※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

work the dial


■概要

2007年5月、OH MY GOD!!にて発表された漫画作品。
主人公の「エチオピクス」(ただし、作中には名前は登場しない)が男に拾われるまでの話を描く。未完。
全ページ白黒で、統一感のある細かい筆致、テンポのよいストーリー展開などが特色である。
なお、エチオピクスという人物は他作品にも登場し、重要な役割を担っている。
作中に出てくる「子供がどこかに閉じ込められ、だれかによって食事を運んでもらう」という展開は、Sateriiミッションちゃんの大冒険と共通している。


■登場人物


エチオピクス
  • 研究好きの少女。
  • 制服のような真っ黒な服を着ている。
  • 頭の両側面に三角形の髪飾りをつけている。
  • ツンデレ改造人間にも「博士」として登場する。「博士」としてのエチオピクスはwork the dialのエチオピクスと比べ、年をとっているように見える。
  • 「エチオピクスダイヤル」というアイテムが、ミッションちゃんの大冒険ツンデレ改造人間に登場する。
  • そのダイヤルを胸に着けて回すとどんな気分にでもなれ、使用者は着用中、何をされても至福に包まれることができる。
  • A氏による掲示板への投稿([487] さらに趣向を変える。「作戦会議」)にて、古名瀬小夏が「回すだけで幸せになれるダイヤル」について話している。
コナ「そういえば、この前ネットでおかしなアンケート見つけてね。
   回すだけで幸せになれるダイヤルがあったとしたら、回しますか?っていうの。
   そんなの、もしドラえもんがいたら何出してもらう?って聞いてんのと同じなのにね。
   さも哲学的問題だ、と言わんばかりでさ。
   吸うだけで幸せになれるクスリなら、世の中大量に出回ってるじゃない、ねぇ。




母親
  • 娘の研究好きを疎み、自宅の一室に監禁する。
  • 何故か毒物らしきものを持っている。

父親
  • ヒゲの紳士。自宅でもスーツにネクタイ姿。
  • ケーキの中の果物を「いちごだよ」と説明するが、どうみてもブルーベリーかクランベリーにしか見えない。

二人の姉
  • ショートヘアとロングヘア、それぞれの年の差は不明。
  • 妹より体は大きいが、服装は同じ。
  • クッキーをあげたり、夕食を運んだり、妹に優しい。

  • 川岸に打ち上げられたエチオピクスを助け、保護する。
  • やはり常にスーツ姿。髪は七三分け。

教授
  • 男から教授と呼ばれている高齢の男性。髪はない。
  • 白衣らしきものを着ている。


|
添付ファイル