"天渡りの信仰・新代"

【名称】 天渡りの信仰・新代
【読み方】 あまわたりのしんこう・しんだい
カプトファイデス・ノウム
【枢要徳】 信仰
【使用者】 "瓦解"のオリンピア
【登場巻】 11巻下

【詳細】

「Caput Fides Novum」。「新しき信仰篤い頭部」の意。K.P.A.Italiaが所有する天輪形状の聖譜顕装
「信仰」の枢要徳を司る聖譜顕装の「新代」。

能力は「一定範囲の言語を無効化する」。

言葉を封じるという単純な効果以外に、言語の概念が無効化されるため術式加護の人為的なものが使用不可になり、
思考も言語化できなくなってしまう。

預けられたK.P.A.Italiaでは使えるものがおらず封印された状態だったが瓦解の総勢"瓦解"のオリンピアが持ち出し使用した。
使用者を中心とした一定範囲内の言語を無効化、行動を組み立てたり術式や加護に頼ることもできなくなるため非常に強力な効果を持つのだが、
それに対し対峙した教皇総長は何も考えずに突っ込みただその空間にいた瓦解の竜属達を肉体のみでふっとばした。

この聖譜顕装の効果範囲内では人為的な術式や、加護、つまり考えることができなくなるため複雑化した能力は使えない。
だが教皇総長として旧派トップに君臨するインノケンティウスは考えずとも主の力を使い、戦える。

そうしてインノケンティウスは聖譜顕装の効果に打ち勝った。主の力は何処にでも満ちあふれている。
考えるな、感じろ的なアレである。
ただ、扉絵のインノケンティウスの顔はやばかった。何かキメてるんじゃないだろうかあのオッサン。