「小ネタ・豆知識」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

小ネタ・豆知識」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #contents()
 
 *重くて動きが遅いとき
 
  ・右クリックで画質を “低” にする。
   (ログインするたびに高になるので毎回設定しなければならない)
  ・ネーム表示をオフにする。 *下記参照
   (全プレイヤーの称号・名前が表示されなくなる)
  ・限定表示をオンにする。 *下記参照
   (PT・フレンド以外のプレイヤーは表示されなくなる)
  ・BGM をオフにする。 *下記参照
   (更にサウンドをオフにして無音にもできる)
  ・エフェクトをオフにする。 *下記参照
   (魔法や攻撃のアニメーションを表示させなくし、画像処理の負担を軽減させる)
 上記5つを実行すると表示が軽くなり、動きがスムーズになる。
 ブラウザを変えることで改善されることもある。(FireFoxなど)
 
 ----
 
 *盾の使い方
 
 盾は zキーを押す長さによって
 構えたままで固定できることがある。
 構えたままの会話や、メニューを開いての合成も可能。
 文字の変換に zキーを使った瞬間に外れる。
 
 盾の強制固定
 zキー押しながら、"画面外"を左クリックし、zキーを離すことで強制固定させることができる。
 解除は画面内を左クリック後、zキーを押せば解除できる。
 
 ※2010/11/15よりキーボードの連続入力を防止する機能が追加された。
 zキーを押しっぱなしで盾を構えている場合は、一度 zキーを押し直さないと再度構えなくなっている。
 
 ※2011/12/26より盾の構えがshiftキーから zキーに変更
 
 //Shiftキー+Enterキーで装備中の盾を一時的にしまうことができる。
 //装備が解除されるわけではなく一時的に盾をしまった状態。
 //戦況によって盾装備が不利になるときなどに素早く対応できるもの。
 //※盾装備中でも特殊攻撃は可能だが、盾を装備していない方が円滑に繰り出すことができる。
 //再度Shiftキー+Enterキーを押すことで元に戻る。
 //フィールドからロビーに戻るときや扉などの出入りでも盾の状態はリセットされる。
 //※2010/8/30に盾の取り外し機能が実装されたが、2011/12/26に廃止された。
 ----
 
 *特殊攻撃の使い方
 
 Shiftキー+Spaceキーで [[特殊攻撃]] が繰り出せる。
 アクションが大きいので攻撃がヒットしにくい。
 モンスターの影を狙うつもりで繰り出すと当たりやすい。
 
 ※2011/12/26より盾装備時に特殊攻撃が行えるように変更された。
 ガード中に特殊攻撃へ移行することが出来る。
 
 ----
 
 *ランスの特殊攻撃
 
 ランスの特殊攻撃は攻撃終了後に疲れて数秒間動けなくなるが
 走りきって疲れる前にランスを一回突くと、疲れない。
 
 ----
 
 *ショートカットの使い方
 
 薬、巻物、書、ワンドなど「使う」表示のあるアイテムは
 [[ショートカット>>http://artifact.jp/guardian/guide/guide03_h.php#g001]] を利用すると、アイテム欄を開く手間が省けて
 モンスターとの戦闘時などに便利である。
 
 キーボードへのアイテムの割当は、JISボードの場合、以下の通り。
 
  QWERT -- アイテム欄上段 左から右へ5マス
  ASDFG -- アイテム欄中段 左から右へ5マス 
  ZXCVB -- アイテム欄下段 左から右へ5マス
 
  例)聖水をアイテム欄の上段左から3番目に置いた場合は
    「Shift」+「E」 を押す。
 
 キー操作を誤って、ヒーリングポーションを使うはずが
 聖水を使ってしまったりすることのないように、注意が必要である。
 
 ※2011/5/24よりショートカットを利用した装備の切り替えが可能になった。
 Shift+対応したアルファベット で、装備の切り替えができる。
 ただし、ワンドなど「使う」ことができるアイテムは効果が発動するので切り替えはできない。
 
 ----
 
 *奥義魔法について(シーズン2)
 
 [[奥義魔法]] はスプレンドルミサスのメインクエストを達成すると覚えることができる。
 スプレンドルミサスのステージ上でのみ利用可能な魔法。
 宝石の魔力ではなく、触媒を消費する。
 触媒となるアイテムはステージで入手できる一般素材。
 触媒は持ち物欄かバックパックに入れておく。
 &s(){合成の壷にストックしておいても利用できない。}2012/11/13のメンテより、合成の壷はバックパックと統合されました。
 
 奥義魔法の発動方法は、チャットバーに呪文を入力してエンターキーを押すか
 画面下の奥義魔法のアイコンから魔法を選んでボタンを押す。
+一度発動した奥義魔法はショートカットキー"2"で繰り返し発動可能。
+ページの更新やログアウトすると、ショートカットから消える。
 
 ----
 
 *ウィンドウ開閉ショートカットについて
 
 キーひとつ押すだけでアイテムウィンドウなどを開閉できる。
 
 アイテムウィンドウは Item の 「 I 」
 バックパックウィンドウは Backpack の 「 B 」
 奥義魔法のウィンドウは Magic の 「 M 」
 //2011/5/24追加
 
 ----
 
 *ネーム表示ON/OFFについて
 
 右クリックメニュー(Macはcontrol+クリック)に [[ネーム表示ON/OFF機能>>http://artifact.jp/guardian/guide/guide03_h.php#g005]] がある。(旧/nameコマンド)
 この機能を使うと自分を含め他プレイヤー全員の名前が非表示になる。
 
 ブログなどで画像を使いたい場合、写りこんだ他プレイヤー名を画像処理ソフトを使って消すという作業をしなくてはならなかった。
 無断で他プレイヤー名をweb上に掲載するのは [[ガイドライン違反>>http://artifact.jp/guardian/support/faq/0048.php]] なので、この機能をうまく活用しよう。
 ネームをOFFにすると表示が少し軽くなるので、動作が重い時などにも活用できる。
 //2008/5/12追加
 
 ----
 
 *限定表示機能ON/OFFについて
 
 画面右上のボタンと右クリックメニュー(Macはcontrol+クリック)に
 [[限定表示機能>>http://artifact.jp/guardian/news/2008/06.php]] ([[画面上位置参照>>http://artifact.jp/guardian/guide/guide01.php]]) がある。
 フレンドとパーティだけを表示することができ表示がとても軽くなる。
 自分から他のキャラクターが見えていなくても、他人から自分のキャラクターは見えているので
 言動には注意が必要。(チャットはログに表示される)
 また、他人が見えていなくても存在が消えているというわけではなく
 癒しの書や癒しの羽根など、他人にも使える魔法やアイテムは効果が届いてしまうので注意。
 //2008/6/23追加
 
 ----
 
 *BGMを消して効果音だけ残す
 
 右クリックメニュー(Mac の場合は control + クリック)にBGMのON/OFFがある。
 
 限定表示機能とあわせると、表示されてる人以外の攻撃音も消すことができるので
 フレンドチャットの発信音を聞き逃しにくいという利点がある。
 ただし、限定表示中でもウォーハンマーの特殊攻撃は音がでる。
 //2009/5/13追加
 
 ----
 
 *サウンドON/OFFについて
 
 右クリックメニュー(Macはcontrol+クリック)にサウンドON/OFFがある。
 BGMのみON/OFF の機能と併用することで、すべての効果音を消して無音にできる。
 自分の武器を振る音、サイコロを振る音、バックパックにアイテムを入れる音 チャット他、効果音すべて。
 //2010/6/16追加
 
 ----
 
 *エフェクトON/OFFについて
 
 右クリックメニュー(Macはcontrol+クリック)にエフェクトON/OFFがある。
 エフェクトとは、魔法や攻撃のアニメーション等の視覚効果、演出。
 OFF設定にすると魔法や攻撃のアニメーションが表示されなくなり、画像処理が軽くなる。
 
 設定で 表示されなくなるエフェクト
 ・武器で斬りつけた時の判定表現とそれに伴う効果音、弓の矢。(これら与えたダメージの数字は表示される)
 ・防御した時、された時の効果音。 
 ・巻物、書をはじめとした魔法の発動と効果音。
 ・サイコロを振った時の魔方陣。
 ・癒しの羽根、消火剤など回復系アイテムの使用。
  (自分がOFF設定の時、誰かの癒しの羽根の効果を浴びてしまう可能性あり)
 
 設定しても 表示されるエフェクト(通常どおり)
 ・モンスターの魔法、リジェネレート
 ・状態異常、状態異常防止アイテムなどの “ぷくぷく” 
 
 プレイヤーキャラが繰り出す魔法や武器攻撃の視覚効果が表示されないために体感を得にくい面がある。
 気がつくとライフが残りわずかになっていて慌てることも。
 また、周囲の仲間が使った魔法や消費アイテムを把握できず、仲間の善意に気づかない不便さなども。
 プレイヤーが大勢集中するイベント時等、描画が重い時が使いどころ。
 ブラウザの応答に影響がでるほど極端な状況での用途だろう。
 //2010/6/16追加
 
