試練の洞窟 第十三階層

【ドラゴンフライ】


  • 体力: 65
  • 攻撃パターン: 噛みつき:1 飛翔:1(ダッシュ)
  • ドロップ: 昆虫の腸 銀色の鱗
  • 備考: 炎1.5倍 地0.5倍
  • 傾向と対策
   姿が小さいのと動きが素早いので攻撃を当てづらい。
   封魔でなければ、うなれ火炎で一掃できるが
   そうでない場合、できるだけ精霊の力に頼りたい。
   好戦的なモンスターなので動かず待つと相手の方から寄って来る事が多い

【トリエントウルフ】



  • 体力: 130
  • 攻撃パターン: 噛み付き:2 突進:1(ダッシュ)
  • ドロップ: トリエントの樹皮、トリエントの幹、魔獣の爪、眠り草
  • 備考: 炎・雷・闇1.5倍 光・地・水0.5倍 眠り耐性 犬・植物系?
  • 傾向と対策
   2階層のダイアウルフと同じ攻撃パターンを持つ。
   体力が多いが弱点も多いので弱点となる属性の武器があれば削るのは難しくない。


【エルダーエント】


  • 体力: 220
  • 攻撃パターン: はたく:2 踏みつけ:2 雨:1×5(水属性100%)
  • ドロップ: エントの樹皮、ブラックウッド
  • 備考: 炎・雷・闇1.5倍 光・地・水0.5倍 眠り耐性 植物系
  • 傾向と対策
   特に留意すべき点は雨による攻撃。被弾すると大ダメージは免れない。
   枝によるはたく攻撃は密着すると当たらない。
   集団でいる場合が多いので、体力が最大でもダウンする恐れもある。
   弱点である炎・雷・闇属性の攻撃・精霊が有効。


【ヴァフォメット】



  • 体力: 200
  • 攻撃パターン: 斧:2 頭突き:2
  • ドロップ: 大きな骨、硬質な角、硬い蹄、ハイアックス(レア)
  • 備考: 光1.5倍 闇0.5倍 悪魔系
  • 傾向と対策
   移動もモーションもゆっくりなので斧の攻撃を確実に防げば問題はない。
   攻撃パターンも二種類と少ないので弱点属性を有効に突けば楽な相手だろう。


【ペリュトン】



  • 体力: 180
  • 攻撃パターン: 角:2 前脚:1×2 後脚:1×2 飛翔:1,1(光属性100%) 踏みつけ:2
  • ドロップ: 幻獣の骨、羽根、羽毛、黄金の羽根
  • 備考: 炎1.5倍 地0.5倍
  • 傾向と対策
   グリフォンの亜種。後脚の出が早いので正面から攻めたい。
   飛翔の直後に発生する踏みつけは飛翔によってひるんでいると回避・防御が間に合わない。
   ペリュトン2匹のみ、もしくは他のモンスターと混ざって出現するパターンがあるが
   後者の場合は他のモンスターを優先して倒していった方がいい。


【ヴェズルフェルニル】



  • 体力: 2400
  • 攻撃パターン: つつく:1 足:1 足(空中):1×2 滑空:2(ダッシュ) 風おこし:2(光属性100%) 暴風:2×3(光属性100%)
  • ドロップ: 棘の宝箱 ヴェズルフェルニルの尾羽 ヴェズルフェルニルのくちばし(レア)
  • 備考: 物理・自然・炎・光・闇無効 水・雷1.5倍 鳥系 毒耐性有
  • 傾向と対策
   恐ろしく速い速度で移動するため、俊足状態であっても逃げ切ることは難しい。
   試練の洞窟に登場する全てのボスの中では一番体力が低く、かつ小さい。
   実装直後は平均的な攻撃力も低く、物理属性も通るので文字通り大したことのないボスだったが、
   フェンリルなどの他ボス同様の耐性を得た他、暴風攻撃が追加されたことにより油断ならないボスとなった。
   このボスも毒状態にすることはできるので、毒霧の巻物など事前に準備してから挑むことをお勧めする。
   ミューテーションに余裕がある人であればウルヴァリンに変身してスピード勝負をするのもいいだろう。
   水と雷属性のバングル(会心のバングル)や強化した水と雷の精霊があれば短時間で倒すことが出来る。