練習台本01


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


瀨戸島倶 「セト トウグ」♂
辛島徒鳥 「カラシマ トトリ」♀
マスター 来嶋為価 「キジマ ナルカ」♂
筒木島藤花 「ツツキジマ トウカ」♀
美里島 「ミリジマ」♀
幸島敏益 「コウシマ トシエキ」♂



瀨戸「よおおまたせさん」

辛島「やっと、来たか。こんな場所に呼び出しておいて待たせるとか、衆人環視は嫌いだ」

瀨戸「低い声無理に出してんじゃねーよきもちわるい」

辛島「――それで、今回はどんな話をしに来たんだ」

瀨戸「ばっか野郎まずはイステーブルコーヒーだ近くの店までお預けだ」

辛島「呼び出しておいてそれか。救いが無い」

瀨戸「んなもんがあったらお前はそんなキャラになってねぇし俺も俺で違うだろうが」

辛島「身のない話をして、適当にごまかすんじゃない」

瀨戸「気にすんなよ今はペースに乗せられてろよそのうちお前の独壇場だ」

辛島「……了解、とりあえず、お前の言う店に行こうか」

瀨戸「あいよこっちこっち商店街のいっちゃん外れだぜ」

辛島「近くない。それは決して近くない。どうして商店街の端から端まで歩かないといけないんだ」

瀨戸「ちけぇんだよ全くもってちけぇ俺がちけぇって言ってんだからちけぇんだよ分かったか?」

辛島「んなに連呼するな。分かった、おとなしくついて行くからさ、早く足を動かしてくれよ」

瀨戸「最初から殊勝な心がけが出てくると神様にも仏様にも閻魔様にも良いように取り計らって貰えるぜってなこっちだこっち」

辛島「クソッ、最初からその場所を指定してくれれば、無駄な時間を使わずに済んだってのに……」

瀨戸「無駄は無駄だが様式美みたいな物があるだろうが待ち合わせして目的地までたわいのない会話とかがよ」

辛島「お前との間にそんな美しさはいらない」

瀨戸「言ってろよ今更そんなこと言ったって困るだの意味ないだの言うつもりはないんだろうが」

辛島「そんな仲、なりたくなかったよ」

瀨戸「そいつは良いね俺もだよ」



瀨戸「よっしゃ着いたここだここマスター元気してるか死んでないかー?」

辛島「わおっ、すげぇレトロ。また随分と雰囲気を大事にしてるね、ここは。旧時代的というか、懐古主義者のソサエティとかがありそうだね。ワクワクするかも」

瀨戸「棒読みでワクワクとか言ってんじゃねーよ瞳輝かせて心拍数が頻脈になってるなら話は別腹だが」

辛島「んなわけ、ないじゃん」

瀨戸「ですよねー流石スーパードライ」

辛島「どんな形容詞だよ、のどごしスッキリ過ぎて味わいないってか? あっ、コーヒーください。ぬるめで」

瀨戸「お前もお前で脈略ないなマスター呆れてんぞ俺はコーヒー砂糖漬け」

来嶋「てまえらは、なんだ? 雰囲気テロリストか? 分かっててやってんだろう、そのコント」

辛島「いえ、全くもって。あっ、初めましてマスター。私、このヘビーマシンガンの友達やってます。是非、縁切りの仕方を大人の視点から聞いてみたいです」

来嶋「無理だ、諦めろ」

辛島「うっわ、使えないねー、この人」

瀨戸「おいおいやめてやれよマスター泣いちゃうだろこの間も妻に出て行かれそうになって足にまとわりついて『嫌だ、やめてくれ! 君が出て行ったら僕のご飯は誰が作ってくれんだい!?』とかわめいちゃったばっかりでご近所さんに冷たい目で見られてるんだから俺の妄想の中での話だが多分現実」

