良い被リンク悪い被リンク

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

googleにおいて良い被リンクとは、更新頻度が高いページからはられたリンクです。自サイトのリンクはそのURLから動かないが、それ以外のリンクや コンテンツが動くことが重要です。更新してもそのリンクが外れないということは価値があるリンクに違いないとgoogleは判断します。極端な話、関連性 がなくURLでリンクされているようなページでも、定期的に更新されていてリンク先のページでキーワードが強調されていれば効果があります。

例えば、こんなページからの被リンクでも更新頻度が高いので効果があります。
http://mincareer.com/domainlist?url=www.c-recipe.biz
右サイドバーの「新着記事」「新着コメント」が常に更新されています。

更新頻度、関連性、アンカーテキストマッチをすべて満たしたページからのリンクだとベストです。
例:http://seo.2links.org/id806.html

こちらはみうのブログですが
http://blog.livedoor.jp/cardseo/
新しい記事を投稿してもサイドバーからのリンクは動きません。定期的に記事を投稿することで、被リンクの効果は持続します。

記事には個別記事URLが作られます。記事から付けたリンクはこの個別記事URLから動きません。
例:http://blog.livedoor.jp/cardseo/archives/51671781.html
しかし、新しい記事を投稿するたびにサイドバー「最新の記事」のリンクが入れ替わります。これも一つの更新です。つまり、記事からつけたリンクも新しく記 事を投稿し続けることで、被リンクの効果が維持できるということです。

次に悪い被リンクの例を挙げます。

相互リンク集にありがちなのが、1ページ当たりの発リンク数の制限です。
例:http://www.h5.dion.ne.jp/~siosai/sogo_link/index.htm
発リンクを制限しているので被リンクの効果がありますよと言いたいのでしょうが、50リンク満たすとそのページは以後更新しないため、被リンクの効果はゼ ロになります。発リンクの数はほとんど関係ないです。極端な話、発リンクは1つだけだけどまったく更新しないページよりも、発リンクは300あってバリバ リ更新しているページからのリンクのほうが効果が高いです。

yomi-searchからのリンクもダメです。新しくサイトが登録されるたびに既存の登録サイトが奥のURLに移動します。リンクしている URLが変わると効果がなくなります。yomi-searchからのリンクは一時的な効果しかありません。google Caffeineはリンクエイジを重視するので一時的な効果もないかもしれません。
例:http://ys.seotaisaku-search.com/html/01.html

オールドドメインからの被リンクサービスを売りにしてる業者がいますが、オールドドメインは効果があるものと効果がないものがあるので注意が必要です。効果がないオールドドメインとは、有効期限が切れたドメインを取得して別テーマのコンテンツで立ち上げた場合にgoogleでは高確率でドメインパワーがリセットされています。そのようなドメインでもbingでは効果がありますが、bingは利用者が少ないのあまり意味がありません。被リンクの効果があるかどうかは、リンク元の文章の一部を検索して、上位に表示されていなかったら被リンクの効果はないと考えていいでしょう。