梓「と、とりあえず泡落として追いかけなきゃ!」

ジャバー

梓「あいた!お湯が傷口に……」

梓「うぅ……憂待って……」

ガラッ

梓「唯先輩!憂どこですか?」

唯「んあ?なんか先に寝るって部屋いったよ~」

梓「ありがとうございます!」ダダダ

唯「……どうしたんだろー」

梓「憂、起きてる?」

「・・・・」

梓「あ、あの、なんていうか……」

梓「憂の見られたくないって言ったのはね……」

「嫌いだからでしょ?」

梓「え……」

「私のこと嫌いだからなんでしょ……」

梓「ち、違うの、聞いて憂……?」

「……」

梓「あの、なぜかわからないんだけど……いつの間にか憂のことすごく意識するようになっててね」

梓「それで、憂に見られるのがすごく恥ずかしかったの……」

梓「それで、あんなこと言っちゃって……」

「……」

梓「……憂ぃ、返事してよぉ……」

梓「なんでもするから許してよぉ……」

「なんでも?」

梓「う、うん!なんでも!」

「……じゃあ、とりあえず部屋入って」

梓「うん……」ガチャ

梓(暗くてよく見えない……)


憂「梓ちゃん」

梓「う、憂……?どこ?」

憂「こっちだよ……」ギュ

梓(なんかすごい柔らかい」

梓(っていうか憂……裸!?)

梓「あの、憂?なんで裸なの……?」

憂「えへへ、さっきあのまま飛び出しちゃったから」

梓「と、とりあえず服着よう?」

憂「んーん、必要ないよ」

梓「え?うわっ」ドサッ

憂「梓ちゃん、なんでも、してくれるって言ったよね?」

梓「う、うん……」

憂「じゃあ……」

憂「くぱぁしてみようか」

梓「う……あ、あのね、憂……」

憂「嫌だ、なんて言わせないよ?」

梓「そ、そうじゃなくて……」

梓「その、恥ずかしくて聞けなかったんだけど……くぱぁってなに?」

憂「ふふ、やっぱり知らなかったんだ」

梓「や、やっぱりって……?」

憂「必死でみんなに聞いてたもんね?」

梓「し、知ってたの!?」

憂「ふふ、教えてくれた親切な人がいてね……」

梓「そ、そんなぁ……」

憂「しょうがないから、私がお手本見せてあげるね?」

梓「う、うん……(裸でするってことはやっぱりえっちなことなのかな?)

憂「ちょっと恥ずかしいけど、ちゃんと見ててね」

梓「わかった……」ドキドキ

憂「ん……」

憂「よいしょ……」くぱぁ

梓「!!!////」

憂「ふふ、ほら、これがくぱぁ、だよ?」

梓「そ、そんな格好……////」ドキドキ

憂「ほら、もっと近くで見ていいよ……」

梓「う、うん……////」

憂「どう?」

梓「暗くてよく見えないけど……すごくやらしい……///」

憂「はい、おしまい」

梓「あ……」

憂「ほら、次は梓ちゃんの番だよ……?」

梓「ちょ、ちょっと待って!まだその、心の準備が……」


梓(くぱぁがあんなえっちなものだなんて……みんなに聞きまわっちゃって恥ずかしい////)

梓(そ、それよりも、あんな格好しなきゃいけないなんて……)

梓(うぅ……やっぱりしっかり洗っておくんだったよ……)


憂「ほら、梓ちゃん?」

梓「うぅ……わかったよ……」

憂「さぁ、こっちに座って……パンツ脱いで」

梓「う、うん……」

憂「あ、全部脱がなくていいよ、片足に引っかけたほうが萌えるって作者が」

梓「こ、こう……?」

憂「うん、可愛いスジが丸見えだよ……」

梓「うぅ……///」

憂「さぁ、いつでもいいよ!」

梓「えーい、やけだ!」くぱぁ


カチッ

梓「え?」

憂「こっちの方がよく見えるからね」

梓「で、電気けしてよぉ!」

憂「動いちゃだめだよ?」

梓「うぅ……ずるいよ……」

憂「梓ちゃんのおまんこ丸見えだよー……」

憂「やっぱりちゃんと洗わなかったんだ?ちょっと臭うよ?」クンクン

梓「嗅がないでよう……///」

憂「記念撮影しとこう♪」

梓「や、やだ!それだけはやだぁ!」

梓「うぅ……写真撮るなんて酷いよ……」

憂「さすが最新のデジカメはすごいねー、ほら、くっきり!」

梓「やぁ、見せないでー!」

憂「澪さんに借りといてよかったー」

憂「あ、でもうちパソコンないからプリントできないや……消すのももったいないし、このまま返しちゃおうか♪」

梓「や、やだやだ!消してよー!」

憂「あ!コンビニ行けばプリントできたよね!ちょっといってくるよ♪」

梓「う、嘘、やめて!」

憂「嘘だよ♪こんな可愛いの、他の人にみせるわけないよ~」

梓「ひどいよ憂ぃ……」

憂「嫌いになった?」

梓「……んーん…」

憂「もう!可愛いなぁ♪」ギュッ

梓「憂……」

憂「梓ちゃん、今日はこのまま寝ちゃおうか」

梓「うん、私も眠い……」

憂「おやすみ、梓ちゃん」

梓「うん、おやすみ憂……」


数日後

唯「うーいー、最近機嫌いいね?」

憂「そう?えへへ、『友達』にくぱぁしてもらったんだ♪」

唯「??へー……(くぱぁってなんだろう?澪ちゃんたちならしってるだろうし、明日聞いてみよう♪)




唯「澪ちゃん!くぱぁやって!くぱぁ!」に戻る



fin