れんしゅうノートのパスワードの法則。

末尾の文字が あ の場合

文字一つがぷよ二つ分の並びを表しています。(例:さ 緑赤)
この文字をぷよに変換していき、
13段目の左 真ん中 右
12段目の左 真ん中 右

1段目の左 真ん中 右
の順に詰めていくことになります。


ひああへ ああすえ あそうあ
PうあP りあPな うこPえ
まPPり PPへな PてらK
ほりてあ

ひああ より 13段目 空青 空空 空空
へああ より 12段目 緑青 空空 空空
すえあ より 11段目 黄赤 青空 空空
そうあ より 10段目 邪赤 緑空 空空
Pうあ より  9段目 邪邪 緑空 空空
Pりあ より  8段目 邪邪 黄黄 空空
Pなう より  7段目 邪邪 黄緑 緑空
こPえ より  6段目 赤赤 邪邪 青空
まPP より  5段目 黄青 邪邪 邪邪
りPP より  4段目 黄黄 邪邪 邪邪
へなP より  3段目 緑青 黄緑 邪邪
てらK より  2段目 緑緑 青黄 緑邪
ほりて より  1段目 青青 黄黄 緑緑

よってこの連鎖を連鎖シミュレータで書くと以下のようになります。
http://www.inosendo.com/puyo/rensim/??50000750000645000147000117000116600116770441150651111661111756711775671556677
黄色を消すと9連鎖になります。


文字とぷよの組み合わせの対応表
(邪→お邪魔ぷよ 空→空白 なし→該当するぷよの組み合わせなし)

空空 赤空 緑空 青空 黄空
紫空 邪空 なし 空赤 赤赤
緑赤 青赤 黄赤 紫赤 邪赤
なし 空緑 赤緑 緑緑 青緑
黄緑 紫緑 なし なし 邪緑
なし 空青 赤青 緑青 青青
黄青 紫青 邪青 なし なし
空黄     赤黄     緑黄
青黄 黄黄 紫黄 なし 邪黄
なし     なし     なし

A 空紫 B 赤紫 C 緑紫 D 青紫 E 黄紫
F 紫紫 G 邪紫 H なし I 空邪 J 赤邪
K 緑邪 L 青邪 M 黄邪 N 紫邪 O なし
P 邪邪 Q なし R なし S なし T なし
U なし V なし W なし X なし Y なし
Z なし                




末尾の文字が う の場合

この場合はぷよ二つ分の並びを表す文字と、そのぷよ二つ分の並びが何回続くかを表す文字に分かれることになります。
最初の文字がぷよ二つ分の並びを表し、次の文字はそのぷよの並びが13段目の左上から何回続くかを表し、また次の文字はぷよ二つ分の並びを表し、さらにその次の文字はその並びが何回続くか表し…
この繰り返しが画面分がすべて埋まるまで続きます。


あろう
あ 空空 が ろ 回(39回)13段目の左から繰り返されます。
1段目の右が39番目の場所なのでこれは画面全体なにもないことを表すパスになります。



あへへあ ふあとあ さあとあ
へあてあ しあふあ こあふあ
つあう

あ 空空 が左上から へ 回(27回)よって13段目の左から5段目の右まで空白、なにもないことになります。
へ 緑青 が4段目の左から あ 回(1回)
ふ 赤青 が4段目の真ん中から あ 回(1回)
と 青緑 が4段目の右から あ 回(1回)
さ 緑赤 が3段目の左から あ 回(1回)
と 青緑 が3段目の真ん中から あ 回(1回)
へ 緑青 が3段目の右から あ 回(1回)
て 緑緑 が2段目の左から あ 回(1回)
し 青赤 が2段目の真ん中から あ 回(1回)
ふ 赤青 が2段目の右から あ 回(1回)
こ 赤赤 が1段目の左から あ 回(1回)
ふ 赤青 が1段目の真ん中から あ 回(1回)
つ 赤緑 が1段目の右から あ 回(1回)

よってこの連鎖を連鎖シミュレータで書くと以下のようになります。
http://www.inosendo.com/puyo/rensim/??754557745775775445444547


文字と数の対応表
(数字は繰り返し回数 なし→該当数字なし)

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 なし なし 23
24 25 26 27 28
29 30 31 なし 32
33 34 35
36 37 38 なし 39
なし 40 なし

A 41 B 42 C 43 D 44 E 45
F 46 G 47 H 48 I 49 J 50
K 51 L 52 M 53 N 54 O なし
P 55 Q なし R 56 S 57 T 58
U 59 V 60 W 61 X 62 Y 63
Z 64                

を 以降はちびでしか出現しません。