スターターパッケージなどを利用せずにBMSを遊ぶ場合、まずプレーヤーが必要です。ここでは様々なユーザーの視点からいくつかのBMSプレーヤーを紹介したいと思います。
なお、ここに挙げているプレーヤーはほんの一部です。開発終了していたり閉鎖されているものが多いものの、ほかにも多くのプレーヤーが存在します。
プレーヤーについて調べたいならBMSプレイヤー&ツールが参考になるかもしれません。

Lunatic Rave 2

ホームページ:http://www.lr2.sakura.ne.jp/ (閉鎖)
現在の主流プレーヤーです。開発は2012年以降止まっていますが今でも多くの人がこのプレーヤーを使用しています。
多機能なプレーヤーで、たくさんの関連ソフト・ツールがあります。
記事はこちら。→LunaticRave2

CharatbeatHDX

ホームページ:http://www.charatsoft.com/
2012年から開発が開始され、現在も更新が続いているプレーヤーです。HDXという名前の通り、HD画質(1280×720)でプレイできます。
綺麗なグラフィックで遊びたいならこちらを使うといいでしょう。

Bemuse

ホームページ:https://bemuse.ninja/
Web上で動作するBMSプレーヤーです。MacやLinuxでもブラウザがあればOSに関係なく動き、あらかじめ登録された楽曲を選んで遊ぶことができます。Google Chromeを使えば自分でダウンロードしたBMSで遊ぶことも可能です。
記事はこちら→BMSプレイヤー:Bemuse


コメント

紹介したいプレーヤーがほかにもあればここに書いて下さい。解説も付記すると編集の手間が省けて追加しやすくなります。
  • nazoとかPMS系も追加したい -- (編集者) 2015-08-02 23:35:59
  • 微妙に更新 -- (名無しさん) 2015-08-25 23:32:22
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る