※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Debianインストールメモ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Debianインストールメモ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *ビープ音を消す
 -http://newapps.hatenablog.com/entry/2013/09/01/142639
 こちらの記事では「/etc/modprobe.d/blacklist.conf」に追記することになっているが、
 使用しているDebian 7.5ではこのパスにこのようなファイルはなく、代わりに
  /etc/modprobe.d/fbdev-blacklist.conf
 があり、このファイルに以下を追記したらビープ音を消すことができた。
  blacklist pcspkr
 
 *GNOME 端末のビープ音を消す
 メニューバーから
  [編集]-[プロファイルの設定]
 し、「全般」タブの「端末ベルを鳴らす」のチェックを外す
 **参考
 -[[GNOME端末のビープ音を無効にする>http://linux.just4fun.biz/GNOME/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%97%E9%9F%B3%E3%81%AE%E6%B6%88%E5%8E%BB%28GNOME%E7%AB%AF%E6%9C%AB%29.html]]
 
 * GNU GLOBALのインストール
 -http://www.gnu.org/software/global/download.html
 公式サイトによるとDebianのパッケージは古いそうなので、ソースからビルド
 
 まずは、上記のページからtar.gzをダウンロード、展開。
 
 その後、展開したディレクトリへ移動し、以下を実行
  $ ./configure
  $ make
  $ sudo make install
 
 * PowerTOPのインストール
 Debianのapt-getでインストールできるものはv2.0と古く、「--auto-tune」のオプションが使えない。
 そこで、ソースをダウンロードして、ビルド・インストールする。
 ** 0.既にインストールしていれば、アンインストール
  $ sudo apt-get purge powertop
 ** 1.ソースをダウンロード、展開
 ここからダウンロード
 https://01.org/powertop/downloads
 以下のように展開する
  $ tar zxf powertop-2.6.1.tar.gz
 ** 1.1 ビルドに必要なパッケージのインストール
  $ sudo apt-get build-dep powertop
+
 ** 2.ビルド・インストール
 展開したディレクトリへ移動
  $ cd powertop-2.6.1/
 ビルド・インストール
  $ ./configure
  $ make
  $ sudo make install
 ** 3.省電力の最適化
  $ sudo powertop --auto-tune
 
 * VMware Playerのインストール
 ** ダウンロード
 -https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0
 ここから以下をダウンロード
  VMware Player for Linux 32-bit
  ファイル名: VMware-Player-6.0.2-1744117.i386.bundle
 
 ** インストール
  $ sudo bash VMware-Player-6.0.2-1744117.i386.bundle
 インストール後、再起動
  $ sudo reboot
 
 ** 起動時に"This program requires version 2.4.0 of the Protocol Buffer runtime library"のエラー
 &bold(){対処法}
 以下で起動するようにする
  $ LANG=C vmplayer
 
 &bold(){参考}
 -http://www.xmisao.com/2013/02/17/vmplayer-error.html
 
 ** [未解決]初回アップデートに失敗
 &bold(){症状}
 ログ(/tmp/vmware-root/vmware-modconfig-*.log)を見ると以下のエラーが出ている
  Failed to build vmci
 
 &bold(){対処法2}
 最新版のLinuxカーネルを使わない
 +一度、VMware Playerをアンインストール
 +Debianインストール時のカーネルで起動し、再度VMware Playerをインストール
 なお、初回起動時のアップデートでカーネルヘッダを要求されるので、
 予め以下のコマンドでインストールしておく
  $ sudo apt-get install linux-headers-3.2.0-4-686-pae
 ※ インストールするカーネルヘッダのバージョンは、「uname -a」で調べること
 ※ パッケージ名は「apt-cache search headers --names-only」とかで調べる
 
 &bold(){対処法(失敗)}
 VMware Playerの参照するソースコードを修正する
 -http://www.2dd.it/it/articoli/operating_system/linux/english-debian-7-vmware-vthread-3-w110-failed-to-build-vmci-failed-to-execute-the-build-command-patch/#.U2Qzt1ds2Pc
 
 ここの記事の修正はすでになされていた
 
 ** アンインストール
  $ sudo vmware-installer -u PRODUCT
 
 「PRODUCT」の名前は以下のコマンドで調べられる
  $ vmware-installer -l
 
 &bold(){参考}
  $ vmware-uninstall --help
 「vmware-uninstall」というコマンドは現在は使わないほうが良い模様
 
 * ディスプレイマネージャの変更
  $ sudo dpkg-reconfigure DM名
 
 ** 参考
 -http://kakurasan.ehoh.net/summary/choosedm.debian-ubuntu.distro-specific.html
 -http://jehupc.exblog.jp/14870893/
 
 * sudoersへの追加
 Debianでは/etc/sudoersに
  %sudo	ALL=(ALL:ALL) ALL
 と書かれているため、sudoグループへ追加するだけで、
 sudoを使用できる
 
 sudoグループへの追加は以下のコマンドで行える
  # adduser ユーザ名 sudo
 **参考
 -[[【debian】あるユーザーをsudoできるようにする   at softelメモ>http://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/3016]]
 
 * sudoers、.bash_history、ntp、localeなど
 -[[Linuxの設定あれこれ]]
 
 * lvコマンドのインストール
  $ sudo apt-get install lv
 
 * build-essentialのインストール
  $ sudo apt-get install build-essential
 
 * awesomeのインストール(ソースコードからは保留)
 ** 以下でインストール
  $ sudo apt-get install awesome awesome-extra
 
 ** ビルドに必要なソフトウェアのインストール
  $ sudo apt-get build-dep awesome
 
 ** ダウンロード・インストール
 http://awesome.naquadah.org/
 こちらからソースコードをダウンロード
 
 展開後、READOMEに従う
 (make、make installでいける様子)
 
 ** Could NOT find Doxygen (missing:  DOXYGEN_EXECUTABLE)
 make時に以下のエラー
  -- Could NOT find Doxygen (missing:  DOXYGEN_EXECUTABLE)
 
 以下で解決
  $ sudo apt-get install doxygen
 
 ** Not generating API documentation. Missing: ldoc
 make時に以下のエラー
  -- Not generating API documentation. Missing: ldoc
 
 ** package 'gdk-pixbuf-2.0' not found
  --   package 'gdk-pixbuf-2.0' not found
 以下で解決
  $ sudo apt-get install libgdk-pixbuf2.0-dev
 
 ** package 'xcb-cursor' not found
  --   package 'xcb-cursor' not found
 
 以下で解決
  $ git clone git://anongit.freedesktop.org/xcb/util-cursor
  $ cd util-cursor/
  $ git submodule update --init
  ./autogen.sh: 24: ./autogen.sh: autoreconf: not found
  $ sudo apt-get install autoconf
  $ ./autogen.sh 
  autoreconf: Entering directory `.'
  autoreconf: configure.ac: not using Gettext
  autoreconf: running: aclocal -I m4
  configure.ac:18: error: must install xorg-macros 1.6.0 or later before running autoconf/autogen
  m4/xcb_util_common.m4:8: XCB_UTIL_COMMON is expanded from...
  configure.ac:18: the top level
  autom4te: /usr/bin/m4 failed with exit status: 1
  aclocal: /usr/bin/autom4te failed with exit status: 1
  autoreconf: aclocal failed with exit status: 1
  $ sudo apt-get install xutils-dev
  $ ./autogen.sh 
  autoreconf: Entering directory `.'
  autoreconf: configure.ac: not using Gettext
  autoreconf: running: aclocal -I m4
  configure.ac:18: warning: AC_PROG_LIBTOOL is m4_require'd but not m4_defun'd
  m4/xcb_util_common.m4:8: XCB_UTIL_COMMON is expanded from...
  configure.ac:18: the top level
  autoreconf: configure.ac: tracing
  configure.ac:18: warning: AC_PROG_LIBTOOL is m4_require'd but not m4_defun'd
  m4/xcb_util_common.m4:8: XCB_UTIL_COMMON is expanded from...
  configure.ac:18: the top level
  autoreconf: configure.ac: not using Libtool
  autoreconf: running: /usr/bin/autoconf
  configure.ac:18: warning: AC_PROG_LIBTOOL is m4_require'd but not m4_defun'd
  m4/xcb_util_common.m4:8: XCB_UTIL_COMMON is expanded from...
  configure.ac:18: the top level
  configure:4378: error: possibly undefined macro: AC_PROG_LIBTOOL
        If this token and others are legitimate, please use m4_pattern_allow.
        See the Autoconf documentation.
  autoreconf: /usr/bin/autoconf failed with exit status: 1
 
 ソースからインストールするのはあきらめた
 
 * gitのインストール
  $ sudo apt-get install git
 
 * GNU Screenのインストール(ソースコードから)
 ** ビルドに必要なソフトウェアのインストール
  $ sudo apt-get build-dep screen
 
 ** ダウンロード・インストール
 http://www.gnu.org/software/screen/
 こちらからソースコードをダウンロード
 
 展開後、INSTALLに従う
 (./configure、make、make installでいける様子)
 
 ** 開発版をインストールする場合
 git cloneしたディレクトリにあるmktar.plを実行すると
 tarボールが作成されるので、それを任意のディレクトリに展開
 
 configure.inが用意されているので、これのあるディレクトリで
 autoconfを実行
 
 また、config.h.inを生成するために
 autoheaderを実行
 
 その後、
 ./configure、make、make install
 
 なお、./configure時に「--enable-colors256」のオプションをつけておくと
 256色のカラー表示ができるようになる
 
 参考:
 -http://yanor.net/wiki/?Mac%2Fscreen%2F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%2FMacOSX10.6
 -http://d.hatena.ne.jp/s-edy/20080901/1220266372
 -http://sharl.haun.org/autoconf.html
 -http://d.hatena.ne.jp/i_s/20091029/1256821721
 
 * emacsのインストール(ソースコードから)
 http://d.hatena.ne.jp/cupnes/20130401/1364806604