"瓦解"の二代

【名前】 "瓦解"の二代
【読み方】 がかいのふたよ
【登場巻】 第11巻下

【詳細】

瓦解の軍勢に含まれる違った歴史をたどった"幸運"の本多・二代

"不運"との違いは、「本多忠勝の名を受け継いでいる」こと。
つまり東国無双の名を襲名することに成功している。

三河争乱も発生していないため忠勝は死亡していないし、さらに二代の母である於久も生きているため鹿角が誕生していない。

運命との決戦、月の指輪作戦において本多・二代と交戦。
父と母から受け継いだ実力は二代を上回るものだったが、戦闘の最中自分自身の武器として蜻蛉スペア蜻蛉切と昇華させた二代は、
あえてそれを捨て囮とすることで"幸運"の二代を補足。

忠勝が教えた本多式クロスアームスープレックスによって頭部を床に叩きつけられ流体として砕け散った。
幸運の二代の父親はこの技を教えていなかったらしい。