消えない憎悪 ◆jbLV1y5LEw



「何だ、これは……」

スカーは目の前に現れた奇妙な木造建築物を見て思わず呟いた。
疲労困憊により気を失ったスカーだったが、森の中にまで届く女の声によって目を覚ました。
途中からしか聞き取れなかったものの、声は自分の仲間を探してくれるように頼み、自分が北へ行くことを伝え、諦めるなと告げ、止んだ。
太陽の傾き具合からそう時間が経っていない事を確認した後、スカーはその声の主を探して歩き、この場所にたどり着いたのである。

スカーは改めて目の前のそれを見た。
木で組まれた扉のない門のような形をしたそれは鳥居と呼ばれるものなのだが、スカーには知る由もない。
が、脇に連なる石の柵に刻まれた「螺旋神社」の文字からここが神社であることを把握した。
スカーは地図を含む支給品を失っていたものの、その大体の地形は頭に叩き込んである。
特に『神社』や『古墳』、『温泉』といった施設は最初に見た『海』同様、未知であるがゆえに印象は強く残っていた。
その記憶によれば、神社は地図の南端に存在していた。
先の声の女も北へ行く、といっていた以上、やはりここは北へ進む余地がある場所ということになる。
自分は地図の北端でドモンとの戦闘に入り、川沿いに移動したはずだ。
わずかな時間で北の端から南の端へ移動する。
スカーの常識からすればありえない事態である。

(いや、『ありえない』ということこそが『ありえない』か……)

螺旋王が居たあの最初の広間に移動したときも一瞬で移動したとしか思えない唐突さだった。
その広間から最初の地点に移動したときも一瞬だ。
意識を奪われたという可能性もあるが、自分は気づいた時も立っていたし、自分が手もなく意識を奪われたとは考え難い。
では一瞬で移動したとして、どういう条件で移動したのか?
それもスカーには推測が可能だった。

(端と端がつながっている、のか?)

神社があった辺りと自分がドモンとの戦いに入った辺りは、東西の位置関係で言えばそれなりに近い。
地図に描かれたこの会場の端と端がつながっていると考えれば、ある程度は納得がいく。
原理は不明だが、己の体験した事実は事実。
スカーはこの不可解な現象をそのまま受け入れた。

(うまく使えば移動時間を節約できるが……)

この仕掛けを有効利用するには地図が必要である。
まっすぐ南に戻り、荷物を取りに戻ることも考えたが、参加者を殺して奪う方が手っ取り早い。
猫の写真は少し、否、かなり惜しかったが、スカーはその執着を抑え、休憩のために神社へと入って行く。
最初は声の主を探して殺すつもりだったものの、歩くうちに自分の疲労の度合いを知ったのである。
気絶している間に多少は休めたとはいえ、まだ疲労が残ることに変わりはない。
黒の男、ホムンクルス、ドモン・カッシュ。
この殺し合いの場に放たれた者たちはいずれも相応の実力者なのだろう。
先の声の主が同様の手練であった場合、今度こそスカーの敗北は必至。
スカーは国家錬金術師を殲滅するその日まで死ぬわけにはいかない。
はやる気持ちを抑え、まずは体力の回復に努めることにしたのだった。

 ■

中へ入ると、スカーはこの施設の本来の用途を悟った。

(どうやらここは神域らしいな)

スカーも元はイシュヴァールの武僧である。
この建物に漂う宗教関係の場所特有の匂いを嗅ぎ取っていた。
とはいえ、そこかしこの柱に螺旋状の溝があることと、祭壇があることを除けば、これといって不審なものはない。
もっとも、この神社で祭られている宗教と縁も所縁もないスカーに判断できないだけで、おかしいところがあるのかもしれない。
奥や別の建物を探ればもっと何かあるかもしれないが、無闇に神殿を荒らすのは本意ではないし、スカーの目的は体力の回復。
入り口から見えぬよう、柱の陰に座布団を敷き、座って休息をとることにした。
休憩しつつ、今後の行動を考える。
先の声の主は北へ向かう、といっていた。
自分もやはり北、すなわち中央へ向かうのが妥当であろう。
東西両方に道があったが、スカーは最初から西のルートについては選択肢として考えていない。
西から向かう場合、モノレールなる鉄道のようなものを使うのだろうが、この会場でそれが動いているか分からない。
動いていたとしても奇襲を旨とするスカーの戦闘スタイルは目立つ上に空間の限定された列車よりも、遮蔽物がありいざというとき八方どちらにも逃走できる森に適している。
それに加えて、ここからほぼまっすぐ東へ行った場所にある温泉というものにも興味があった。
泉というからには水が湧き出ているのだろう。
人は水が湧き出る場所に集まる、という乾いた土地に住む者らしい経験に従い、スカーは次の目的地を温泉に定めた。
近くに禁止エリアがあったはずだが、螺旋王の放送によれば警告後に一分間の猶予があるという。
太陽の位置から方角を確認しながら注意して進めば大事には至るまい。

(温泉へ向かい、そこのいる参加者を皆殺しにする)

そう決めたスカーの脳裏に、ドモンの言葉が浮かぶ。

『復讐は何も生みはせん。
 それどころか貴様のその怒りと悲しみは誰かに利用され、更なる悲劇を引き起こすだろう』

先に感じた怒りがぶり返し、思わず舌打ちする。
確かに今の自分は螺旋王によって殺し合いに利用されている、といえるかもしれない。
だが、現状は同時にスカーにとっても怨敵の国家錬金術師やホムンクルスを殺す機会ともいえる。
仮に脱出を目指すにしろ、奴らが居る限り自分の胸の内の憎しみが協力を許さない。
そして国家錬金術師はともかくホムンクルスはこの会場に何体潜んでいるか分からないのだ。
ならば、全ての命を摘み取り、元の国へ戻ることをスカーは選ぶ。

スカーは柱にもたれ、身体を休める。
消えない憎悪を胸の内に抱え、名を捨てた男は密かに牙を研いでいた。

【H-4/神社/1日目-午前】
【スカー(傷の男)@鋼の錬金術師】
 [状態]:左脇腹と右脇腹、右手の親指を除いた四本それぞれ損傷中(応急処置済)。疲労(大)
 [装備]:なし
 [道具]:
 [思考]
  基本:参加者全員の皆殺し、元の世界に戻って国家錬金術師の殲滅
  1:皆殺し
  2:体力の回復
  3:東へ進み、温泉を経由して中央へ向かう
  4:地図他、支給品一式を手に入れる
 [備考]:
 ※会場端のワープを認識しました。
 ※スカーが耳にしたのは、はやての拡声器による放送です。制服のくだり以前は聞き逃しています。


時系列順で読む


投下順で読む


124:来るなら来い!  復讐のイシュヴァール人! スカー 171:絶望の器





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー