メニュー





データ



+各ルート・台詞




ランダー情報



B.O.S.S.情報




その他



更新履歴

取得中です。

カウンター
合計  -
今日  -
昨日  -






ここを編集
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天下第一刀 殲轟 (フェイス)

概要

ステージ11に出現。
B.O.S.S.戦扱いで1ラウンド制。ただし対B.O.S.S.支援は2回使える。
全部で第三形態まで存在し、攻撃パターンも変化する。
基本的にアーマーゲージを0にすることで形態変化する(第一形態のみ例外)。
ステージ10までの相手のB.O.S.S.を通常・ファイナル問わず規定回数撃墜していれば
このステージ終了後に最終ステージへすすみ、そうでなければスタッフロールになる。

時間切れは強制的に負け扱い。
相手が最終形態で、アーマーゲージ残量で上回っていても問答無用。
加えてタイムカウントが全形態共通なので、いかに最終形態まで早く持ち込むかが重要。
ただし、このステージでは1カウントが2秒なので見た目よりは制限時間が長い。
焦り過ぎないようにしよう。
全形態を通して、胴体部分(背中ユニット含む)と腕パーツに分かれており
アーマーゲージは胴体部分への攻撃でのみ削ることができる。
また、腕は形態によっては破壊可能。

対ボス攻略

第一形態

1P側プレイ時、2P側プレイ時を問わず画面右上に出現し、
自機は左下が初期位置となっている。
ラウンド開始と同時に攻撃を始めるので、台詞に気を取られないように。
1.プレイヤー方向を向き、正面のライフルを三連射→右腕、左腕の順に振り払って弾を撒く。
2.ジャンプして左右反対側に移動。
以下、1→2を繰り返す。

両腕は破壊可能で、再生しない。
片方を破壊すると振り払い攻撃の弾が半減する上に、
両方破壊するとアーマーゲージが残っていても形態変化するので、重点的に攻撃すると良い。
なお、振り払いは右側、左側どちらにいる時も右腕→左腕の順。

第二形態

両腕パーツが再生され、画面中央に移動。自機は画面中央下が初期位置。
1.プレイヤー方向を向き、両手を組んで振り下ろし、そこから大量の弾をばら撒く。
2.両腕を広げて左右に指先から弾を撃ち、同時に正面にライフルを3発発射。
3.両腕の間隔を狭めて斜め前に指先からの弾を撃ち、同時に正面にライフルを3発発射。
4.両腕をさらに狭めて前方へ指先からの弾を撃ち、同時に正面にライフルを3発発射。
以下、1~4を繰り返す。
2は本体の左右90度、3は本体から左右それぞれ40度ぐらい前方、
4はいわゆる「前へならえ」ぐらいの角度(ほぼ平行)に腕を突き出した形になる。

両腕は破壊不可能(要確認)。
1の弾幕には弾が来ない角度があるので、そこでやり過ごすことができる。
例えば画面下(初期位置)に腕を振り下ろさせた場合、
B.O.S.S.ストックアイコンの上(Assist OK!の文字の上あたり)が安全地帯。
2~4の攻撃は正面に陣取って、ライフルをちょん避けでかわしつつ攻撃。
4はだいぶ間隔が狭いため、避けるのが難しい場合は
3の攻撃が終わった瞬間に腕の外に出れば安全。
ただし、腕部分ではダメージが通らないので(肩部分ならOK)
本体へ攻撃もしづらくなるのがネック。

また、同じ原理で2~4の間は腕よりも後ろの部分は全く弾が来ず、
背中部分でもダメージは通るため、もぐりこむことができれば
一方的に攻撃することができる。

第三形態

Final B.O.S.Sのカットインが入り、画面左上に移動。
自機は右下が初期位置。
1.本体から針弾を発射しつつ、サーチ→爆撃を6回。
2.両腕を左右に開いて回転しながら移動、弾を円弧状にばら撒いていく。
3.ジャンプして右上(偶数回目は左上)に移動。腕が破壊されている場合は再生。
以下、1~3を繰り返す。

1の爆撃は、忍(β)のサジタリウス2と同じく
サーチ地点に爆撃+爆心地から2WAY弾を8方向に発射。
爆心地から真横や真上はちょうど弾に当たらない角度になるので、
それを踏まえてサーチを誘導しつつ、2で動き出す本体に当たらないよう退路を確保する。
フェイスが左上にいる場合はまず右上に移動しゆっくり真下へ、
右上にいる場合は右下に移動し真左へゆっくり爆撃を誘導すれば、
爆撃を分散させず、次の攻撃の退路を確保することができる。

2の移動は、開始時の自機の位置を狙って動き、以降は慣性に従って動く。
また、左右どちらから動き出す時も決まって「時計回り」に回転する。
弾は腕から発射されるものだけなのでゆるやかだが、
本体に当たってしまうと大ダメージなので追い詰められないように注意。
回り始めたら相手のすぐ真正面に陣取って、回転にあわせて移動しつつ
打ち込むと体当たりの回避と同時に攻撃ができて楽になる。
ほぼゼロ距離なので着弾までの時間も短縮でき、
相手の弾も避けやすいのでオススメ。

また、腕は破壊可能だが、2の時に両腕を破壊するとその直後に
3の行動に移ってしまうので覚えておくこと。
次の着地地点にいる場合は、ジャンプが見えたら
踏みつけられないようにすぐダッシュしよう。

なお余談ながら、第一形態の1は前作の天下第一刀の「攻撃形態」、
第二形態の1は「振り下ろし攻撃」、第三形態の2は「殲滅攻撃」と同じモーションである。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|