第四回放送 ◆LXe12sNRSs



また、廻ったな。
貴様らがその地に足を踏み入れてから、24時間が経過した。
一日をこうも長く感じた者はおるまい?
時を重ねるごとに増す怨嗟の声は、私の下にもしかと届いている。
もっとも、その怨嗟を愉悦としている者は私ではなく――何人かの当事者たちだろうがな。
特に、この六時間は壮絶であった。
仲間の窮地に駆ける者、愛を唱える者、死を前に立ち向かう者……
散っていった者たちも含め、実に様々な成長を見せてくれる。

そう――人間は進化を止められぬ生き物だ。

この言葉、心に刻みつけておくがいい。
自らが、螺旋の構造に捉われた人間であると信じるならばな。

さて、死者の発表に移る。


相羽シンヤ
アレンビー・ビアズリー
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
衛宮士郎
カレン・シュタットフェルト
ジェット・ブラック
高遠遙一
チェスワフ・メイエル
ティアナ・ランスター
マタタビ
ミリア・ハーヴェント
ラッド・ルッソ


以上、12名。
次に、禁止エリアだ。


A-8
D-7
F-2


以上だ。
……さて、これから二日目に突入するにあたり、一つ重大な知らせをしておこう。
現時刻を持って、貴様らの中に我が配下の者を一人、新たに参入させることが決定した。
名を、怒涛のチミルフ。
なに、貴様らの健闘振りを考慮したうえでの試練だと考えてもらえればいい。
怒涛の名に恥じぬ豪快な武人だ。
どう対応するかは、各々次第と言えよう。
だがせいぜい、その実力をあまく見ないことだ……。


 ◇ ◇ ◇


出撃の命は下った。
放たれる戦場は、螺旋王が作り上げた寿命一日の正に死地。
ニンゲン共が蔓延る戦場で、獣人にして武人、螺旋王四天王が一人、怒涛のチミルフはどう立ち回るか。
決まっている。

「……見せつけてやるのだ。獣人とニンゲンの、力の差をなッ!」

そうでなければ意味がない。
戦士は戦いに殉じる。なればこそ。
チミルフは、最前線に立つことを望んだ。


時系列順で読む


投下順で読む



外伝:ロージェノムは螺旋の王として配下の疑問に答える ロージェノム 外伝:SPIRAL ALIVE
外伝:ロージェノムは螺旋の王として配下の疑問に答える 怒涛のチミルフ 243:リ フ レ イ ン





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー