BMSにおいては、beatmania、beatmania IIDXで使用される用語が同じ意味で用いられることが多い。
そのため、特に注意書きのない限りBMSにおいてもそちらと同じ意味の用語として扱うこととする。

あ~ん

インプレ

Inpressionの略。曲をプレイした感想や短評のこと。

イベント

BMSを盛り上げる目的で開催されるイベント。特にインプレ投稿形式のイベントのこと。

ウィキ

Wikiというシステムを用いて、誰でも編集ができるようにしたウェブサイトのこと。ちなみにこのサイトもWikiで作られている。

音切り

シーケンスに合わせて音声ファイルを分割すること。

解析BMS

ぶっこ抜きBMSとも。音楽ゲームのディスクなどに収録されたデータを解析しそれを用いた曲データのこと。
これらを配布することは著作権法で禁止されている。

解凍

圧縮されたファイルを元に戻すこと。曲データのファイルの多くは圧縮されており、必要となる。

キー音なしBMS

キーに効果音が割り当てられていない曲データのこと。

鍵盤

beatmaniaの入力デバイスのうち、押すほうのボタンのこと。初期は5KEYS、IIDXは7KEYSと呼ばれる。

コンバータ

変換機。家庭用ゲーム機用のコントローラをPCに繋げて使えるようにするための機器。

差分

コンピュータにおけるアップデートパッチのこと。
特にBMSにおいては、既存の曲データを流用して異なる譜面を創作する遊びが(作者とは異なる)ユーザー間で行われており、
音声や画像を一切含まないBMS形式ファイル(拡張子は.bms)単体で配布されることがほとんどであるためBMSにおける「差分」といえばこれを指すことが多い。

beatmaniaの入力デバイスのターンテーブルのこと。円盤とも呼ばれる。

ジュークボックス

複数の曲をまとめたフォルダのこと。

スキン

BMSプレイヤーのインターフェイスのこと。差し替えが可能な本体もある。

専用コントローラ

家庭用ゲーム機向けの音楽ゲーム用に作られたコントローラのこと。

ダブルプレイ

やり込みプレイの一種で、1Pと2Pに分かれた入力デバイスの両方を用いたプレイのこと。
beatmaniaにおいては専用のプレイモードが存在し、譜面も専用のものが用意されている。

段位認定

beatmania IIDXのゲームモードのひとつで、決められた曲をクリアすることで難易度に応じて何級や何段といった段位が与えられる。
BMSにおいては主にLunatic Raveの段位認定モードを指すことが多い。

発狂BMS

とにかく難しさを突き詰めた実験的な曲や譜面のこと。商業製品の音楽ゲームの最高難易度よりも難しいものが多い。

パッケージ

異なる複数の曲データを一つにまとめたもの。
中にはBMSプレイヤーが同梱されていて、初心者でもすぐに遊べるようにしたものまである。

判定

シーケンスに対して、どのタイミングで押せば演奏「成功」となるかどうかを示す用語。
  1. プレイヤー側:設定によってずらすことができるプレイヤーもあり、主にモニタの遅延による判定のずれを解消させる。
  2. 曲データ側:判定の厳しさを記述でき、厳しい判定になればなるほど正確なタイミングの演奏を求められる。

ぶつ切り

キーに割り当てられた効果音で音の余韻がカットされてしまっているもの。
ただし、音の減衰や残響をカットしてファイルサイズを小さく出来るメリットもあるので悪というわけでもない。

譜面

シーケンスの配置を定義したもの。同じ曲でも難易度ごとに異なる配置の譜面が存在するものもある。

本家

BMS界における本家とは主にコナミの音楽ゲームシリーズを指す。他社製の音楽ゲームを含むことも。

ロングノート

対応するキーを押し続ける指示のシーケンスのこと。

A-Z

Another

beatmania IIDXにおいて同じ曲の複数の譜面のうち上級者向けの難易度。Aや穴と略される。

beatmania(beatmania IIDX)

コナミが開発した音楽ゲームであり、おそらくはBMSの元になったと思われるゲーム。
現在ゲームセンターなどで稼動しているのは後発のbeatmania IIDXである。

BGA

Back Ground Animationの略。音楽にあわせて表示されるアニメーションのこと。

BME

ファイル形式であるBMSに拡張定義を追加したフォーマットのこと。BMS形式では正式にサポートされていなかった7鍵盤に対応した。
しかし、拡張定義はほとんどのプレイヤーには対応しておらず、実質7鍵盤用のファイル形式となっている。

BML

BMSフォーマットの一種で拡張定義のひとつであるロングノートが含まれるもの。

BMP

主にBGAで用いられる画像のファイル形式。

BMS

流れてくるシーケンスに合わせて入力デバイスを叩く音楽ゲーム。また、そのゲームで使用する音楽データのこと。

DP

ダブルプレイの略。

Hard

同じ曲の複数の譜面のうち、通常より難しいほうの難易度。5鍵盤が主流だった時代によく用いられた用語。

HQ

High Qualityの略。高品質を意味し、例えば高音質なサウンドや高画質のBGAが楽しめる曲のこと。LQの反対。

Hyper

beatmania IIDXにおいて同じ曲の複数の譜面のうち中間的な難易度。Hや灰と略される。

IR

Internet Rankingの略。ネット上のプレイヤー同士でスコアを競ったりする遊び方。

LN

ロングノートの略。

LQ

Low Qualityの略。低品質を意味し、音質や画質はあまり良くないがファイルサイズを抑えた曲のこと。HQの反対。

Normal

beatmania IIDXにおいて同じ曲の複数の譜面のうち初心者向けの難易度。Nや普と略される。

Ogg

主に曲データの音声部分に使用する音声ファイルの形式。
WAVに比べファイルサイズを小さく抑えらるというメリットがあるが、対応していないBMSプレイヤーもあるので注意。

PMS

スクラッチを排除した9つのボタンを用いたタイプの音楽ゲーム、またはそれで用いるファイル形式。
BMSがベースになっているため、BMSの遊び手側・作者側の両方にとって親しみやすい設計になっている。

#RANK

BMSに記述する定義のひとつで、判定の厳しさを示す。大きくなればなるほど正確なタイミングの演奏を求められる。

SP

シングルプレイの略。1Pと2Pに分かれた入力デバイスのうち、どちらか片方だけを用いたプレイのこと。一般的なプレイ形式。

#TOTAL

BMSに記述する定義のひとつで、全てを完璧なタイミングで演奏したときに上昇するゲージの量を示す。

WAV

主に曲データの音声部分を構成するファイル形式で、BMSにおいては一般的な音声ファイル形式。



コメント

ご自分で編集できない方はページ下のコメントフォームに記入してください。
  • 追加して欲しい単語を記入してください。編集できる方が代わりに追加します。単語の説明はなくても可です -- laser_bm (2015-06-06 23:11:26)
名前:
コメント: