【名 前】  雨河 将宗(あめかわ まさむね)

【位 階】  恋人

【生 年】  1992年

【性 別】  男

【表の顔】 小説家 

【裏の顔】 能力者

【P  L】  雨河将宗

【データ】http://majyusen.web.fc2.com/char/kight/RM06.htm#21

[性格]
  普段は明るく、よくふざけた言動をとるが、どこか飄々としていて達観した物言いをすることも。
 戦闘狂な部分もあり、強い相手と闘うのは好きである。
 小説家の職業病でかなりのメモ魔。
 
[外見]
  見た目はそこそこ良い方。
 身長169センチで、本人は低いと思っており気にしている。
 常にお気に入りの赤茶色のマフラーを巻いている。
 服装はワイシャツにジーパンと言うラフな格好が多い。

[運命]

物心ついた時には能力の自覚はあった為、本人も能力の発現の時期ははっきり覚えていない。
 親や昔の友人との関係は一切断ち、放浪していた所、師匠と出会う。
 金が欲しいと考えていた時、趣味で書いていた小説を出版した所かなりヒットしたので、小説家になった。
 だが、次の作品のネタが無かった為、どうしようか悩んでいた時に魔獣の存在を知りネタにしようと騎士になり戦う事に。
 つまり、本人にとって魔獣及び、魔獣との戦闘は小説のネタに過ぎない。

 

[設定]

書いた小説

・土蜘蛛神社

・夢幻紀行録

・魔法の狂宴

・異形のネバーランド(泥砕獣)

・NEW 時の海嘯の中で(海嘯=かいしょう、時田迅との会話から)

 

※師匠について
将宗に覇王拳法を教えた人。常人離れした力を持ってはいるが、騎士ほどではない。
将宗は師匠に勝った事は無いが、それは能力を使わないで戦っているから。(将宗は能力を使わず勝つ事を目標にしている)
 現在も世界の何処かで修業をしながら旅をしているらしい。

[参加セッション]

DB-428 泥砕獣 (片瀬川順平 葉月頼子)

[参加イベント]

炎の魔剣の殲滅鬼 (久賀原辰也 盆嵓亮平)

無貌の迷宮 (氷室静 クローズ)

[BARマーリン]

雨音響 時田迅 流山悠香 遠野流