
とてもこのような至近距離での乱戦に対応できるとは思えない。
さあ、もう終わりにしてやろう。
こんなところで、こんな奴に、無駄に時間を浪費してやる義理も道理も無い。
「死ねッ!」
跳躍の軌道を男の体へと向ける。
このまま、串刺しに――――


「お前さ、完全調子に乗ってるよな。『僕は超人! だから死んだりする筈無い!』ってよォ!?」


瞬間、男と眼が合った。

ドォン!!
男の銃が火を噴く。
だが、照準は明後日の方向だ。僕に当たる筈は無い。
そして、その制御するに余りある威力の代償、強力な反動が男の体を――
しまった!

「簡単なことだよなあ? どんだけピョンピョン跳ね回ろうが、
 結局お前は俺様のトコに突っ込んで来るんだよ!
 『一撃必殺!』とかカッコ付けたがる勘違い野郎はなぁ!?」

発砲の衝撃によって、男の体が、僕の射線上から外れる。
既に最後の壁を蹴った今、空中での方向転換は不能。
紙一重で、男に攻撃を回避されてしまう。
だが、問題はそれだけでは無い……!

「で、避けさえすりゃあ、次にてめぇを狙うのも簡単だよなあ!?
 何せ、さっきまで俺が居たところにテメェが突っ込んで来るんだもんなあ!?!?
 この近距離、その崩れた体勢……コレでもまだ避けられるッてんなら……避けてみやがれ!!」

「ちぃッ、人間の分際でッ!!」
なんと言うことだ! またしても、人間如きに一杯食わされた状況に陥っている!
だが、この“瞬間”はまだ終わらない!
奴にはまだ、重大なライムラグ――銃の再装填という時間――が残っている。
残されたこの“瞬間”、無駄にはしないッ!!
奴が2度目の引き金を引くより前に、その首、落としてやろう!

「オラァッ、死んじまいなぁぁぁあああッ!!」
男が、引き金を引く。
「死ぬのは貴様だぁああッ!!」
剣が空を切る。


そして、結末が訪れる。



ドゴォォオオン!!



響き渡る轟音。
それは果たして、ライフルの着弾音か?
それとも、剣の生み出す衝撃か?



――否!


「そこまでだッ! この勝負、東方不敗、マスターアジアが預かったッ!!!」


それは、第三の闖入者が巻き起こした爆音だった。



「……誰って?」
その白スーツの男の一言で、僕はやっと我に帰ることが出来た。
そして、状況をなんとか理解しようと勤める。
突然現れた、この老人。
恐るべき速度で2人の間に突入したというだけでも驚嘆すべきだが、それだけではない。
その一瞬の間に、僕の腕を抑え、男の銃を足で踏み据えたのだ。
崩れた体勢からの一撃とは言え、僕の攻撃を止めるとは、この老人……一体!?

「つ、つーか、人の喧嘩の邪魔するたぁ何様のつもりだこのジジィ!?
 人が折角気持ちよくやってたのに、このオトシマエどうつけるつもりだァ!?
 あー決めた、もう決めた! てめえから先にぶっ殺してやるぜ、覚悟しなぁああああああ
 あああああああああああんじゃこりゃあああああああああああ―――――!?!?!?」

「今はおぬしには席を外して貰おう。今はこの小僧の方に用がある」

言い終わらない啖呵を引きずりつつ、そのまま白スーツの男は空の彼方へと飛んで行ってしまった。
アレも支給品の一つなのだろうか。老人のデイバックから飛び出した、小型の飛行機のような何かと共に。

それはそうと――
「ちぃッ、いつまで腕を掴んで――」
ペースを握られたままの現状に苛立ち、掴まれた腕を力任せに振りほどこうとしたが――断念する。
出来ない。力もさることながら、この老人、全く隙が無い。
悪手を打てば、そのまま一気に斃される。そんな凄みを、この老人は持っている。
「ほう、相手の力量を測るぐらいのことは出来るようだな」
じろりとこちらを睨む、その眼力。
矢張りこの老人、只者では無い……!

「貴様、何者だ……?」
「人に名を聞くのなら、先ずは自分から名乗ったらどうだ?」
張り詰めた空気が、ピリピリと肌を刺す。
一触即発の緊迫感が、空気を刺激物へと変質させてゆく。
「僕は、エビル。誇り高きラダムのテッカマン・エビルだ。 改めて聞こう。貴様の名は?」
「我が名は、東方不敗、マスターアジア。覚えておくが良い!」
バチバチと、目の前で火花が散る。
そんな錯覚が、身を焦がす。
「……そのマスターが何の用だい? わざわざ僕に殺されに来るとは、殊勝な心がけじゃないか」
殺意と敵対心を向き出しの僕に対して、しかしこの老人は一歩も怯まない。
「童が、抜かしおる。だが、一々貴様の戯言に付き合う暇も無い。
 一つだけ答えろ。貴様、あの螺旋王とやらについて、何か知るところは有るか?」
……この期に及んで、情報を求めるとは老獪な。
「あんな奴のことなんて知らないね。冥土の土産をあげられなくて残念だけど」
緊張が高まってゆく。
その最後の一線が破られる瞬間が近づく。
だが――
「そうか。ならば、もう貴様には用は無い。『今は』、な」

