※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Bemuseサーバについて

  • 公式による解説 がありますが、
  • 英語で記述されていること
  • 開発者自身による解説のため、客観的にわかりづらい部分がある事
などがあるので、このページで改めてサーバ構築方法を解説します。

Bemuseサーバって何よ?

BMSプレイヤー「Bemuse」の機能の一つ。
Bemuseはサーバにファイルを置くことにより、
DLを介さずにブラウザその場でプレイすることが出来るが、
そのサーバを各々が作成し、アップロードする事が可能。
つまるところ、ネット上にそれぞれのBMSパッケージを作ることが出来ると考えればわかりやすいか。
ともすれば、煩雑であったBMS導入の手間を一気に簡略化することができ、
界隈の間口も広まるかもしれない。

で、どうやんの?

現状ではまだ情報が整っていないため、完全に確かな情報ではないが、
サーバ管理者側で環境構築が出来ていれば、
サーバ利用者は通常のファイルのアップロードだけで可能。
現時点で猫缶サーバで作成できることが確認済み。
猫缶サーバの利用者であれば今から作ることが出来る。
他のサーバについては情報待ち。

作成工程

ものすごくざっくりと説明すると、
1.既存のBMS (とbmson) をBemuse専用のフォーマットに変換
2.ファイルをサーバにアップロード
3.アドレスを適当に広める
という工程になる。 公式解説に書いてある内容の9割は1の部分。
1の過程はあくまでファイルの変換であり、ローカルでの作業である。サーバ云々は関係なし。
また、公式解説にて手順自体は殆ど説明されている。
ただし、現在、殆どの操作はCUI上で行う。
普段GUIだけを使っている人にとっては面食らうかも知れない。

作成チュートリアル(win)

1.必要なファイルをインストールする。Node.js,SoX,QuickTime Player,qaac、
  及び公式ツールのBemuse-toolsの5つが必要。
 bemuse-tools:公式ツール。全ての操作は(つっても2種類くらいだが)このツールを介して行う。
 Node.js:bemuse-toolsはこのエンジンの上で動作する。
      つまりこれがないとbemuse-toolsが動かない。
 SoX,QuickTime Player,qaac:bemuse-toolsがファイルを変換する際にこれらを利用する。

Node.js:ここの真ん中にでかでかとある緑ボタンでDL。あとは普通にインストール。
SoX:ここにいき、Looking for the latest version?から。普通にインストール。
QuickTime Player:おなじみ。ここからどうぞ。普通にインストール。
qaac:ここから左のcabinetに移動、qaac_2.52.zipをDL。 導入方法は後述。

2.環境変数設定
 環境変数なんてさわったことねー!てひともいそうです。
 ここの手順はコマンドプロンプトにてSoX、qaacがコマンドとして使えるようにする為に必要な手順。
 ・まずはqaac内にあるqaac.exeとrefalac.exeをSoXをインストールしたフォルダに移動させる。
  (libflac-8.dllやらなんやらdllファイルがいっぱいあるところ)
 ・環境変数を設定する。
   コントロールパネル⇒システム⇒システムの詳細設定(左メニュー)⇒環境変数
  ⇒システム環境変数、Pathを編集を押し、( ;C:\Program Files (x86)\sox-14-4-2 )をコピペ
   (デフォルトの場所にインストールした場合。セミコロンも忘れずに)⇒で、OK
 ・コマンドプロンプト(スタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリの中にあります)を起動。
   (node -v)(sox --version)(qaac)をそれぞれ打ち込み、
   いずれもエラー(内部コマンド~てやつ)がでなければOK。

3.bemuse-toolsをインストールする
 ・先程と同じく、コマンドプロンプトを起動。(npm install -g bemuse-tools)と打ち込む。
  これによりbemuse-toolsがインストールされる。(暫く時間が掛かるので待つ)
 ・(bemuse-tools)と打ち込み、エラー(内部(ry)がでなければOK。これにて全ての環境が整う。

4.BMSをコンバートしてみる。
 ・予めBemuseサーバとしてのフォルダを作成する。
 ・適当なBMSファイルを見繕ってそのフォルダに入れる。
  そのまま移動するよりはコピーした方が良い。
 ・ 現在、画像ファイルがあると正しく変換されない。
   bms系列、及び音声ファイル以外は削除する。
 ・コマンドプロンプトにて、( bemuse-tools pack [BMSフォルダのアドレス] )を実行。
  コンバートされる。(そこそこ時間かかる)
 ・変換が完了すると、BMSフォルダにAssetフォルダが出来ている。
  この中に圧縮音声ファイルが入っている。
  元の音声ファイルはいらないので削除。 間違えてBMSファイルまで消さないように。

5.Bemuseサーバのindexファイルを作成する。
 ・コマンドプロンプトで(cd [サーバのフォルダのアドレス] )を実行し、移動する。
 ・(bemuse-tools index)を実行。間違いなければbmsリストが作成される
  (色つきでいろいろ出力される)
 ・index.cacheとindex.jsonが作成されている。これで全てのファイルの生成が完了。

6.アップロードして遊ぶ
 ・サーバフォルダを好きなところにアップロードする(圧縮とかしないように)
 ・アドレスは
   bemuse.ninja/?BEMUSE_MUSIC_SERVER=[サーバ上のフォルダのアドレス]
  となる。
 ・ 終わり!あとは遊びつくせ!!!!