嗤う高遠 ◆DNdG5hiFT6



甲板には物がない。
それはある意味当然だ。客船である以上、甲板の役割として大海原を望める展望台としての役割が上げられる。
展望台の主役はあくまでそこから見える“景色”であり、物があればあるほどその景観を損ねてしまう。
ゆえにその甲板には足を休めるためのベンチ以外何もなかった。
だが余程いい設計者に恵まれたのだろう。
甲板はベンチや手すりの形状・位置などが絶妙に計算され、
景色の邪魔にならぬように、かつ殺風景にならぬように一種の調和を紡ぎ出している。
だが今やその甲板の隅に調和を崩すものが鎮座していた。

白い塊。
一言で言い表すならその表現が一番近いだろう。
だが目を凝らせば白い中にうっすらと茶色い影が見える。
そして無人だった甲板に対照的なまでに黒い男――剣持たちと別れたばかりの高遠がやってくる。
高遠は無言のままそれに近づくと、中身を決して傷つけぬように、
支給品のスペツナズナイフで丁寧にそれを切り裂いていく。
そしてそこから出てきたものを見て高遠は唇の端を吊り上げ、笑みを形作る。
白い塊――水に濡れたシーツの中から出てきたのは一人の少女。
今から約1時間前、高速道路から身を投げたはずのティアナ・ランスターであった。


  *    *    *


時をしばし遡る。


埠頭で爆発が起こった瞬間、高遠は数秒迷った挙句、どちらでもない選択肢を選んだ。
その選択肢とは二人に姿を見せずに様子を探るという、消極的なものだった。
そして扉の陰から様子を窺った彼が見たのは、激しく泡立つ海面とそれを唖然とした顔で見つめる二人の姿だった。

(あれは――海面に爆発物を放り込んだのか? 
 いや、彼らがあそこで爆発させる必要はない上に、それだと彼らの驚き様は不自然だ)

推理を行うにしても情報が少なすぎる。
更なる情報を得るため、彼らに再度接触を図るべきか?
それとも不用意な接触を避け、再び船内に戻るべきか?
どちらのほうがメリットが大きいか思案しつつ、何の気なしにガッシュたちから視線を外し、海のほうへと向ける。
視線をはずした高遠は驚くべき光景を目にすることになる。
それは高速道路から“誰か”が海へと落下する光景――それも続けざまに二人も――であった。
高遠は剣持たちに気付かれないように甲板へ移動し、その後の推移を見守ることにした。
すると2人のうち1人が湾内の海流に乗って結構なスピードでこちらに流されてくるではないか。
このスピードだと30分以内にはこの豪華客船と接触するだろう。

と、そこまで考えた高遠の脳裏にある考えがよぎった。

(――もしもあの人間が生きていれば、船外の貴重な情報源に成り得るのではないだろうか?)

ガッシュと剣持が向いているのは船の舳先の方――方角で言えば西側だし、
そもそも高速道路と少女は船体が陰になって多少行動を起こしても気付かれることはあるまい。
しかし高遠の腕力では例え女子供とはいえ、引き上げることは到底不可能だ。
だが悪魔の頭脳は瞬時に回転し、一つの計画を立てる。
そして高遠はその計画に従って行動をし始めた。
表の剣持たちに気付かれないように細心の注意を払いながら。

高遠がまず用意したのは数本の救命用ロープと空のポリタンク(20リットル×4)、白いシート、ガムテープ、4本の長いゴムホース
といった客船の備品と支給品のミネラルウォーター4本。
事前に船内を回って物の位置を把握していた高遠はそれらを短時間で集め、行動を開始した。

まずは救命用ロープを結び合わせて長いロープを4本仕立て上げる。
そしてそれらをシーツの四隅に結びつけ、シーツの中央に“水を抜くため”の穴を開けておく。
(なお、その際ガムテープを使用し、穴自体が必要以上広がらないようにする)
ロープのシーツを結んだ方とは反対側に、それぞれポリタンクをくくりつけ、完成したそれを甲板の手すりへと引っ掛けておく。
そして紐付きのシーツを海面にたらし、ティアナの体の下にもぐりこませる
(この際海風が邪魔をすることが想定できたのでシーツとロープを繋いだところに、
 支給されたミネラルウォーターを重り代わりにつけておいた)
その作業が終了した後に、4つのポリタンクの口にそれぞれゴムホースを括り付け、剣持たちに会う前に蛇口を捻る。
そして何食わぬ顔して剣持たちの下へ向かったのである。

彼らが会話している間にも流しっぱなしにした水はポリタンク内に溜まり、重量を増していく。
そしてポリタンク内の水の重量が、ティアナの体重とペットボトル4つ分の重みを上回った瞬間、
自動的にロープのポリタンク側は落下していき、
逆に滑車の原理によってティアナの身体はシーツに包まれた状態で吊り上げられていくのだ。
その際、結び目でロープの長さを調整しておけば、ポリタンクが着水した時点で上昇は終わり、
ティアナの身体は頂上付近で停止する、というわけである。

