E3 Flasher
  • PS3システムの基幹となるNOR Flashを読み書きするハードウェア。
  • PS3の中を開けて取り付けるので、メーカー修理不可になる。
  • PS3初期型のNAND Flashには対応していない。
  • 内蔵HDDは、E3ボードのeSATAを介して外付けにする必要がある。
  • クリップを採用したことでハンダ付け不用。
  • クリップの押し込みが弱いのかエラーになることがある。
  • Limited版 には、裸族シリーズみたいなeSATA対応の外付けHDDケースが入っている。コンセントの形状が違う為、変換プラグ(Cプラグ→Aプラグ)を使う。
  • 最新OFW4.46から3.55にダウングレード確認済み。

コンテンツ

E3 Flasherの取り付け

  • PS3を分解して中に取り付ける作業。
  • 必要な工具はプラスドライバー(1番)とトルクスドライバー(FAT T10H / スリム T8H)
    • トルクスドライバーが無ければ精密ドライバーセットのマイナスドライバー(幅1.5mm~2.5mmぐらい)で代用できる。
  • ネジ類は、小分けされた入れ物に入れとけば分かり易い。
  • ホコリ等は厳禁(特にクリップ類には)なのでエアーブローなどで取り除く。
  • コネクタ付きの配線ケーブルを取り外す時は、線だけ外れる危険がある為、なるべくコネクタの部分を掴んではずす。
  • BDドライブの薄いフラットケーブルを固定するためのラッチが基盤についているのを忘れずに。
  • クリップが付いたペラペラのソフトボード(フレキシブルケーブル)を折り曲げて設置するモデルがほとんどなので固定用にテープが役に立つ。
    • テープは剥がしやすく跡が残りにくいマスキングテープがオススメ
  • ソフトボードの折り曲げ箇所は、弧を描くようにし、きつく折り曲げない事。
  • PS3基盤側のクリップに硬めなスポンジ等を貼り付けると、読み書きエラー回避に効果的
    • Flashの金属接点に、接点復活剤やアルコールを綿棒などに付着させて酸化膜などの汚れを除去すると尚良くなる。
  • E3ボードどカバーボードの接続も甘い。LEDが部分的に消えてたらダメなので、何度か抜き差ししてみて全点灯を確認する。
  • CECH-2000でソフトボードとE3ボード取り付けの際、金属シールドが邪魔になって取り付け辛い。強引にでも出来るが、金属加工出来れば楽。
取り付け動画
動画を見ながら作業したほうが分かり易いので、アップされている取付動画部分を見てください。
FATやスリムのなかでも型番によって金属シールドなどが微妙に違うので参考程度に。
FAT
+ 開く... E3 FLASHER DOWNGRADE TUTORIAL - INSTALLATION FAT

スリム
+ 開く... E3 FLASHER INSTALLATION and DOWNGRADE TUTORIAL (Khalkedon)

+ 開く... How to Install E3 Flasher on PS3 Slim - Part1~3

+ 開く... PS3改造の準備 E3 Flasher取り付け gdgd part1~3


E3 Flasherのアップデート

アップデートファイル
+ 開く...

アップデートの仕方
+ 開く...


E3 Flasherを使ったダウングレード (DGドングル必要無し)

E3公式では「e3_downgrade.bin」を使ったダウングレードの説明がなされていますが、
一度でも書き込みすると別のPS3本体でE3 FlasherのDGが出来なくなります。
ここでは「e3_downgrade.bin」を使わずに、別のPS3本体でも同じように使用できるDG方法を説明します。
  • PS3 Flash Auto Patcherでパッチすることで、FSMに入れるDGドングルが無くてもRogero CFW4.46なら直接入れられる。
  • 対象は初期FW3.55以下(metldr2が無いFW3.56も)と以前と変わらないが、CFWを入れる手順が大幅に簡素化される。
  • もし以前のFWがOFW4.46ならXMBのシステムアップデートでCFW4.46が導入でき、それ以外でも画面の指示に従って導入することが可能。
  • もちろんCFW4.46からFW3.55のダウングレードも手順を踏めば入れられる。(初期FW3.55以下のみ)

必要なもの
+ 開く...

1. NOR Flashのバックアップ(Flashダンプ)
+ 開く...

2. bkpps3.binにPatchを当てる
+ 開く...

3. 「FLASH FUN」モードでFlash書き込み
+ 開く...

4. CFWのインストール
+ 開く...


E3 Flasherを使ったダウングレード (旧)

 こちらはDGドングルを使った今までの方法です。DGドングル不要で簡略された方法はこちらへ

Tutorial E3 Flasher Downgrade 4.11 → 3.55 solderlessの一部を変更し日本語にしたものです。

E3公式では「e3_downgrade.bin」を使ったダウングレード(以下"DG")の説明がなされていますが、
一度でも書き込みすると別のPS3本体でE3 FlasherのDGが出来なくなります。(ワンクリック ダウングレード)
ここでは「e3_downgrade.bin」を使わず、別のPS3本体でも使用できるDG方法を説明します。
   注意: 初期FWから下のFWにはDG出来ません。 初期FW3.55以下 のPS3に限ります。

必要なもの
+ 開く...

1. NOR Flashのバックアップ(Flashダンプ)
+ 開く...

2. bkpps3.binにPatchを当てる
+ 開く...

3. 「FLASH FUN」モードでFlash書き込み
+ 開く...

4. ダウングレード(FWインストール)
+ 開く...

5. PS3のdehash (sysconのリセット)
+ 開く...

バックアップしたFlashダンプのエラーチェック

Flashの吸出しが完了しても、クリップの設置ミスなどでダンプが不完全なファイルが出来てしまいます。
不完全なダンプで書き戻しをすると、最悪PS3が起動しなくなり復旧も出来なくなります。
具体的にバイナリエディタで吸出しミスをしたファイルを見てみると、通常別の数値であるはずの箇所が「FF」または「00」で埋められてしまっている。
バイナリエディタをじっくりみても膨大な量で時間がかかるので、簡単に検証してくれるツールを使う。

E3公式のチェッカーでは、不完全なダンプを正常なファイルと認識してしまう場合が多々あるので、
詳細に検証してくれる「BwE NOR Validator」を使います。
ですが「BwE NOR Validator」はシステムが日本語環境だと動作してくれませんので、システムを英語にする必要があります。
     Windowsコントロールパネル→地域と言語(地域と言語のオプション)→管理(詳細設定)タブ
       →Unicode 対応ではないプログラムの言語[システムロケールの変更]→日本語から英語(米国)に変更→PC再起動
プログラムがあるフォルダ内に「bkpps3.bin」をコピーしてからプログラムを実行し、画面通りに選択していけば検証してくれます。
システムを英語にしたままだと他のプログラムが文字化けしたりするので、検証したあとは日本語環境に戻したほうが良いでしょう。

「BwE NOR Validator」は検証データをHTMLファイルにしてくれます。
BwE_NOR_Validator_v128.jpg
サンプルみたいにすべてチェックマークが付けば、ほぼ安心してもいいです。

[WARNING][DANGER] が「ROS0」「ROS1」「ROSx XXX.000 File Table; AuthID & MD5:」「MD5 Validation」以外の項目で出てたのなら不完全な可能性あり。
E3の設置を見直したほうが良いかもしれません。

multiMANやProgskeetからバックアップしたFlashダンプを使う(バイトリバース)

※ multiMANでのバックアップの仕方はmultiMANでFlashのダンプを取るを参照して下さい。

multiMANやProgskeetからバックアップしたFlashダンプは、そのままではE3 Flasherで使用できない。
単純にバイトオーダーが違うだけなので、変換すれば使用できる。

変換手順
  1. 「Operation」は「Byte reverse a dump.」を選択
  2. 「Select the Input Dump File」にバックアップファイルを指定orドラッグ&ドロップして「Execute Operation」を押すと変換。
  3. 選択ファイルと同じフォルダ内に、swapと付け足されたファイルが出来上がる。
               1. Flow Rebuilder 01.jpg      2. Flow Rebuilder 02.jpg      3. Flow Rebuilder 03.jpg

あとはそれを「bkpps3.bin」とリネームすればE3 Flasherでも使用できます。
一応「BwE NOR Validator」で正しいファイルかチェック。


エラーコード表

E3 Flasher eSATA端子の上にある8個のLEDの点滅で判別します。
1 2 3 4 5 6 7 8  説明
 MicroSDカードの初期化失敗。正しく取り付けられていない。カバーボードとE3ボードの接続にも注意して下さい。
 MicroSDカードの読み取り失敗。正しく取り付けられていない。
 MicroSDカードのオープン失敗。正しく取り付けられていない。
 MicroSDカードの書き込み失敗。正しく取り付けられていない。
 E3ボードの初期化失敗。E3ボード側のクリップが正しく取り付けられていない可能性がある。
 E3ボードの読み取り失敗。E3ボード側のクリップが正しく取り付けられていない可能性がある。
 E3ボードの削除失敗。E3ボード側のクリップが正しく取り付けられていない可能性がある。
 E3ボードの書き込み失敗。E3ボード側のクリップが正しく取り付けられていない可能性がある。
 PS3 BIOSの初期化失敗。PS3本体側のクリップが正しく取り付けられていない可能性がある。
 PS3 BIOSの読み取り失敗。PS3本体側のクリップが正しく取り付けられていない可能性がある。
 PS3 BIOSの削除失敗。PS3本体側のクリップが正しく取り付けられていない可能性がある。
 PS3 BIOSの書き込み失敗。PS3本体側のクリップが正しく取り付けられていない可能性がある。
 インターフェースボードのトグルスイッチの間違った設定。トグルスイッチを確認して下さい。
 PS3がNOR Flashの作業中で操作不可。E3 FlasherはPS3側と同時に作業出来ない。
 バックアップしたPS3と違う。既に他のPS3でE3 Flasherが使用されていた。
 PS3のバージョン対応不可。現在Metldr.2モデルではダウングレードをサポートしていません。
 間違った機能設定。トグルスイッチを確認して下さい。