辛島「あっ、すげぇマスター。妄想の中とはいえ読点使わせた」

来嶋「てまえらは、リアルに抹殺したい。迅速に、速やかに、最速で、最高速で!」

辛島「あれ、否定しないんですね」

来嶋「否定する必要がないほどにウソだからだよ、てまえも妄想って言ってたじゃないか!」

辛島「妄想も、その一言を意図的に記憶から消してしまえば、真実になりえますよ」

来嶋「なんで意図的に事実改ざんしてんだよ! まじで近所付き合い駄目になるだろうが――あっ、コーヒー砂糖漬け出来たぞ」

瀨戸「さすがマスター客の注文にだけはしっかりしてるね金の亡者だな」

来嶋「それもやめろ、仕事してるだけだ――ぬるめお待ちどうさま。でも、この温度で作ってもろくに美味いの作れないぜ?」

瀨戸「下手だなーマスター」

来嶋「物理法則まげてやンよ。とか言えないからな、俺」

瀨戸「んなネタ要らないからってことで向こうで話そうそうしよう」

辛島「了解。お世話になります、マスター」

来嶋「えっ、何々、もしかして客として居座るつもりな訳?」

瀨戸「そりゃそうだコーヒーだって買ったんだものここのイステーブルでくつろぐよん?」

来嶋「いいぞ、その程度のグラス。持ち帰りを許すから外に出て行って――まったまった、他の客は別腹だ代金払え出て行くな!!」

瀨戸「マスター太っ腹ー」

辛島「いよっ、マスター男前」

来嶋「黙れよてまえら、アジってんじゃねーぞ!」



辛島「あぁ、ようやく座れた……落ち着くわね」

瀨戸「良い場所さこの店の中でも最高に雰囲気がマッチした所だ」

辛島「雰囲気? それはこのレトロな感じの内装が、全て調和して見える場所って事?」

瀨戸「あのマスターがそこまで考えてるかは微妙だがな」

辛島「そういうこと。だから窓際の席ではなく、奥の四人がけまでわざわざ来たのね」

瀨戸「他にも意図があるんだけどなっさてと落ち着いたしマスターも弄ったし本題に入ろうか」

辛島「やっぱりあのマスター弄るの、通過儀礼みたいなもんだったのね。私の空気読みっぷりってすごい」

瀨戸「大丈夫だあのマスターは特に分かりやすいからそれでお前をわざわざ休みの日に呼んだ理由なんだがな」

辛島「いや、その辺りは分かってる。今回もどうせあれでしょう、二人して優雅な一日を過ごすフリをして、人がどのようにして死んだかを、考えようってんでしょ?」

瀨戸「いやまそうなんだけどさどうしてわかった?」

辛島「最初から、どんな話って聞いてるでしょうが。あれは、どんな話で呼ばれたのかを聞いたんじゃなくて、その内容がどんな話か知りたかっただけ」

瀨戸「そいつは話が早いやりやすい」

辛島「でしょうね、私もそれぐらい出来る女って訳よ」

瀨戸「かっこつけても意味ねーけどなよし話そう」

辛島「お願いする。あっ、マスター。普通のコーヒー作って」

来嶋「はいはい、お呼びですかな……まて、てまえ、猫舌じゃないのか? わざわざぬるめ指定なんだし」

辛島「はぁ? ……ふざけてるの?」

来嶋「うぜぇ! なめんな! チクショー!」

辛島「負け犬の遠吠えって、良いわよね」

瀨戸「黙れサドとりあえずあらましから行こうか何時も通り伝聞だぜ」


筒木島「えぇ、そうです、人死に。理由は分かりませんよ、例によって。あんなの自殺と同じような物ですから」


辛島「相変わらず冷たいわね、あの子。見た目とかからじゃ想像つかないぐらいに、毒々しい」

瀨戸「リアリストなのかリアリティズムなのかまっそういうのが若い奴の間に流行ってるんじゃないかね」

辛島「それで? わざわざその話を私に聞かせるぐらいだし、普通の死に方してないんでしょう?」


筒木島「はい、そうですそうです。また密室ってやつですよ。みなさん、二時間ドラマとか見過ぎですよねー。不思議が含まれないと満足出来ないのは、それだけファンタジーを渇望しているからであって、現実逃避したがりばっかってことです。昼からテレビ見まくってるオバサンとか、その典型ですよね。みんなメンヘラなんですよ――メンヘラ、ですか? ググってください」


辛島「嫌な現実突きつけるわね。でも、娯楽無しじゃ生きていけないわよ、人間」

瀨戸「それが人死にに関係してないなら別に良いんだと思うぜ良心が痛まなくて」

辛島「その程度の事で痛む良心があったら、全財産を発展途上国に寄付するわね、私なら」


筒木島「抜け道はいくらでもありそうです。中央に首吊り死体。出入り口になりそうなのは、カギがかかるドアが一つ、窓が一つ、換気扇が一つ。場所的な制約のせいで、首吊るのに苦心してるかもしれないです」


辛島「これ、密室なの? 攻略可能な密室は密室って言わないわよ?」

瀨戸「確かに出入り口がある時点で密室は人工って決まってるがなそれよりも死に方がすげぇぜ」

辛島「それが、首吊りに苦心するってやつ? まさか――」


筒木島「いいえ、そうじゃありません。天井に引っかかりが無い、ではありません。天井が、人を支えられないほど柔らかい物で出来ていた、が正しいのです」


瀨戸「だってさすげぇよなどんな天井だよ実物見てみてぇ」

辛島「――防音室?」


筒木島「いわゆる防音室、らしいです。パチ物ですけどね。天井は音波を吸収する様に、十センチもの厚さでスポンジが詰まっています。その先はコンクリートの天井で、一切傷つけられた様子は無かったらしいです」


瀨戸「正解だよくわかったな」

辛島「この程度なら、どうにでもなるわよ」

瀨戸「普通の人には分からないと思うけどな」


筒木島「どうやって首を吊ったのかがよく分かっていません。ブランブランしてる所を見つけた人が、半ば発狂しながら死体を地面に降ろしたらしいですから。現場保存も、結局はミステリーの中だけですよねー。あっ、その人が第一発見者、です。もう一人いますけど、タッチの差ですよ」


辛島「なんというか、駄目な気がするのはなぜ?」

瀨戸「駄目っていうのはどういうことだよ」

辛島「分からないなら、良い。他に人は? 容疑者に該当しそう、という意味で」


筒木島「沢山、でもないですけど、いますよ? 全登場人物は三人。防音室の責任者に、唯一ドアを開けられるカギを持っていた用務員、偶々被害者を捜していた先生ですか。このうち、最初の二人が第一・第二発見者ですね」


辛島「分かってるじゃない。素晴らしい」

瀨戸「お前は人が増えると楽しそうに笑うのどうにかした方が良いぜ」

辛島「いやよ、これはドラマなんだから、ドロドロ人間展開とかが格別におもしろい」

瀨戸「良い趣味してるぜまったく」


筒木島「とりあえずはこの辺りで。また明日、ここでお話しましょうか?」


辛島「でっ、この話をしたのはいつなの?」

瀨戸「昨日」

辛島「ってことは、もしかして、二人掛けのテーブルにしなかったのって……」

筒木島「あっ、センパーイ、このお店の事だったんですねー『陰気くさくて流行る時代は三千世界の果てにも巡ってこなさそうでマスターが最高にMな喫茶店』っていうのは」

辛島「あらっ、マスター、泣いて飛び出ていったわよ」

筒木島「メニュー……頼みたかったのに」

瀨戸「メニューじゃねぇよひでぇな俺はそこまで言ってねぇ『マスターはMだからなじると喜ぶそんな店』ってだけだ」

筒木島「だから、六割なじりを追加してみたんですけど」

辛島「みんなして最低ね、人をいじめてなにが楽しいの?」

瀨戸「お前が言うなよ」



辛島「マスターは放っておいて、話の続きをしましょう」

筒木島「了解でーす。私も色々調べて来たんですよー」

瀨戸「でったプライバシー侵害手帳書かれた相手は恥ずかしさで死ぬ」

筒木島「いえ、私の前にお金を積むんです。つまり、サイフが死ぬ」

辛島「大虐殺ね。ユダヤ?」

筒木島「そのネタは相当に危険ですからね? 自覚してますか?」

辛島「つい、言いたくなったの」

瀨戸「ついじゃねーよついじゃついで済ませられる話じゃなくなるからなそれ」

筒木島「国家間戦争が始まりますからねー。まっ、それより身近なゴシップ記事ですよ、私たちが今欲しいのは」

辛島「確かに。さっ、話て。どうせ三文小説、ここでぬるいコーヒーと一緒に消化してしまうのが一番よ」

瀨戸「同感だね甘い話は要らないよすでにコーヒーがビチャビチャに砂糖漬けだ」

筒木島「……うっぷ。そのレベルの甘さは気持ち悪いです」

辛島「どうしてこう、私みたいに空気読めないのかしらね、あなたって。しっかりしてよ、話が進まないじゃない」

瀨戸「へーへー黙りますよーだ俺ばっかり悪者扱いでさーやんなっちゃうってんだよまったくもって困ったもんだぜ本当にやれやれ」

筒木島「随分長い転換式、謝罪編でしたね。まっ、とりあえず続きいきますか」

瀨戸「うおー無視かーい」

辛島「怪しい人物が三人ほど居たはずだけど、何か話は聞けたの?」

筒木島「もちろんです。何時もの通り、ゴシップ好きがなにか嗅ぎ回ってる装いで接近してきましたよ」

瀨戸「ちくしょう無視が一番辛いんだよでもドSだから分かってるんだろうなぁこいつら」

辛島「もちろん」

筒木島「です」

辛島「でっ、話を始めて?」

筒木島「それでは第一発見者の人から――」

辛島「いえ、セオリー通り、まずは状況からお願い」

瀨戸「お前らしくもないなそっちは俺に任せっぱなしなのに」

辛島「いいじゃない。良いから、お願い」

筒木島「了解ですよ。集めてありますからね、そっちも。じゃあ、流れからいきましょう」



筒木島「えっと、まずは密室が構築され、その中には死体があります」

辛島「出発点はそこでいいの?」

