※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

左装備武器


Firefox,Sleipnir等のブラウザをお使いの方でjava scriptを切っている方は、
上記ツリーが正常に表示されない場合があります。

左装備武器

グレネード等の投擲系武器やダミーの様な設置系武器がこれにあたる。爆発系は一部を除いて射撃による起爆が可能で、この場合は威力と範囲が上昇する。
射撃で起爆可能なタイプは敵の射撃は勿論、グレネード同士の誘爆もあるので注意が必要。
射撃起爆できないタイプは威力上昇できないが、爆発範囲が広く銃撃戦の最中にも誤爆しないため安全に投げられるのが利点。

【Nomal】

ハンドグレネード

初期携帯数 4個
最大携帯数 10個
特徴 爆発
射撃起爆可
詳細 一般的な手榴弾。攻撃力、飛距離共に申し分なく、使い勝手がよい。
球状に成型されており、地形に対してバウンドしやすくなっている。
見た目は橙色のグレネード。射撃起爆をうまく利用したい。

バスターグレネード

初期携帯数 3個
最大携帯数 8個
特徴 大爆発
射撃起爆不可
爆発時移動停止
詳細 飛距離はノーマルと変わらないが起爆時間が長く射撃起爆も不可能となっている。
爆発範囲はノーマルの射撃起爆程度の範囲かつ攻撃力も高い。
見た目はごつごつした突起のあるピンク色。見た目が判りやすく、起爆まで時間が長い。
爆発直前に空気を圧縮するような独特の音がするので気づかれやすいが、その場から相手を動かしたい場合や起爆不可を利用し相手を足止めする事も可能。
また空中で起爆時間に達した場合、浮かんだまま爆発する。
範囲が広い上に爆風ひるみやふっ飛ばしが発生するので、FF-A or Bでは味方への誤爆に注意。

ファイアグレネード

初期携帯数 5個
最大携帯数 12個
特徴 爆発
延焼
ふきとばし
射撃起爆可能
詳細 投擲速度、飛距離等はノーマルに準ずるが、広範囲に延焼ダメージを付与する。
一定時間燃え続ける為逃走等にも役に立つ。逆に進行方向上に投げ込むと自分や味方の進行を妨げるので注意しよう。
射撃爆破で広範囲を火の海に変えることが出来るが、自分や味方まで焼かないように。
見た目はピンク色のグレネード。
ふきとばしの効果があるので落下死亡のある場所では猛威を振るう。これを食らってふっ飛んだ場所が落下エリアの場合そのまま突き落とされるなんてことも。
延焼ダメージが増加したことにより、ファイアグレネードの総合ダメージ量も強化された。

ハンドグレネード2

初期携帯数 4個
最大携帯数 10個
特徴 爆発
射撃起爆可能
詳細 性能は通常の物と同じ。投擲方法が変わり隙が少なくなっている。下手投げの為、遠投には適さないが射撃起爆しやすく乱戦向けとなっている。
見た目は緑色のグレネード。

ハンドグレネード3

初期携帯数 6個
最大携帯数 15個
特徴 爆発
射撃起爆不可
携帯数多
爆発範囲広
詳細 基本はノーマルと同じだが、射撃起爆が不可能で、爆発範囲は射撃起爆と同等になっている。
投擲方法もノーマルの物と同じ。所持数はノーマルより多い。
射撃起爆が不可能なため即応性に劣るが、自爆しない、連続して投げても誘爆しない等、乱戦時に真価を発揮するほか、誘爆しないのを利用して1発目でひるませ、2発目で仕留める等の使い方も。
見た目は青色のグレネード。

【Gum】

ガムグレネード

初期携帯数 5個
最大携帯数 15個
特徴 貼付
詳細 特殊な吸着機能で地形からHM、VS、AKに貼り付くグレネード。飛距離は短いため、近距離から正確に狙う必要があるが、何個も貼り付けて誘爆を狙うことができる。
地形に付けて地雷にしたり、移動する物体につけて動く爆弾にしたりと、用途はプレイヤーの工夫次第。
見た目は橙色のガム。

スパークグレネード

初期携帯数 5個
最大携帯数 15個
特徴 貼付
障害物貫通
詳細 基本よりもモーションが長く、他のガムと比べ空中での起爆が容易。
起爆すると設置面に対して垂直に電撃が発生し、地形を突き抜けて建物の壁など遮蔽物の裏にいる目標も攻撃することができる。
効果範囲は狭いが破壊力が大きく、高難易度でも2発あれば大抵のVSを破壊可能。
カテゴリーG相手でも弱点に貼り付ければ大幅に体力を奪い去る決定力が魅力。
ただし飛翔距離が短く、飛行速度も遅いので、直接貼り付けるのは難しい。
見た目は黄色のガム。
障害物貫通効果はシールドにも有効。この場合貼り付いた瞬間爆発する。