 ----
 
 *入替ロック機能
 
 アイテムウィンドウの装備枠をクリックすると項目の中に「入替ロック」がある。
 武器やアクセサリーの持ち替えをショートカット機能で行うと思わぬアイテムが入替わってしまうことがある。
 入替をロックにしておくと誤操作を防ぎ、慌てたり煩わしい思いをせずに済む。
 
 ----
 
 *魔力のチャージについて
 
 魔力は 4時間のログアウトでチャージされる。
 アイテム欄、バックパック内において有効。
 倉庫に入っている宝石アイテムの分はチャージされない。
 
 持ち物の整理のために倉庫に移動させてしまうと魔力が消失してしまうので注意。
 現在、ポーションのように魔力を回復させる消費アイテムは存在しない。
 
 ----
 
 *バックパック機能について
 
 アイテムウィンドウ上部のバックパックには40種類のアイテムが入れられる。1種類につき99個まで。
 (2012/11/13のメンテより、合成の壷と統合され、40種類、1種類につき99個まで入れられるようになった。)
 その為、バックパックに「合成」や「捨てる」などの項目が増えている。
 また、そのまま魔力のチャージが可能。
 アイテムウィンドウの持ち物欄とバックパック間では魔力を維持したまま移動、整理できる。
 バックパック内の魔力サポートアイテムのMPも画面上に表示される。
 //2009/11/24追加
 
 ・バックパックの拡張サービスについて(有料)
 50Gにつき20枠増え、最大で100枠(初期枠40を含む)にすることができる。
 一度支払うといつまでも利用可能。
 盗賊ギルドが契約窓口になる。
 //2011/5/24追加
 
 ----
 
 *魔法の袋について
 
 すごろくフィールドで採取したアイテムを、一時的に収納する機能。
 アイテムウィンドウの魔法の袋の画像クリックでON/OFFの切り替えができる。
 任意のタイミングで開くことができるが、開くとその時入っているアイテムを整理しなければならない。
 また、魔法の袋が有効でも無効でも、持ち物がいっぱいの場合はアイテムが自動的に魔法の袋に入る。
 容量は「種類:200種 1種あたり:999個」。
 //190種以上格納されている場合は警告表示が出る。
 
 他のアーティファクトサービス(マジカロス、マイページなど)と共通なので注意。
 //2013/3/18に仕様変更したので下記文章をコメントアウト。
 //右クリックメニュー(Mac の場合は control + クリック)に [[魔法の袋ON/OFF>>http://artifact.jp/guardian/news/bag.php]] がある。
 //すごろくフィールドで採取したアイテムを、ロビーに戻るまで一時的に収納する機能。冒険の途中で中身を取り出すことはできない。 //2009/11/16追加
 
 ----
 
 *倉庫のソート機能
 
 倉庫リストの見出し部分をクリックすると並び替えができる。
 「画像」の部分をクリックすると アイテムを入れた順になる。
 「アイテム名」では、ひらがな>カタカナ>漢字の名前順。
 「装備タイプ」では、非装備品 シャツ 上着 帽子 盾 ズボン アクセサリ くつ 両手武器 武器 の装備タイプの順。 
 「個数」は個数の順。
 //2010/5/13追加
 
 ----
 
 *名前変更機能について(有料)
 
 プレイヤーキャラクター名を5000 Sで変更できる。
 窓口は盗賊ギルド。
 //2011/5/24追加
 
 ----
 
 *ドリフト能力について
 
 一部のモンスターにおいて、ドリフト(移動)能力を持つモンスターが存在する。
 ドリフト能力を持つモンスターは、そのステージの各マスを徘徊し、倒される毎に別のマスへとドリフトする。
 ドリフトの発生する瞬間は、倒して一定時間経過後のモンスターが復活する際となる。
 ドリフト能力のあるモンスターの、「ドロップアイテム採集判定は各マスごと」である為、
 1度採集したドリフト能力のあるモンスターでも、違うマスであれば遭遇する度に採集が可能である。
 よってドリフト先が倒した場所に戻ってきた場合は、もう一度倒しても採集できない。
 ただし同じ種類のドリフト能力があるモンスターが複数体いた場合、「判定はそれぞれ一個体ずつ」となる為、
 例えば『ウィンターウルフA』から採集済みでも、『ウィンターウルフB』ならば同じマスでも採集が可能である。
 先にプレイヤーが居る場合、一部のドリフトをしたモンスターはダメージを負うまで動かない
 ----
 