「何……?」
この男、ここに来て……どういうことだ!?
「まさか、このまま逃げるつもりなのかい、ご老体?」
「ふむ。ここで貴様と遊んでやるのも一興。
 だが、生憎と儂には、貴様の相手をしてやる、義理も道理も無いのでな」
飄々と答えるこの老人。
しかし、僕はこの老人の真意を測りかねていた。
「まさか、そんな下らない事を聞くためだけに、この場に飛び込んで来たのかい?」
「フン、何を馬鹿な。儂はただ、貴様らの様な『騒乱の種』をここで散らすのは惜しい、そう考えただけのこと。
 貴様らが暴れてくれる方が、人数が減って有り難いと言うものよ」
「へえ、大した自信だ。だが、過ぎた自信は身を滅ぼすよ?
 このまま、僕がおめおめと貴様を逃がすとでも思っているのかい!?」
そのまま、開戦の火蓋を気って落とそうと構えた僕を、
まるであざ笑うかの様に、その男はニヤリと笑った。

「まだまだ青いな。精進が足りん」

「――!!」
先制の一撃を、食らわせるつもりだった。
だが、そこにはもう、男の体は無かった。
地面を蹴った老人の体が、吸い込まれるように上空へと上ってゆく。

老人が、飛んでゆく!

「飛行能力だと!? 人間がどうやって――」
その時、老人の手元で、何かが光る。
あれは――糸!?
そう、あの糸だ。見覚えがある!
忘れもしない、あれは昨晩、あの少年が使っていた――
「フン! 小癪な小道具ではあるが、中々どうして使い勝手が良いものよ!」
これは……またしても一杯食わされたのだ!
先ほど、白スーツの男を連れ去った、妙な飛行機。
あの老人はその飛行機に、あの極細の鋼線を結んでいたのだ。
そして、自分はそれにつかまり、悠々と逃げおおせる。
……その主管、あまりにも鮮やか。
みるみると、老人の姿が小さくなってゆく。


「待てッ! 行く前に答えろッ!!
貴様、相羽タカヤという男を――テッククリスタルという結晶の事を、知らないか!?」

それが、僕に残された、せめてもの代償行為だった。
だが、その結果は臨むべくも無く。

「知らぬ! だが、覚えておいてやろう! 貴様と再びまみえる、その時までな!
 それまで、精々暴れるが良い! 滾る本能の赴くままに!!
では、さらばだ!!」

そして、老人の姿は、完全に視野の外へと消えていった。





「……」
その場には、僕一人だけが残された。
「フ……」
傷も無い。奪われたものも無い。
「フフ、ククク、ハハハハハ」
手強い敵を相手にしながらも、損失という損失も全く無い。
「ハハハハハ、アーッハッハッハッハ!!」
だが。
「クソッ!!」

ドゴォッ!

僕の拳を受けたビルの壁に、円形の傷跡が刻まれる。
だが、その程度では発散しきれないモヤモヤが胸の中に立ち込めていた。
不快だ。極めて不快だ。イライラする。


「ああ……早く、早く会いたいよ、兄さん……」


一人、荒野に立つ。

我が心の平穏は遠く。




【C-7北西部/路地/一日目/朝】
【相羽シンヤ@宇宙の騎士テッカマンブレード】
[状態]:健康。苛立ち。
[装備]:カリバーン@Fate/stay night
[道具]:支給品一式、ファウードの回復液(残り700ml)@金色のガッシュベル!!
[思考]
1:適当な参加者を殺し、首輪を手に入れる。
2:制限の解除。入手した首輪をロイドに解析させ、とりあえず首輪を外してみる。
3:テッククリスタルの入手。
4:Dボゥイの捜索、及び殺害。


【???/1日目/朝
【ラッド・ルッソ@BACCANO バッカーノ!】
[状態]:健康。
[装備]:フラップター@天空の城ラピュタ、 超電導ライフル@天元突破グレンラガン(超電導ライフル専用弾20/25)
[道具]:支給品一式(ランダム支給品0~1を含む)、ファイティングナイフ
[思考]
基本方針:自分は死なないと思っている人間を殺して殺して殺しまくる(螺旋王含む)
1:地面に降りる。
2:清麿の邪魔者=ゲームに乗った参加者を重点的に殺す。
3:基本方針に当てはまらない人間も状況によって殺す。
※フラップターに乗って飛行中。


【東方不敗@機動武闘伝Gガンダム】
[状態]:中程度疲労。全身、特に腹にダメージ。螺旋力増大?
[装備]:マスタークロス@機動武闘伝Gガンダム、レガートの金属糸@トライガン
[道具]:支給品一式、ソルテッカマン一号機@宇宙の騎士テッカマンブレード
[思考]:
基本方針:ゲームに乗り、優勝する
1:一時休息を取る。
2:情報と考察を聞き出したうえで殺す。
3:ロージェノムと接触し、その力を見極める。
4:いずれ衝撃のアルベルトと決着をつける。
5:できればドモンを殺したくない。
※フラップターに結ばれたレガードの金属糸で飛行中


時系列順で読む


投下順で読む


114:――――ありがとう 相羽シンヤ 150:崩落 の ステージ(後編)
114:――――ありがとう ラッド・ルッソ 137:くずれゆく……
114:――――ありがとう 東方不敗 137:くずれゆく……





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー