環境神群

【用語名】 環境神群
【読み方】 かんきょうしんぐん

【詳細】

かつて々が荒廃した星を捨てる時、いつかまた戻ってこれるようにと環境の修復を命令された神達を指す。
神々の残した命令をあまりに忠実にこなし、環境を暴走レベルで復元してした結果、
人々は比較的安全な神州から外の大陸に出ることができなくなってしまった。

地脈の集積地といえる主脈の奥深くに存在しており、
かつ野生化していたため人々は土地などの問題を解決すべく七百人踏破隊を組織し環境神群とのコンタクトに臨み、成功させる。
なお、この時に七百人踏破隊が踏破した距離はおよそ六千キロ、これは地球の半径に等しい。

現在は地脈と同化しているため名前を持たない世界そのものと呼べる存在となっており、
その土地に住まう者たちと契約することで加護を与えている。

本多・正純いわく「真面目過ぎた」とのこと。
現在においても破壊された大地の修復は彼らが行っているらしい。

にて環境神群を神器の力を借りて制御していると表向き伝えられているが、実は帝は環境神群を降霊させ対話し、管理するための自動人形だった。
8巻下におけるやりとりにおいて、環境神群は外界の環境修復をほぼ終えていることが明らかになっている。