 *リジェネレート能力について
 
 一部のモンスターにおいて、リジェネレート能力を持つモンスターが存在する。
 リジェネレート能力を持つモンスターは、通常武器の攻撃で負ったダメージを
 一定の量でリジェネレート(回復)していく。
 有効な対処法は、銀製もしくは炎属性の武器での攻撃。
 銀製(炎属性)の武器では回復されずにダメージを与えることができる。
 ただし、火属性が付いているバングルではリジェネート能力を無効に出来ない
 &s(){&color(#FF6347){注意:} 銀製のウォーハンマーの特殊攻撃は “ 衝撃波 ” であるため、無属性のダメージとして判定される。}
 &s(){銀の属性を発揮するためには直接振りかざして攻撃しよう。}
 2011/1/17のメンテにより シルバーウォーハンマーの特殊攻撃もリジェネレートを無効化するようになった。
 
 ----
 
 * グラトン能力について
 
 2012/10/04のメンテによりグラトンの仕様が変更されました [[公式ブログ>>http://blog.artifact.jp/?p=3495]]
 
 一部の巨大モンスターにおいて、グラトン能力を持つモンスターが存在する。
 攻撃時にグラトン(飲み込み)することがあり胃袋の中では消化がはじまる。
 グラトンは盾による防御が不可能で、グラトンされると体力が1減らされる。
 また、プレイヤーに付加された効果(状態)が吸収されてしまう。
 
 &image(http://www40.atwiki.jp/puppet-guardian?cmd=upload&act=open&pageid=73&file=gulp.png,width=320,height=240)
 
 ◇脱出方法
 飲み込まれると同時に脱出のためのアクション画面になる。
 カウントダウンがはじまるのでマウスを左右に振って脱出ゲージを溜めよう。
 制限時間内にゲージをいっぱいにできれば脱出に成功する。
 時間切れになるとダウンしてロビーに戻されることとなる。
 
 ◇効果(状態)の吸収
 グラトンされると、脱出の成功・失敗にかかわらず
 俊足や麻痺防止などのアイテムや魔法効果は吸収されてしまう。
 プレイヤーが陥っていた[[状態異常]]についても同様。
 例: 毒状態のペットが飲み込まれた場合、脱出したあと毒から解放されモンスターが毒になった。
 ※石化状態はターゲットから外れるためグラトンされない
 ※俊足状態は効果を吸われるのみで敵が身につけることはない
 
 ◇ペットの脱出
 ペットレベルが高い場合は自力で脱出しやすく
 レベルが低い場合は脱出できずにダウンしやすい。
 
 ◇脱出猶予の時間
 モンスターによって異なり、強力なモンスターほど猶予が短い。
 |グラトンするモンスター|ステージ|脱出猶予(秒)|
 |オーガ|[[ハロウィンイベント]]|20|
 |ホワイトドラゴン|[[8-シャスラの研究所>シャスラの研究所]]|20|
 |ビホルダー|[[9-鏡の世界>鏡の世界]]|20|
 |ジャイアントアングラー|[[15-黄金の河アラクール>黄金の河アラクール]]|20|
 |カリュブディス|[[15-黄金の河アラクール>黄金の河アラクール]]|15|
 |ニーズヘッグ|[[試練の洞窟 第四階層]]|10|
 |アングリーパンプキン|[[ハロウィンイベント]]|?|
 
 ◇参考
 飲み込まれている間もペットの召喚が可能。
 プレイヤー多数の場合はマウス操作に遅延が生じるので限定表示を奨める。
 
 
 ----
 
 *宝石の購入
 
 購入する際、アイテム名入力欄に何も入力せずにOKボタンを押すと全種類の宝石とその値段が列挙される。
 
 //*アイテムの売却
 //値段設定をする際、0.02 といった金額の場合は .02 としても 0.02 として受け付けられる。
 //2014/6/2 通貨表示単位 金貨(単位:G)から銀貨(単位:S)に変更されました。
 //金貨 1Gは銀貨100 Sとして表示されます。小数点入力ができなくなったためコメントアウトしました。
 ---- 
 
 *Cチェックキャンペーン中のバナーのチカチカを止める
 
 ESCボタンを押すことで止めることができる。
 ただしブラウザの読み込みを中止することになるので、ゲーム画面がしっかり表示されてから押すこと。