※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「4資料/シャッターの設定」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

4資料/シャッターの設定」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 *シャッターの設定
 シャッターの設定方法についての記述です。
 ----
 **スクロール毎のシャッターの設定
 #areaedit()
 >$41540 + [[ステージ番号>4資料/ステージ番号]] * $2000
 からスクロール方向およびエリア長のデータ。
 それぞれ上位4bitでスクロール方向・シャッターの指定を行う。
 |値||
 |2X|右スクロール(Xでエリア長を指定)|
 |~3X|右スクロール(シャッター有)(Xでエリア長を指定)|
 |4X|上から来ることができ、下へ進む(Xで上下のエリア長を指定)|
 |6X|上から来ることができ、右へ進む(Xでエリア長を指定)|
-|8X|下から来ることができ、上へ進む((Xで上下のエリア長を指定))|
+|8X|下から来ることができ、上へ進む(Xで上下のエリア長を指定)|
 |AX|下から来ることができ、右へ進む(Xでエリア長を指定)|
+
 #areaedit(end)
 ----
 **シャッターを閉めない部屋の指定
 #areaedit()
 コサックステージ1やコサックステージ2など、大型ボスのいる部屋では
 BGでボスを表現する関係上かシャッターを閉める処理を意図的に行っていない。
 >$7CC13-$7CC22 ($10) = [[ステージ番号>4資料/ステージ番号]] : シャッターを閉めない部屋番号
 
 #areaedit(end)
 ----
 **シャッター(開)データ
 #areaedit()
 >$41580 + [[ステージ番号>4資料/ステージ番号]] * $2000
 から12bytesのデータ。
 
 |~オフセット|~データ|
 |byte0-1|シャッターを開く画像を描画するネームテーブルのアドレス(ビッグエンディアン)(一番下の16x16チップの位置)|
 |byte2-5|シャッターを開く画像の16x16チップ番号(下から順に4つ指定)|
 |byte6|シャッターの一番下の16x16チップが含まれる32x32チップの位置(00~3F)|
 |byte7|パレットマスクデータ参照番号(一番下の16x16チップ縦位置が偶数なら01, 奇数なら03)(本家コサックステージ1の設定は間違っている模様)|
 |byte8-11|シャッター画像を埋める16x16チップのパレット番号(一番下の16x16チップから順に4つ指定)&br() byte7の値が01ならば(0000XX00, XX000000, 0000XX00, XX000000) &br() byte7の値が03ならば(XX000000, 0000XX00, XX000000, 0000XX00) &br() のXX(2bit)の位置にそれぞれ使用パレット番号を書く(ドリルマンステージのデータなどを参考にするとよい)|
 
 #areaedit(end)
 ----
 **シャッター(閉)データ
 #areaedit()
 >$4158C + [[ステージ番号>4資料/ステージ番号]] * $2000
 から12bytesのデータ。
 
 |~オフセット|~データ|
 |byte0-1|シャッターを閉める画像を描画するネームテーブルのアドレス(ビッグエンディアン)(一番上の16x16チップの位置 + 1)|
 |byte2-5|シャッターを閉める画像の16x16チップ番号(上から順に4つ指定)|
 |byte6|シャッターの一番上の16x16チップが含まれる32x32チップの位置(00~3F)|
 |byte7|パレットマスクデータ参照番号(一番上の16x16チップ縦位置が偶数なら00, 奇数なら02)|
 |byte8-11|シャッター画像として使う16x16チップのパレット番号(一番上の16x16チップから順に4つ指定)&br() byte7の値が00ならば(000000XX, 00XX0000, 000000XX, 00XX0000) &br() byte7の値が02ならば(00XX0000, 000000XX, 00XX0000, 000000XX) &br() のXX(2bit)の位置にそれぞれ使用パレット番号を書く(ブライトマンステージのデータなどを参考にするとよい)|
 
 #areaedit(end)
 ----
 **具体的な値の指定
 #areaedit()
 上記の説明は分かり辛く、いちいち計算するのも面倒なので、シャッター設置位置毎の値を書いておきます。
 
 ||>|>|~シャッター(開)|>|>|~シャッター(閉)|
 |設置位置(上~下)|byte0-1|byte6|byte7|byte0-1|byte6|byte7|
 |0~3|20DE|0F|03|2001|00|00|
 |1~4|211E|17|01|2041|00|02|
 |2~5|215E|17|03|2081|08|00|
 |3~6|219E|1F|01|20C1|08|02|
 |4~7|21DE|1F|03|2101|10|00|
 |5~8|221E|27|01|2141|10|02|
 |6~9|225E|27|03|2181|18|00|
 |7~A|229E|2F|01|21C1|18|02|
 |8~B|22DE|2F|03|2201|20|00|
 |9~C|231E|37|01|2241|20|02|
 |A~D|235E|37|03|2281|28|00|
 |B~E|239E|3F|01|22C1|28|02|
 
 #aa{{
 0 目 □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
 1 目 目 □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
 2 目 目 目 □ □ □ □ □ □ □ □ □
 3 目 目 目 目 □ □ □ □ □ □ □ □
 4 □ 目 目 目 目 □ □ □ □ □ □ □
 5 □ □ 目 目 目 目 □ □ □ □ □ □
 6 □ □ □ 目 目 目 目 □ □ □ □ □
 7 □ □ □ □ 目 目 目 目 □ □ □ □
 8 □ □ □ □ □ 目 目 目 目 □ □ □
 9 □ □ □ □ □ □ 目 目 目 目 □ □
 A □ □ □ □ □ □ □ 目 目 目 目 □
 B □ □ □ □ □ □ □ □ 目 目 目 目
 C □ □ □ □ □ □ □ □ □ 目 目 目
 D □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 目 目
 E □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 目
 }}
 
 
 #areaedit(end)