カメレオングレネード

初期携帯数 4個
最大携帯数 12個
特徴 貼付
光学迷彩
遠隔起爆可能
カメラ使用可能
詳細 ステルス機能+遠隔起爆を備えた物。光学迷彩がかかり見分けにくい。
視点切り替えでグレネードのカメラを見る事が出来る。視点切り替え中も移動や射撃は可能で、もう一度RT (L1)で起爆。
使用中はライフルなどのズームもグレネードのカメラに切り替わってしまうので注意したい。加えてスイッチを押す動作が入るため起爆までにタイムラグがあり、当然モーション中は無防備。
投擲中の見た目は白いガム。

ガムグレネード2

初期携帯数 5個
最大携帯数 15個
特徴 貼付
詳細 ノーマルガムよりも飛距離が長く、モーションも長い。
見た目は緑色のガム。
非常によく飛び、投げる時に上方向から発生するので、運用には慣れが必要。
普通に投げれば高射程だが、精度が低い。しゃがみ投げの場合、射程は落ちるが届く範囲であれば照準をあわせた位置に正確に投擲される。

ガムグレネード3

初期携帯数 7個
最大携帯数 20個
特徴 貼付
射撃起爆不可
携帯数多
爆発範囲広
詳細 基本はノーマルと同じだが爆発範囲が広がっており、射撃起爆が不可能となっている。
投擲方法もノーマルの物と同じ。所持数はノーマルより多い。
見た目は青色のガム。
初期携帯数7、起爆不可といった事を利用し、相手を長い間足止めする事も出来る。

【Disc】

ディスクグレネード

初期携帯数 3個
最大携帯数 8個
特徴 遠投
貼付
詳細 遠投する為のフリスビー型のグレネード。
飛距離は一番長く、射撃起爆による奇襲もしやすい。敵に直接当てた場合、張り付いてから爆発する。
見た目は橙色のディスク。

エネルギーグレネード

初期携帯数 3個
最大携帯数 8個
特徴 遠投
VS強制排出
詳細 基本のものより飛距離、モーションが短く爆発までの猶予も短い。
VS、砲台等に起爆時のエネルギーフィールドを当てると強制排出効果がある。
またモーションの速さと爆発の速さから対人でも利用可能。
見た目は青緑色のディスク

ニンジャスライサー

初期携帯数 4個
最大携帯数 12個
特徴 遠投
反射
貼付
詳細 飛翔速度が早くHMならば1撃で切り刻む。壁やシールドに当たると反射して跳ね回り一定時間で爆発する。
VS・AKに着弾した場合は張り付いて複数回切り刻む。
見た目は回転ノコギリ状の青白いディスク。
投げ方によっては跳ね返ってきたディスクで自滅することもあるので注意。
しゃがんだ状態で投げるとかなり出が早い

ディスクグレネード2

初期携帯数 3個
最大携帯数 8個
特徴 遠投
貼付
詳細 飛行速度が遅く、起爆時間も長く設定されている。
半端じゃなく弾速が遅いので自爆に注意。
見た目は黄緑色のディスク。

ディスクグレネード3

初期携帯数 4個
最大携帯数 10個
特徴 遠投
射撃起爆不可
携帯数多
爆発範囲広
詳細 基本はノーマルと同じだが爆発範囲が広がっており、射撃起爆が不可能となっている。
投擲方法もノーマルの物と同じ。所持数はノーマルより多い。
見た目は青色のディスク。

【Release】

ダミーグレネード

初期携帯数 4個
最大携帯数 12個
特徴 レーダー偽装
詳細 人型の偽装風船を展開するグレネード。
展開された偽装風船は、レーダーに人と同じ反応を発信することができるため、索敵している敵をかく乱することができる。展開後に前進する。

目視している敵には風船なのが一目瞭然だが、他のグレネード同様射撃起爆による大爆発も可能。
投擲距離や投げたあとの動きが他のグレネードと異なるので、運用は工夫次第。
全ての攻撃対象に対して、接触した瞬間に射撃起爆同等の爆発。直当てで直接攻撃可能。
見た目は豪雪旅団の面々を模した風船。

バルーングレネード

初期携帯数 5個
最大携帯数 15個
特徴 空中投下型
詳細 投擲後のバルーン展開位置より上昇しながら前進、時間経過か射撃攻撃で破裂しその場所から強酸性の液体を一定時間散布する。
攻撃力は高くないが、効果発生中は継続的にダメージ判定を発生させ続ける為トラップに使える。
味方の進行方向上に投げ込むと長時間行動を阻害する為、使用には注意が必要。
見た目は逆涙型の風船。

ファイアクラッカー

初期携帯数 6個
最大携帯数 20個
特徴 娯楽
詳細 展開後に真上に花火が上がる。派手な音と光の花火の後に落下傘が降ってくる。
花火打ち上げ時と空中での爆発時に攻撃判定がある。爆発時の威力は高く、EP1-2のクイーンなどに有効。
見た目は大きめで薄桃色の、導火線が付いたマンガ的爆弾。
麗隊解禁系のネタ武器の一つ。対人で使用するのは厳しい。

ダミーグレネード2

初期携帯数 4個
最大携帯数 12個
特徴 レーダー偽装
詳細 基本はダミーに準じるが移動しないタイプとなっている。
モーションの簡略化により出はダミー1より上。射程は若干劣る。
見た目はダミー1と同じ。

ダミーグレネード3

初期携帯数 3個
最大携帯数 10個
特徴 レーダー偽装
自動射撃攻撃
詳細 展開後その場にとどまり、前方120度程度の範囲にマシンガンの掃射攻撃を行う。
耐弾性も高くマシンガンを5発まで耐え、15秒程度攻撃し続ける。
同時に2個出す事は出来ない。二つ目を出した場合は前の物が破裂するが、この爆発に攻撃判定は無い。
マシンガンの威力は非常に高く、高さがHSに設定されているため高低差のないHMならば2発で死に至る。
投げた自分にも攻撃判定が発生し、迂闊にダミーの前に出ると射殺される。

進入路が限定された室内等を一人で防衛する時に重宝する。入り口傍に投げ込んでおけば迂闊に侵入した相手を蜂の巣にしてくれる。
ただし、敵をサーチする等の機能は無く、攻撃範囲は投下時の向きに依存するので注意が必要。
また、前述のようにHSの高さに合わせてあるため高さが同じならばしゃがめば当たらない。

【Plasm】

プラズマグレネード

初期携帯数 5個
最大携帯数 15個
特徴 麻痺
射撃起爆可
詳細 爆発直後にプラズマフィールドを発生するグレネード。
威力自体は弱いが、爆発するとフィールドから一定時間電撃を放出し、ターゲットを痺れさせて行動をとめることができる。
対人攻撃に使う場合、プラズマが途切れないうちに次を投げ込めば麻痺させ続けたまま倒すこともできる。
電気系への麻痺効果もあるので、VSも一時的に操作不能にする。
見た目は赤紫色の光球。FF設定がoffになっていない場合、味方も痺れさせてしまうので注意。

キュアグレネード

初期携帯数 3個
最大携帯数 8個
特徴 回復
詳細 敵味方関係なくLIFEを回復するフィールドを展開する。
見た目は青緑色の光球で、同色のフィールドが発生する。バトルドレス、VSも乗員がいれば回復可能。
ただしVS類は修理に時間が掛かるものほど回復スピードが遅い。ブリットやファストレイは自前で投げられ、かつ回復量も悪くない。
対人での回復スピードはリカバリーを付けたハーモナイザー並に速く瀕死の仲間の援護には最適。

ポータルグレネード

初期携帯数 2個
最大携帯数 4個
特徴 ワープ
詳細 投げた場所に、初期スタート位置と展開位置を繋ぐ光球状のポータル(門)を作りだす。
二つ目を設置すると最初のポータルは消滅するほか、攻撃で破壊することもできる。
設置動作は素早いが、ポータル発生までにはタイムラグがある。
リスポーン時の無敵時間内は移動不可。VSファストレイに乗ったままでも移動でき、ファストレイで空中移動中に設置すると空中にも作成出来る。
同チームなら全員移動出来るので、前線への移動や重要な武器、VSの近く、ポストの裏取り等用途は様々。
触れただけで移動してしまう為、味方の通り道やポスト上に設置すると邪魔になる。
設置した人のスタート位置に発生する為、スタート位置が後ろの人の場合気づきにくいので注意。
初期ポータル作成時にはGJが出るので要チェック。

プラズマグレネード2

初期携帯数 5個
最大携帯数 15個
特徴 麻痺
射撃起爆可
詳細 モーション、射程共に長めに設定されたタイプ。射撃起爆しやすい。
見た目は紫色の光球で1と見分けが付きにくい。

プラズマグレネード3

初期携帯数 7個
最大携帯数 20個
特徴 麻痺
射撃起爆不可
携帯数多
爆発範囲広
詳細 基本はノーマルと同じだが爆発範囲が広がっており、射撃起爆が不可能となっている。
投擲方法もノーマルの物と同じ。所持数はノーマルより多い。
起爆までが比較的速く、射撃起爆を利用しないのなら携帯数も多いこちらを使おう。
見た目は青色の光球。


|