※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

― その1その2その3


あんましここのサイトに自分の写真を載せるのは気が引けるんですが、cureとかやってるのに何を今更。
左は例大祭8にて。右は例大祭SPにて。


というわけで、全く参考にならないと思いますが気まぐれで霊烏路空の『展開式制御棒』の簡単な作り方をば。
個人的にはこの制御棒お空のイラストが見てみたいものです。

私的な厨二武装なので多分参考にはなりません。
ちなみに単純に展開なんてしなくていい方は恐らくもっと簡単に出来ます。

では簡単に適当ですが、お付き合い頂ければ幸いです。
途中写真がぶれていたり、本来撮っておくべき所で無かったりと酷いですが、ご了承くださいorz
写真を撮っていたのが大体深夜な上、疲労でヤバかったのでw


まず板を用意します。
自分の場合は大きな長方形の板を6等分に切り分け、太い棒状の板を台形に6等分と平板で先端部分を作りました。
模様部分と展開部分のバレル。計6組。


こちらを蝶番で固定し、可動出来る様にします。
例大祭SPではここの部分のネジが原因で再起不能に陥りました。
あ、映ってる足は気にしないでください。
これから先も手とか足とか部屋の惨状とか写っていますが、スルー推称です。


そして先端部分。
こちら、先端部分は緻密に(購入時に必死になって)計算して台形を6個と6角形の板1枚から出来ております。
ちなみに先端だけで材料費と加工費で6千円以上は持って逝かれました。斜めに切断するのはかなりお金が……でも自分で切るより精確です。お蔭でこんなに綺麗な先端部分の形に仕上がりました。
あとはボンドで組み立てて完成。
バレル側もそうですが、この模様は彫刻刀で削った後に黒の油性ペンで塗りました。


模様のデザインは友人との相談を交えながら原作と黄昏のお空を参考にして決めました。
様々な絵師さんの描いたお空とも照らし合わせ、黄昏お空をベースにし、5と6を星とハートにして多少の遊び心を出しました。
模様にも色々元ネタがあったと思うのですが、今回はスルー。
ちなみに背景の左上、灰色のはお空の右足です。
そう、『融合の足』
そしてその上にあるのが『分解の足』です。


あぁ、これですね。
ちなみにこれは恐らくステンレス製の輪にスーパーボールを付けただけですw
屈むと靴やひざに引っ掛かる非常に邪魔な物ですw


ついでですから八咫烏の目の紹介も。
こちらは塩ビで作られた半球に赤と黒のアクリル塗料を内側に塗りました。
塗料には木工用ボンドを混ぜ合わせる事で、乾いた際の剥がれ難さとひび割れを防止しました


さらに上から木工用ボンドで上塗りし、目の周囲に黒いレースをグルーガンで付けて完成。
裏にはピンバッチの針を使用したのですが思った以上に付け辛かったので次回から安全ピンにします。


あ、写真多いのでその2へ続きます。


― その1その2その3