※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

発生条件

各イベント毎に設定された条件を満たせば発生する。
それぞれ2段階目以降にも条件は設定されているため、初回が発生してもその後の条件を満たさなければ途中で終わってしまう。

ストーリー一覧

俺がキャプテン!?

  1. キャプテンが若すぎることに一部の選手から不安の声が上がりました。 
  2. キャプテンが選手同士の言い争いを上手く仲裁しました。[メンタル↑] 
  3. キャプテンが試合を統率し、試合を勝利に導きました。 
  4. キャプテンがチームを統率し、MOMに選ばれ、自他共に認めるキャプテンとして成長しました。[メンタル↑、覚醒↑]

光りだした原石

  1. 新しく就任した監督が、初めて行った練習の中で才能を感じさせる選手を見つけました。 
  2. 監督が就任して初めての試合に、自分が注目している選手を使いたいと進言してきました。
  3. レギュラーではない選手が、新しい監督が就任して初めての試合に自分を抜擢したことに驚いていました。 
  4. 監督が就任してからレギュラーになって活躍している選手を、サポーターがシンデレラボーイと呼ぶようになりました。
  5. シンデレラボーイと呼ばれるようになった選手が、試合で活躍し、起用してくれた監督に感謝していました。[覚醒↑] 

復活の糸口

  1. 他のクラブから、スランプに陥っている有望な選手を受け入れてくれるように依頼が来ました。
  2. 他のクラブから獲得した、スランプに陥っている有望な選手が入団の挨拶をしました。
  3. 他のクラブから獲得した、スランプに陥っている有望な選手が調子を取り戻しかけているようでした。
  4. 他のクラブから獲得した、スランプに陥っている有望な選手が調子を取り戻しました。
  5.  

背中で語る

  1. ベテランの選手が、同じポジションの有望な若手選手を上手く導いてやる必要があると語りました。
  2. 若手選手が先発出場を果たした後、ベテラン選手が良いお手本になっていると語りました。[覚醒↑]
  3. 若手選手がレギュラーとして定着したことを、お手本となるベテランの選手が居てくれたからだと感謝しました。 
  4. 若手選手がMOMに選ばれ、ベテラン選手の期待に応えて、このまま活躍を続けたいと語りました。

目覚めた才能

  1. コンバートした選手が、新しいポジションに手ごたえを感じていました。
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  

ポジションを奪え

  1. 監督が同じポジションで近い実力を持った選手達の起用に悩んでいました。 
  2. 開幕戦で試合に先発出場できなかった選手が悔しがっていました。[覚醒↑]
  3. 二人の選手が、険悪なものでなく良いライバル関係を築いています。 
  4.  

あいつにだけは・・・

  1. レギュラーではない若手選手が自分と同じくらいの歳の選手がレギュラーになったことに焦っていました。 
  2. レギュラーではない若手選手が自分と同じくらいの歳の選手がレギュラーになったことで不満を持ちました。 
  3. 自分と同じくらいの歳の選手がレギュラーになったことに不満を持っていた選手が、前向きな気持ちになりました。
  4. 自分と同じくらいの歳の選手がレギュラーになったことに不満を持っていた選手が、レギュラーとして認められるまでに成長を遂げました。 [覚醒↑]

スターへの階段

  1. U-23代表経験の無い選手が、代表に選ばれて驚いていました。
  2. U-23代表経験の無い選手が初めての代表合宿で、代表監督に課題を指示されました。
  3. 初めての代表合宿で、代表監督から課題を受けた選手が再び代表に呼ばれました。 
  4. 初めての代表合宿で、代表監督から課題を受けた選手が再び代表に呼ばれ、課題をクリアしたことを認められました。[覚醒↑]

生き残りをかけて

  1. レギュラーの選手が、レギュラーではない若手選手がMOMに選ばれたことに焦りを感じていました。
  2. レギュラーの選手が、若手選手の突き上げを監督に煽られて焦っていました。[覚醒↑]
  3. レギュラーの選手が、若手選手がレギュラーになったことへの焦りから、やる気を出していました。 
  4. 若手の突き上げに焦りを感じていたレギュラーの選手が、努力して成長したことを監督に認められました。[覚醒↑] 

過密日程

(WPS参戦後)

  1. 主力選手がシーズン開幕を迎えて、ハードなスケジュールを心配していました。 
  2. ハードなスケジュールを心配していた主力選手が、Jリーグ中断期間になり感想を語りました。
  3.  
  4. ハードなスケジュールを心配していた主力選手が、代表から帰ってきて感想を語りました。 
  5. ハードなスケジュールを心配していた主力選手が、ワールドプレミアシップを終えて感想を語りました。 
  6. ハードなスケジュールを心配していた主力選手が、Jリーグを終えて感想を語りました。 
  7. ハードなスケジュールを心配していた主力選手が、多忙な一年を終えて感想を語りました。[覚醒↑] (WPS参戦前)
  8. 主力選手がシーズン開幕を迎えて、ハードなスケジュールを心配していました。 
  9. ハードなスケジュールを心配していた主力選手が、Jリーグ中断期間になり感想を語りました。
  10. ハードなスケジュールを心配していた主力選手が、アジアクラブチャンピオンシップを終えて感想を語りました。
  11. (skip)
  12. (skip)
  13. (skip)
  14. ハードなスケジュールを心配していた主力選手が、多忙な一年を終えて感想を語りました。[覚醒↑]

不死鳥の如く

  1. .
  2. 大怪我した選手が練習をしている他の選手を見て落ち込んでいましたが、監督が励ましました。
  3. 大怪我した選手が復帰を果たすと同時に、リハビリの過程で強靭な筋肉もつけていました。[フィジカル↑]
  4. 大怪我から復帰した選手がレギュラーに返り咲き、試合で活躍しました。怪我を通じて彼は成長を遂げたようです。[覚醒↑]

足りないものをもとめて

  1. 代表から落選した選手がショックを受け、自身を失ってることを監督が心配していました。 
  2. 代表から落選した選手がショックを受けて自信を失っていましたが、立ち直りました。
  3. 代表落選のショックから立ち直った選手が、順調に成長していました。[覚醒↑]

勝者の条件

  1. チームの中心選手が、リーグ優勝したが、タイトルを1つも取れなかった事を悔しがり、翌年はタイトルを取ると意気込みを語る。 
  2.  
  3.  
  4. レギュラーの選手がタイトルを取れなかった前年とはメンタリティが違うと語り、自身の成長を実感してるようでした。

跡を継ぐ者

  1. サポーターリーダーが、中心メンバーと交代出場した若手選手を、中心選手の後継者に相応しいと語りました。
  2. サポーターから中心メンバーの後継者と呼ばれている若手の選手がレギュラーに定着しました。[覚醒↑]
  3. サポーターから中心メンバーの後継者と呼ばれている若手の選手がMOMに選ばれました。[覚醒↑]
  4. サポーターから中心メンバーの後継者と呼ばれていた選手が実際にチームの中心選手になるまで成長を遂げました。

スーパーサブと呼ばれ

  1. 前年にスーパーサブとして活躍した選手が、開幕を迎えてレギュラー奪取と誓いました。 
  2. 前年にスーパーサブとして活躍した選手が、レギュラーとなって感想を語りました。
  3. 以前スーパーサブとして活躍していた選手が主力となって、控えだった頃のことを語りました。
  4.  
  5.  

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|