星鋼京政府公認映画祭“ミューズ映画祭”の開催に関する声明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・星鋼京政府公認映画祭“ミューズ映画祭”の開催に関する声明


この度、星鋼京政府は星鋼京国内における文化振興策の一環として、SSN社の全面協力の下、
映画を星鋼京政府公認指定とする事を決定致しました。

今回公認する映画は“あなたと共に歩いて行く”。
著名な作家である黒霧氏の作品として有名な同作を映像化した物であり、
主演には、星鋼京出身のアイドルとして大人気を博しているアレシア・アマデオ女史を迎えての制作となります。

そして、この度の映画公認を記念して、星鋼京国内において“第一回ミューズ映画祭”を開催致します。

“ミューズ映画祭”は、星鋼京における映画文化の向上を目指し、皆様に映画という文化に親しんで頂く機会を提供させて頂きたい、
との思いから、開催するものであります。

記念すべき第一回となる今回は“あなたと共に歩いて行く”の無償公開の他、
アレシア女史の銀幕デビュー作となる、木坂監督作“ミーティアの涙”のオールナイト上映も併せて企画しております。

この機会に、星鋼京が誇る著名人であり、国境を越えて活躍されるアレシア女史によって演じられる名作を、ぜひ一度ご覧下さい。

文責:星鋼京執政 吾妻 勲
確認:星鋼京藩王 セタ・ロスティフンケ・フシミ

1.ミーティアの涙:映画紹介


これは、一人の少女が星に手を伸ばす物語――
 幼い少女が見た光景。それは無数のトモエリバーの戦列だった。
 ただただ帝國の剣である事を証明した、あの日の出来事。
 それが、少女にとっての、原風景となったのだ――。
 準機士(整備士)からはじまり、星鋼京の数あるI=Dを乗りこなしながら成長していく、少女を描いたアクション。
 一番の山場は、アンタレス・フローガ開発の折の模擬戦闘であり、ミーティアの騎士(撃墜王)同士のI=Dバトルは渾身の出来となっている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。