作者名

SHIKI (シキ)

詳細

2001年~現在に至るまで精力的に活動している作家である。
トランスを得意とし、哀愁漂うメロディーに定評がある。
他にはロックやドラムンベースの作品も制作している。

実質2作目の「Silent Sky」を発表すると、次第にその実力と知名度を上げていき、
2003年にはBMSイベント LiZ vs OMT の主催を担当することとなる。
また、同年に発表された、「SEPIA」「Air」は今でも名曲として語り継がれている。

BOFでは更なる技量を発揮し、計三回('04、'08、'09)のチームタイトルを獲得。
その中でもBOF2008では一人チームで参加し、「Lapis」を発表し、
見事個人スコア部門を制覇している。
そのこともあってか、中期後半は"BOF優勝請負人"の異名で恐れられていた。

BOF2011以降、BMSから離れ、某バンド活動に専念していたが、
BOFU2015で復帰、参加。「METATRON」を発表し、個人スコア部門3位(補正2位)
を獲得、古参BMS作家として変わらぬ健在ぶりを見せつけた。
また、G2R2018では「Orfevre」の発表とともに、「今後も活動していきたい」
という趣旨の内容を述べており、氏の更なる活躍が期待されている。

※ちなみに「Digitalic Rain」は氏のデビュー作だが第一作目ではない。
なお「Digitalic Rain」を歌うようせがむとギターを投げつけてくる模様。

代表曲

Cold Breath、SEPIA、Air、-Jupiter-、Lapis、Pure Ruby、BABYLON、METATRON