山岸 由花子

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山岸 由花子(やまぎし ゆかこ)

作品:ジョジョの奇妙な冒険
  • プロフィール
誕生日:不明(ただし、いて座の為11/22~12/21と思われる)
身長:167cm
血液型:-型
武器:スタンド能力「ラブ・デラックス」による自身の頭髪の操作
説 明
「ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない」の登場人物の一人
ぶどうが丘高校1年生の女子高生でスタンド使い
非常に身勝手でキレやすく、異常なほどに思い込みの激しい性格であり文字通り「言っても無駄」
子どもの頃から興奮すると眼輪筋が痙攣する体質である
容姿端麗、成績良好であり料理の腕も良い、また手先も器用でセーターやお守り、「電気椅子」まで自力で作る
男性を選ぶ基準は「将来性」であり、人格や地位など完成された男性よりも、欠点があり改善、成長する余地のある男性を好む
同高校に通う広瀬 康一の顔付きなどが引き締まったことに気付きそこから好意を持ち始める
成長する余地のある男性を好むというのは彼女自身が「その男性をより立派な男性に教育する」という彼女自身の願望と理念に沿ったもの
彼女の能力は彼女自身の美への執着と同時にどこまでも広がり続け大きくなり続ける思い込みから来るドス黒い精神力を反映したモノである
闇化・黒化後の行動
  • 飲料水への異物混入
広瀬 康一へ告白するもあいまいな返事ではっきりしない康一の態度に苛立った彼女は気付かれるように康一のコーラの中へ自身の頭髪を混入する
  • 女子生徒に対する傷害行為
広瀬 康一のクラスの学級委員の女子生徒が自身の株を上げるために康一の手伝いをする、その行為に嫉妬した彼女はその女子生徒へ康一へ近づかないよう強要するも拒否される
それに苛立った彼女は自身の髪を女子生徒の頭皮に埋め込み発火、消そうとする女子生徒の目と口を封じ放置する(その直後に女子生徒は主人公達に発見され、無残な髪型になるも一命は取り留める)
  • 広瀬家への家宅侵入
自分が価値のない人間だと分かれば彼女から逃れると考えた広瀬 康一は友人に協力してもらい、康一の悪口を広めてもらう
ところがそれが逆効果となり、深夜に康一の部屋の窓から窓を破り侵入する
  • 広瀬 康一の誘拐
彼女から逃れる為の策が裏目となり広瀬 康一は深夜に彼女に部屋へ侵入され、「教育してより立派な男性にする」と海岸の別荘地域にあるどこかの社長の避暑別荘へ誘拐させる
  • 広瀬 康一の軟禁
避暑別荘へ誘拐された広瀬 康一は別荘内を自由に行動することを許されるが別荘内の電話線は全て破壊されており、外部との連絡は取れない状況下に置かれる
また、浴室には数字入力タイプの錠が掛けられており共に掲示されている問題の答えを入力しないと開かないようになっている
  • 下手物料理や石鹸を食べることを強要
食事の際、三つの箱を掲示し英語の三択問題を出す、それに正解すればちゃんとした料理が食べられるが、外れた場合、石鹸や消しゴム、英単語カードのコーンフレークなどを食べさせられる、またカンニングした場合、外れの二つを完食するまで食事を与えない
補足説明
彼女の持つスタンド能力(一種の超能力)「ラブ・デラックス」は彼女自身の頭髪を伸縮を含めて自在に操ること
髪の長さは数十メートルにまで伸ばすことが可能で一軒丸々を包み込む事もでき、頭髪のみで人間を持ち上げたり床板などを打ち抜けるほどの力がある
また、髪は切り離してもある程度操作ができこの状態でも相手の頭皮に埋め込めば持ち上げたりすることが可能である
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。