※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Helmのインストール

Anythingの無効化

.emacsからコメントアウト
;; ;; anything.elの設定
;; (require 'anything-startup)

Helmのダウンロード・ビルド

$ cd ~/site-lisp/
$ git clone https://github.com/emacs-helm/helm.git
$ cd helm/
$ make

.emacsへ追加

以下を追加
;; Helmの設定
(add-to-list 'load-path "~/site-lisp/helm")
(require 'helm-config)

参考


面白そうな記事のまとめ


GNU GLOBALの設定

$ cp /usr/local/share/gtags/gtags.el ~/site-lisp/
以下を~/.emacsに追記
;; GNU GLOBAL(gtags.el)の設定(ここから)
(add-to-list 'load-path "~/site-lisp")
(autoload 'gtags-mode "gtags" "" t)
(setq gtags-mode-hook
	'(lambda ()
		(local-set-key "\M-t" 'gtags-find-tag)
		(local-set-key "\M-r" 'gtags-find-rtag)
		(local-set-key "\M-s" 'gtags-find-symbol)
		(local-set-key "\C-t" 'gtags-pop-stack)))
(add-hook 'gtags-select-mode-hook
	'(lambda ()
		(setq hl-line-face 'underline)
		(hl-line-mode 1)))
(add-hook 'c-mode-hook
	'(lambda ()
		(gtags-mode 1)
		(gtags-make-complete-list)))
; Customization
(setq gtags-suggested-key-mapping t)
(setq gtags-auto-update t)
;; GNU GLOBAL(gtags.el)の設定(ここまで)

参考


c-modeのタブ幅(インデント幅)設定

(setq c-default-style "linux"
	c-basic-offset 4)

auto-complete-mode.el


c-modeの自動インデント有効化/無効化

C-c C-lで切り替え

デフォルトで無効化する場合は以下を.emacsに追加
(add-hook 'c-mode-hook
	'(lambda ()
		(c-toggle-electric-state -1)))

参考


導入したいemacs設定


auto-install.el

「〜.el」のスクリプトを追加する際の
  1. ダウンロード
  2. 保存
  3. バイトコンパイル
  4. ロード
を自動化する

1. auto-install.elをダウンロード、保存

http://www.emacswiki.org/emacs/download/auto-install.el
からダウンロードして、load-pathの通った場所に配置し、バイトコンパイル

コマンドライン上で行う場合は以下のように行える
$ mkdir -p ~/.emacs.d/auto-install
$ cd ~/.emacs.d/auto-install
$ wget http://www.emacswiki.org/emacs/download/auto-install.el
$ emacs --batch -Q -f batch-byte-compile auto-install.el

2. .emacsに設定を追加

(add-to-list 'load-path (expand-file-name "~/.emacs.d/auto-install"))
(require 'auto-install)
(auto-install-update-emacswiki-package-name t)
(auto-install-compatibility-setup)
(setq ediff-window-setup-function 'ediff-setup-windows-plain)

Emacsでちょっとずつスクロールする


タブ幅を変更する

例)タブ幅を半角スペース4個分にする
(setq-default tab-width 4)
(setq default-tab-width 4)
(setq tab-stop-list '(4 8 12 16 20 24 28 32 36 40 44 48 52 56 60
                      64 68 72 76 80 84 88 92 96 100 104 108 112 116 120))

参考:

ある特定の色設定を編集する

例えば、sh-modeのヒアドキュメントの色設定が見難いなどの場合

設定を変更したいモードをバッファに開いた状態で以下のコマンドを実行
M-x list-faces-display

編集したい色にカーソルを合わせてEnter

そして、編集後は
[Save for future sessions]
を選択することで、設定ファイルに保存してくれる

必要に応じてColor Themeを変更する

~/site-lisp/color-theme-6.6.0/
にColor Themeが展開されているとする。

  • ロード
M-x load-file
Load file: ~/site-lisp/color-theme-6.6.0/color-theme.el

  • 初期化
M-x color-theme-initialize

  • テーマ設定 (color-theme-dark-laptopのテーマを設定する場合)
M-x color-theme-dark-laptop

参考

文字サイズを変える

自分の環境では以下でできた。

文字を大きく C-x C-;
文字を小さく C-x C--
デフォルトのサイズに戻す  C-x C-0

参考

view-modeのキーバインド

(require 'view)
(define-key view-mode-map (kbd "N") 'View-search-last-regexp-backward)
(define-key view-mode-map (kbd "?") 'View-search-regexp-backward)
(define-key view-mode-map (kbd "G") 'View-goto-line-last)
(define-key view-mode-map (kbd "b") 'View-scroll-page-backward)
(define-key view-mode-map (kbd "f") 'View-scroll-page-forward)
(define-key view-mode-map (kbd "h") 'backward-char)
(define-key view-mode-map (kbd "j") 'next-line)
(define-key view-mode-map (kbd "k") 'previous-line)
(define-key view-mode-map (kbd "l") 'forward-char)
(define-key view-mode-map (kbd "J") 'View-scroll-line-forward)
(define-key view-mode-map (kbd "K") 'View-scroll-line-backward)

読み取り専用時には「view-mode」を使用する

(setq view-read-only t)