なんでも切れる剣

ご存知、クロちゃんとミーくんの愛用武器。普段は彼らの盲腸の辺りにしまわれている。
なんでも切れる剣、といいつつも切れない物も普通にある。
ロワ内では普通の大剣、という扱いです。
カミナに支給

めぐみの消防車

クロの一番弟子(自称)鈴木が好きな消防士めぐみの愛車。
仕事だけでなくなぜかピクニックといったプライベートにも普通に使っている。
車のフロントにはブタバナと角があしらってあり、その姿はゲルググそっくり。
これはめぐみ(というか作者)がガノタ(ガンダムオタク)ゆえの違法改造。車検はもちろんアウト。
かつて本当にゲルググに変身する機能をつけられたこともあったが、このロワイアルではさすがに禁止。
ジンに支給

大工道具一式

マタタビ本人に支給。
中身はノコギリ、カンナ、金槌、ノミ、釘 。
マタタビにかかればどんな大工仕事もお茶の子さいさい。
現在、温泉を建て直し修理中。

マタタビのマント

マタタビの羽織って居るマント
マタタビ本人支給

マタタビ

何の変哲も無い、ごく普通のマタタビです。
疲れた旅人がこれを食べた所、元気が出てまた旅が出来るようになった…という逸話は有名ですね。
この逸話の通り、食べればちょっとは元気が出るかもしれません。
ちなみに、私達の良く知っているキウイフルーツもマタタビ科の植物なんですよ?
以上、CV遠藤綾でお送りいたしました♪
鴇羽舞衣に支給

トリモチ銃

クロがまだキッドと呼ばれていた頃、マタタビたちが住んでいた集落を襲ったネコキャッチが使っていた銃。
ネコを一発で行動不能にさせる能力はあるが、人間相手にどれだけ効くかは未知数。
だが、崩れかけたビルに向けて発射し、コンクリートを破壊したという実績がある。
パズーに支給

瀬戸焼の文鎮

ロミオが結婚式の引き出物に用意した自分がモデルも文鎮
とてつもなくでかくミー君でも動かせなかった
詳しくはこちらでttp://www.nicovideo.jp/watch/sm266392
予断だが原作では有田焼である
枢木スザクに支給

すてるすブーメラン

マタタビの愛用する武器。その威力は凄まじく、カラスだろうが家だろうが飛行機だろうが問答無用でぶった切る。
「すてるす」と名前が付いてはいるが、本当にステルス機能があるのかどうかは不明。
詳しくはこちらでttp://www.youtube.com/watch?v=dk4f3q1hVfc
ヨーコに支給

ダブルキャノン

異世界サバイバル編にてゴーくんが作り上げた武器。異世界独自の素材で出来ている為、非常に軽い。
四角い形状で、その名の通り二つの銃口が並んで存在している。
ガトリングガンと同じく片手にはめ込むタイプで、引き金を引く毎に上と下のそれぞれの銃口から弾丸が発射される。
その威力は強力無比で、異世界編のラスボス、バイスの体に一撃で風穴を開けるほど。
(ただしこれは原作のみ描写で、アニメ版には放送コードに引っかかった為か穴が開く事は無かった。
 それでも原作と同じくバイスへのトドメとして使われている為、威力は同程度だと思われる)
エドワード・エルリックに支給

無限エネルギー装置

コタローの父が発明したスケールの大きい装置。これを上手く使えばクリーンなエネルギーを常に生み出すことができるが、
悪用すると地球が一つ消し飛ぶと言われている。バラバラにされていた部品が全て組み上げられた状態。
だが、装置の核である『X装置』だけは外されている。
高嶺清麿に支給

犬のぬいぐるみ

ミーくんが変装のために使用する、どこか間の抜けた感じのする犬のぬいぐるみ。
元々はミーくんが初恋の相手である、とある捨て犬に告白する為に使われたもの。ちなみに初恋の結果は結果は悲しい失恋でした。
スカー(傷の男)に支給

マタタビの目玉入り瓶

クロが昔マタタビから抉り取った目玉を保存していた瓶。見た目は結構グロテスク。
クレア・スタンフィールドに支給

X装置

無限エネルギー装置の核となる装置
エドワード・ウォン・ハウ・ペペル・チブルスキー4世に支給

ガトリングガン

クロちゃん、ミーくんの代名詞とも言える武器。
本作では初期状態で30秒ほど銃弾を連射できるという設定。
マガジンがあれば補給も可能(あるかどうかは不明)
ランサーに支給

クロちゃんスーツ+マスク

コタローくんが作った黒猫スーツとクロちゃんに似たマスク。
絶縁・防弾仕様でちゃっかりしている。
剛博士のために作った大人用もある。
ランサーに支給

以下、ネタバレを含みます


+ 開示する






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー