※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コナミルク通信


■概要

2007年5月に模造クリスタルでスタートした漫画作品。A氏作と思われる。
扉(ロード画面・中表紙等)を含めて全33ページ。
キャラクター・設定などは、基本的に僕殺魔法少女と共通。

1ページ目には「友人とは、その意に反してこれを救わなければならない-ある近代人」という巻頭句が掲げられている。この言葉に導かれるように、主人公の高校生古名瀬小夏と、その友人やクラスメイトたちの間の、仲良くしたりギクシャクしたりという人間模様が描かれている。

登場人物の夢や妄想などが話によく登場する。また、モノローグが非常に多かったり、途中で唐突に4コマになったり、「杉並ハルカの陥没」という作中漫画(これも4コマ)が挟み込まれたりと、スタイル面でも工夫が凝らされている。

「あたしはしらみだ…」「友情なんて軽蔑軽蔑!」「はだしものさし」など、名言多数(用語集を参照)。

ミッションちゃんの大冒険に登場する「上司」とよく似た大学の教授が1コマだけ出演している。

■登場人物

古名瀬小夏(コナツ)
  • 僕殺魔法少女参照。
  • 最初のイラスト以外では帽子は被っていない。

守田寿美(モリタ)
  • 僕殺魔法少女参照。
  • 久しぶりに漫画を描いたらしい。
  • 母親が登場する。

しだり川えな

高遠優子
  • 僕殺魔法少女参照。
  • しだり川の前の席。
  • さりげなくタイトルにも出てくる。

崎本昨夜

捨てネコ
  • 捨てられている。ぼろぼろで、モリタが引くほどあわれな姿をしている。
  • 「SUPEKiTTen」というタイトルのついた不気味な絵(巨大な猫がカラスの首を食いちぎっている図?)が3ページと8ページに出てくる。モリタが小夏に語ったストーリーのイメージ図だろうか。

杉並ハルカ
  • 作中に出てくる漫画の登場人物と思われる。
  • ポニーテールで、つぎのあたった赤いリボンをしている。

天然系アイドルくるみたん
  • 杉並ハルカの4コマに出演。

エージェント・マツザカ
  • モリタの昔描いた漫画の登場人物。
  • シルクハットにタキシードらしき服を着ている。
  • 世界最強の悪人という設定。


|