【名前】キール
【出展】王ドロボウJING(ほぼ全ての話に登場)
【種族】鳥
【性別】オス
【声優】中尾隆聖(フリーザ様やポロリ、バイキンマンの中の人)
【年齢】不詳(ジンよりは年下)
【外見】
黒い鳥。灰色のくちばし。赤いスカーフ。大きさは人の頭一つ分より大きいくらい?
【性格】
王ドロボウであるジンとコンビを組んで盗みを働く喋る鳥。
無類の女好きで、旅先で出会った女性には必ず名前を聞く。(ちなみに相手は『人間の』女性。鳥ではない)
小粋なジョークを愛し(『俺、夜は苦手なの。鳥目だから』『鼓膜も破る子守唄を聞かせてやろうか?』)、ピンチになったらジンさえも容赦なく見捨てるいい加減さを持つ。
ただし女の子は見捨てない。ジンは見捨てても女の子は見捨てなかった時もあるし、ジンもそれをわかっている。
【経歴】
ジンとは卵から生まれる以前からの付き合い。
ジン幼少の頃、友達からキールの卵を譲り受けたのだが。この卵がなんと喋る卵だったのだ。
生まれる前はまだ性別が決まってなかったのだが、『男の子ほうが女の子よりも女の子と仲良くなれる』という話を聞き、オスとして生まれる決心をした。
本人曰く「ジンとは腐れ縁」。ルパンと次元大介の関係と言えば充分だろう。
なんだかんだで彼を助けるあたり、熱い友情はあるようだ。(でも見捨てる時もある)
【特殊能力】
やはり「キールロワイアル」に尽きるだろう。わかりやすく言えばドラえもんの空気砲。
キール自身が誰かの腕に取り付き(融合に近い)、キールロワイヤルとなる。
頭首は砲台の発射口となり、口から緑色の光弾(威力調節可能)を発射する。ただし出しすぎるとキールが疲れてしまうので注意。
【備考】
パロロワ界でも比較的珍しい「支給品役と参加者を兼ねており、キールと気の合った弱者(特に女性は全員。気の弱いorかわいいのならほぼ確定)への援護になりうる」のが強み。
ただ、アニメ原作共にキールはジン以外の人物に乗り移りキールロワイアルをしたことがあまり無い。
これは「ジン以外にキールロワイアルが出来ない」のではなく、「大抵ヒロインがピンチになったり囚われの身になった時に慌てて使用」というケースが大半だからである。
実際に本編ではジン以外の人物でもキールロワイアルが可能と匂わせる描写は多々ある。
彼がアニロワ本編に参加すれば、間違いなく他作品の女性キャラに舌鼓を打ち、甘いトークで慰めながら協力してくれるだろう。





以下、アニメキャラ・バトルロワイヤル 2ndにおけるネタバレを含む


+ 開示する










| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー