作者名

tarolabo (タロラボ)

詳細

2004年~2012年まで活動していたBMS作家である。別名"カオス王"
作家の知名度が曲の知名度に負けている作家で、曲を聞くと
「この人か!」と気付くケースが多い。
また氏の作品のBGAを氏が手掛けることもしばしば。

扱うジャンルは非常に幅広く、
ハピコア、ノイズ、ワルツ、ポップ、ゴア、トランス、プログレッシブ、IDMなど
多岐に渡る、いわゆるオールラウンダー。
また、曲の情報構成に秀でており、あらゆるジャンルをごちゃ混ぜにしても、
曲として成り立たせることができる。「sista)nightTrans」がその一例。

時にはサンプリングを滅茶苦茶にしたノイズのような音楽や、
「Fireball」や「性的猟奇的無意味」といった難解な音楽を表現することもあり、
評価が分かれる作品が多いが、
「地球塔デヴォーション」のような受け入れられやすい曲を作ることもある。
また、アレンジにも定評があり、カービィのゼロツー戦アレンジ「妖晶零弐」は
氏の有名な作品の一つである。

作家としてはかなりの実力者で
東方音弾遊戯で「プラスチックマインド -育つノイズ-」を発表し、優勝。
BOF2006で「路上のギリジン-Shou+rt Mix-」を発表し、個人両部門を最年少(16歳)で優勝。
偽名イベント Wire Puller で「Act #000000」を発表し、スコア・アベレージ1位を獲得。
(しかし、偽名がバレて最下位となる)
Music Objective で「AVALON」曲変更差分「aballava(?)」を発表し、優勝するなど。
また、BMS投稿サイト BMG で「Gynandromorph」と「甘雲」でパワレコを獲得している。

削除氏、LeaF氏、Silentroom氏など後の有名BMS作家に大きな影響を与えた
BMS作家の一人でもある。

2012年夏に「天国か地獄」を発表して以降、全体的に活動を休止しており、
復活を待ち望む声が多くみられる。

代表作

曲:路上のギリジン-Shou+rt Mix-、歪んだ神、sista)nightTrans、地球塔デヴォーション
BGA:性的猟奇的無意味、Fireball、◆ B a r o q u e ◆、路上のギリジン-Shou+rt Mix-

※氏が今までに公開した、BMS作品は80作品は軽く超えるほどで、
現在は、残念ながらそのほとんどが入手困難な状況にある。

注意

氏のHPの テキストの通り、作品を動画サイトに投稿することを氏は禁止しており、
二次創作も、原則禁止(許可制)となっている。
そのため、動画を介しての氏の作品の紹介は、控えざるを得ない状況にある。
くれぐれも無断でUPしないように。