筒木島「それより前は人が絡んできますから。人を絡めた背後関係はまた後ほど、とういうことで」

瀨戸「了解とにかく密室がありました人が死んでいましたでそこからどうなるよ」

筒木島「死亡推定時刻なんて、警察関係者じゃないから知りません。噂では、早朝に近かったらしいですけど」

瀨戸「お前のように的中率百パーの噂屋が居るかよ裏付けだってしてあるくせに」

筒木島「なめたらあきまへん。ワテ、浪速のあきんどやさかい」

辛島「地元民が聞いたら一瞬にして消し炭なイントネーションだった。気をつけなさい」

筒木島「関西人が東京の商業学校へ? はっ、奴らの選民思想は飽き飽きでんがな!」

瀨戸「キャラが変わってるし敵を作りすぎだ」

辛島「情報屋がそれじゃ困る。しっかりしていってね?」

筒木島「別に差別してんじゃなくてパクってんですけどね。まぁ、良いです。次、十一時まで話は飛びまして、ここで第一発見者と第二発見者が現れます」

瀨戸「おぉそれっぽくなってきたなどうなるどうなる」


筒木島「第一発見者の美里島さんですか?」

美里島「――えっ? そ、そうですけど」

筒木島「あぁ、良かったです、間違えてなくて」

美里島「あの、あなたは……」

筒木島「あっ、通りすがりのマスコミです、よろしく」

美里島「マスコミッ……!」

筒木島「駄目ですってそんなに勢いよく立ち上がったら。立ちくらみがして、気づかぬうちに床に倒れているかも、しれませんよ?」

美里島「そんな、あなたは何を言って――どうやってマスコミが此処に入ってきたというの!」

筒木島「ブン屋にはブン屋のルートが存在したりしなかったり、です。大丈夫、こっちは警察と協力してやってるんですよ、プライバシーの保護、完璧です!」


瀨戸「いやお前なにやってんだよ詐欺とかそういうことはしないのが俺との紳士協定だろうが」

筒木島「私、女ですよ?」

瀨戸「んじゃ俺との淑女協定だな」

筒木島「先輩は男」

瀨戸「しまったー!」

辛島「なにこのコント怖い――ではなく、なにやっているの。マスコミなんていうウソをつく必要が全くないじゃない」

筒木島「でも、学生新聞社ですって言ってあしらわれるよりは良いんですよ。前のもこうやって情報手に入れたんです」

辛島「この策はこの策で穴がありそうだけど……ところで服装は? あなたの体型からして、ぱっと見が高校どころか中学だもの」

筒木島「私服に、腕に朝目新聞社ってワッペンくっつけてます」

瀨戸「ずいぶんな大御所サイト巻き込むなお前はアカいぞ腹が」

辛島「ダウト」

筒木島「です」

瀨戸「ちっ」


筒木島「あなたが二人目の幸島敏益さんですか?」

幸島「二人目というのは……いや、嬢ちゃん、どっからここへ来たんだ? 警察が関係ない人を入れないようにしていると言っていたが」

筒木島「えぇ、ですから逆説的に私は関係者である、という事ですよ」

幸島「おぉ……まぁ、そうなんでしょうな。どこからどう見ても刑事さんには見えないが……」

筒木島「うっ……」

幸島「あっ、いや、すまんすまん! 事件があってこっちも頭が働いていないようだ。外見での判断がどれだけ愚かなことか、知っていたはずなんだがな」

筒木島「いえ、あの、フォローとか良いんです……」


瀨戸「ちびって言われてるぜ!いやまじにちびだから仕事してる人間には見えな――!」

筒木島「ちっ、かわしやがった」

瀨戸「ひでぇぞお前死角から伸びるフリッカーアッパーとか切れ味日本刀並すぎて近寄れねぇよ!」

辛島「鍛えに鍛えたたった一つの武器は、唯一、己を立たせるための礎!」

瀨戸「お前はお前でキャラ変えてんじゃねぇでもそっちのほうが好きかも」

辛島「なっ――! なに、言ってるのよ、私に元気はつらつキャラなんて似合うわけないじゃない。でも、こっちが好きならこのままでも――べっ、別にあんたのためじゃないんだからね! とかで、満足?」

瀨戸「満足したー萌えたー普段はツンツンしてるくせに褒められると顔真っ赤にして驚くとか典型すぎて飽きてきましたー」

筒木島「あれ、先輩、案外骨抜きにされてたんですね」

辛島「使い捨てるにはもってこいよ。さっ、続けて」

瀨戸「使い捨て……」

来嶋「はぁ、無駄に商店街走り回っちまった……げっ、あのテーブルに人影が増えてやがる!」