――詰まる所高遠は、穴を開けたシーツを網代わりに、水の重さと滑車を利用してティアナの身体を引き上げたのだ。

ただし、これらは急ごしらえのトリックなのでいくつもの穴がある。
まず一つ目の穴は豪華客船に吹き付ける海風の存在である。
シーツを海上に下ろす際はマジシャンである自分の技量を用いれば音を立てずに操るのは難しいことではなかったが、
自動的に引き上げる際はそうはいかない。
海風によって水の少ないポリタンクが船体にぶつかれば奇妙な音を周囲に撒き散らすことになる。
そんな音がすれば不審に思った剣持警部はこの船に乗り込んでくるだろう。
したがって高遠は剣持とガッシュをトリックが完了するまで何処か別のところへ引き離す必要があったのである。
そのため高遠はマジシャンの基本にして奥義――ミスディレクションを行った。
ミスディレクションとは例えば右手でマジックを行う間、左手に観客の注意をひきつけておく技術である。
今回の場合、マジックを行う右手は船、注意をひきつける左手は高遠遙一本人だ。
剣持が注視していたのはあくまで“高遠遙一”自身が行う行動であり、
彼が既にトリックを仕組み終えていたなどとは夢にも思っていないだろう。
また、彼は高遠を監視せざるを得ず、先導していけば剣持たちも船を離れざるを得ない。
またこれには第2の穴である『自分の不在中に船を誰かが訪れる』ことを阻止することもできる一石二鳥の作戦であった。
そして最も大きな第3の穴――トリックの途中で彼女が目を覚ました場合である。
吊り上げる途中でティアナが目を覚まし、暴れることによって海面に落ちる。
恐らくその場合は誰にも知られること無く、溺死体が一つ出来上がるだけである。
また、最悪なのが甲板上に上がった状態で目を覚まされた場合だ。
しかも帰ってきたときに剣持たちと鉢合わせしてしまえば言い逃れの出来ない状況になってしまう。
だから彼はポリタンクに流れる水量と周囲を調査する時間を調整し、トリックが完了する時間とほぼ同時に船に帰還したのだ。


甲板に横たわる少女に息があることを確認し、しばし高遠は対処の方法を考える。
まずは何にせよ情報を引き出さねばなるまい。
少女が会場を回り、何を見、何を知ったか――主観が混じることは避けられないものの、
豪華客船にこもりっきりの自分にとってそれは貴重な情報源となる。
そしてその会話の中で彼女が人を殺める“動機”を覗かせれば、その時こそ“地獄の傀儡師”の出番だ。
心を揺さぶり、唆し、自らの芸術的な犯罪計画の手駒として役に立ってもらうこととしよう。

その来るべき時を想像して、高遠遙一は嗤う。
ひたすら邪悪に、ひたすら楽しそうに。
その嗤いを見たものがいたならば、きっと十人が十人とも同じ感想を述べただろう。
悪魔の笑みとはこういうもののことを言うのだろう、と。

【E-3/豪華客船・甲板/1日目/昼】
【ティアナ・ランスター@魔法少女リリカルなのはStrikerS】
[状態]:全身打撲、肋骨にひび、体力消耗(大)、精神力消耗(大) 
[装備]:なし
[道具]:なし
[思考]
基本思考:???
1:???
[備考]
※キャロ殺害の真犯人はジェットで帽子の少年(チェス)はグル、と思い込んでいます。
 これはキャロのバラバラ遺体を見たショックにより齎された突発的な発想であり、
 この結果に結びつけることで、辛うじて自己を保っています。
 この事実が否定されたとき、さらなる精神崩壊を引き起こす恐れがあります。
※銃器に対するトラウマはまだ若干残っています、無理に銃を撃とうとすると眩暈・吐き気・偏頭痛が襲います。

【高遠遙一@金田一少年の事件簿】
[状態]:健康
[装備]:スペツナズナイフ@現実x6
[道具]:デイバッグ、支給品一式、バルカン300@金色のガッシュベル!!、豪華客船のメインキーと船に関する資料
[思考]
基本行動方針:心の弱いものを殺人者に仕立て上げる。
0:善良な高遠遙一を装う。
1:少女(ティアナ)から情報を引き出し、場合によっては“操り人形”として仕立て上げる。
2:しばらくは客船に近寄ってくる人間に"希望の船"の情報を流し、船へ誘う。状況によって事件を起こす。
3:殺人教唆。自らの手による殺人は足がつかない事を前提。
4:剣持と明智は優先的に死んでもらう。
5:ただし4に拘泥する気はなく、もっと面白そうなことを思いついたらそちらを優先
[備考]
※ガッシュから魔本、および魔物たちの戦いに関する知識を得ました

時系列順で読む


投下順で読む


157:誓うカミナ ティアナ・ランスター 178:君らしく 愛らしく 笑ってよ(前編)
157:疑う剣持 高遠遙一 178:君らしく 愛らしく 笑ってよ(前編)





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー