高山線・太多線・武豊線の概要


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高山線・太多線・武豊線の概要

高山線・太多線

  • 高山線の岐阜―美濃太田と太多線(美濃太田―多治見)は2002年に複線電化工事が完成した路線で、高山線の岐阜―美濃太田と太多線はほぼ全ての電車が直通運転を行っている。高山線の美濃太田以北は現在も非電化のままであり、運行系統はほとんどの場合は美濃太田を境に分離されている。東海道線や中央線への乗り入れはエル特急「ワイドビューひだ」・「ホームライナー岐阜」以外は無く駅も増設されていないが、昼間時20分毎の運行であるため以前よりも便利になっている。車両は電化工事が完成した時に製造された313系3000番台に統一されていて並行する名鉄各務原線に対抗している。一方で、エル特急「ワイドビューひだ」は美濃太田以北の非電化区間にも直通するため、従来どおりキハ85系を使用している。かつては名古屋鉄道からの直通気動車特急「北アルプス」も存在したが、東海北陸自動車道を経由する高速バスの登場の影響などで廃止されている。

武豊線

  • 武豊線は1996年に複線電化工事が完成した大府―武豊の路線で高山線と同じように駅の増設は行われていない。こちらはほとんどの列車が東海道線に直通し武豊―名古屋―岐阜の直通普通列車が昼間時は20分毎に運行されている。また、朝夕には武豊線内でも快速となる東海道線直通快速が運行されている。この武豊線の車両は東海道線と同じ313系・311系が中心となって活躍している。これとは別に、朝夕の通勤時間帯に限って愛知線に直通する通勤電車が運行される。こちらの車両は313系7000番台・7500番台および205系5000番台であり、知多地区から名古屋への通勤の足となっている。なお、中部国際空港のアクセス路線として路線を延伸する計画もあったが建設費用などの問題から立ち消えとなっている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。