黄金の密林

【ヒョウ】
ネコ科の哺乳類。毛色は黄色で、全身に黒斑がある。
全身が黒色の個体もおり、このような個体はクロヒョウと呼ばれる。
森の中に住み、木登りが得意。仕留めた獲物を木に登ってから食べることもある。
  • 体力: 20
  • 攻撃パターン: 噛み付き:1 殴る:1 飛びかかり:1×数回(ダッシュ)
  • ドロップ(ヒョウ): 猛獣の牙 豹柄の毛皮(レア)
  • ドロップ(クロヒョウ): 猛獣の牙 黒の毛皮(レア)
  • 傾向と対策
   およそ1マスおきに出現する厄介な敵。
   開幕飛びかかりの攻撃でパーティーに壊滅的な被害を及ぼすことも。
   毛皮がいらない人は、そのマスを放棄してそのままサイコロを振るのがお勧め。
   倒す場合は腹のあたりを攻撃するようにすると被ダメージを抑えられる。
   殴る攻撃が怖いからと尻尾から攻撃しているとすぐに振り向かれるので注意。


【アリゲーター】
ワニの一種。肉食性で、稀に家畜や人を襲うこともある。
その巨大な口で噛み付く力は、ドラゴンに匹敵するほど強力である。
ワニ革を利用して衣類や帽子などを作ることができる。
  • 体力: 50
  • 攻撃パターン: 噛みつき:2 尻尾:1
  • ドロップ: 猛獣の牙 ワニ革(レア)
  • 傾向と対策
   動きも攻撃モーションも遅いが、
   体力が多いのでソロでは相手をしたくない敵。上手く誘導したスキに砂金を採ろう。
   倒す場合はヒョウ同様、腹のあたりを攻撃するようにしたい。
   しっぽの攻撃は見てからの回避が難しいが、威力の高い噛み付きを食らわず攻撃できる。
   かみつきは発生から攻撃判定までが長く、見てからの回避や防御も容易なので
   無理に位置を腹に合わせようとするよりは頭からでも攻撃したほうが早く倒せる。


【黄金のグリフォン】
グリフォンはライオンの体に鷲の翼と上半身を持つ生き物であるが、その中でも金の羽根を持つ個体は千年以上も前に一頭確認されただけであり、伝承やおとぎ話の類であるとされている。
グリフォンは気性が荒く、あらゆる種類の獣をとって食うが、とりわけ馬の肉を好む。
  • 体力: 375
  • 攻撃パターン: つつく:1×2 前足:1 飛びかかり:2×数回(ダッシュ) 風:1(光属性100%)
  • ドロップ: 黄金の羽根 黄金の鉤爪(レア) 黄金の宝箱(レア)
  • 備考:鳥系
  • 傾向と対策
   動きが速いので攻撃を当てづらく、風攻撃は攻撃範囲が広い。
   風は通常の盾では防げず、横に範囲が広いので回避もやや難しい。
   弓矢で狙うのはなかなか難しく、特にソロプレイの場合は困難を極める。
   毒状態にするのが効果的。これで飛びかかり攻撃も封じることができる。
   つつく攻撃は、見てからの回避や防御がまず不可能な程速い上にダメージも高い。
   風と飛びかかりは技の発生が似ており、発生の段階では2択になる。
   盾を持っている場合はターゲットが移行するまで盾を構えて待っていたほうが有利。
   その場合下のラインギリギリで構えていると、鳥がそれ以上下に移動できないため
   横の軸をあわせやすくなり、攻撃が当たりやすくなる。
   防御しては即反撃、防御しては反撃でうまくリズムを作らないとまず勝てない。

添付ファイル