ソード・ワールド2.0 > C-Dice > 竹流ちゃんパニック(1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どどんとふ:「あきGM」がログインしました。
どどんとふ:「鮭」がログインしました。
どどんとふ:「せら」がログインしました。
せら:ここで良いんでしょうか?
あきGM:はい
あきGM:画面をドラッグして、下の方、1−20の辺りまでスクロールさせてください
せら:んーと、たぶんなったと思います
どどんとふ:「あきGM」がログインしました。
あきGM:ザーへとエリーゼが見えましたでしょうか?
どどんとふ:「ザーへ」がログインしました。
せら:もういっかいいいです?
あきGM:あさひなさん、見えてます?
asahina:はい
あきGM:下の方へスクロールして、2つのコマがあるのを確認してください
asahina:ちと重いですが
asahina:ダイスのこと?
あきGM:コマ、見えました? エリーゼっての
asahina:発見
せら:見つけましたー
あきGM:ドラッグで動かせます
asahina:かなり重いですよ><
あきGM:あらら
あきGM:あさひなさんのマシンは何年くらい前に買ったものです?
asahina:ファイアーフォックスだからかなあ
asahina:去年でしたか
あきGM:ありゃ?
asahina:ブラウザ自体が重いのかもです
せら:色とかは何でもいいんですか?
asahina:IEに切り替えてみますわ
あきGM:ブラウザは Opera ( http://www.opera.com/ )をおすすめします。
色はなんでもいいです

あきGM:白以外はw
asahina:オペラっすか。
asahina:むー
せら:ゲームが始まったらGM以外は変えてはいけないかと思っちゃいました
あきGM:名前も色も変えていいですよ~
どどんとふ:「asahina」がログインしました。
asahina:ドラッグがかなり重いっす
あきGM:あややや
あきGM:そういう時は
あきGM:右の縦長の窓のエリーゼをダブルクリックしてみてください
あきGM:名前
ザー
エリ
みたいに見えていると思います

asahina:リョウカイ☆(・ω・*)ゞ
あきGM:■チュートリアル
あきGM:◇どどんとふの使い方
●ダイスの設定

下のチャットウィンドウの鍵アイコンの右隣にあるドロップボックスを開いて、「ソード・ワールド2.0」を選択してください。

せら:しましたー
asahina:はいー
あきGM:ダイスの振り方は、以下のとおりです。
2d6+2+3 技能レベル2、能力値ボーナス3で行為判定!
2d6+1+2+2 技能レベル1、能力値ボーナス2、修正値+2で行為判定!

せら:それを振ってみてもいいんですか?
あきGM:どうぞー
せら:2d6+2+3 SwordWorld2.0 : (2D6+2+3) → 7[4,3]+2+3 → 12
せら:2d6+8+3 SwordWorld2.0 : (2D6+8+3) → 6[5,1]+8+3 → 17
asahina:2d6+7+4+1+1+1 SwordWorld2.0 : (2D6+7+4+1+1+1) → 5[4,1]+7+4+1+1+1 → 19
asahina:ふむ
asahina:それにしてもこれだけのためにオペラとか:(;゛゜'ω゜'):
あきGM:チャットウィンドウの名前という欄を書き換えるとかすると
せら:キャラクターが動くと面白いですねー
せら:配置とかかなり見やすいかもー
asahina:ほえ
あきGM:あさひなさんも名前をエリーゼに変えて、発言してみてくださいー
あきGM:せらさんも名前をザーへに変えてみてー
asahina:リョウカイ☆(・ω・*)ゞ
エリーゼ:発言
ザーへ:「」これも付けたほうがいいですかねー
エリーゼ:でかいキャラがでた><
あきGM:立ち絵です
ザーへ:おぉ、キャラがでたー♪
眼鏡娘:実験ー
ザーへ:眼鏡でたw
エリーゼ:ww
笑う人:w
眼鏡娘:キャ━━━━(゜∀゜)━━━━!!
ファーンチェア:「さて、依頼だ」
ザーへ:「まぁいつものこったな、稼がせてもらうぜ」
ファーンチェア:「今回はルキスラ南部のとある村からの依頼だ。なんでも、夏祭りに使う特別な菓子の材料を村長の孫娘が採りに行くのだが、
エリーゼ:「私は水浴びでもしてこようかしら♪」
ザーへ:「人数は多い方が良いのかい?」
エリーゼ:風呂ってきます
ファーンチェア:「途中にある迷宮に蛮族が出るようになってしまったらしい。困ったものだ。人数は多いに越したことは無いが、
あきGM:いてらー
せら:このくらいの文字なら見えるかな
どどんとふ:「タイガ」がログインしました。
せら:プレイヤー発言はキャラを出さない方がいいですかねー。
タイガ:6d@'jdjr
タイガ:おじゃまします
せら:いらっしゃいですー
あきGM:いらっしゃーい
あきGM:■チュートリアル
あきGM:◇どどんとふの使い方
●ダイスの設定
下のチャットウィンドウの鍵アイコンの右隣にあるドロップボックスを開いて、「ソード・ワールド2.0」を選択してください。

あきGM:ダイスの振り方は、以下のとおりです。
2d6+2+3 技能レベル2、能力値ボーナス3で行為判定!
2d6+1+2+2 技能レベル1、能力値ボーナス2、修正値+2で行為判定!

あきGM:タイガさん、ソード・ワールド2.0にダイスを切り替えたら、振ってみてください
タイガ:2d6+1+2+2 SwordWorld2.0 : (2D6+1+2+2) → 6[2,4]+1+2+2 → 11
あきGM:では、右端の縦長のウィンドウのクレアをダブルクリックして、名前をクレアに変えてみてください
あきGM:名前は、チャットウィンドウの入力欄のすぐ上に入力欄があります
あきGM:変えれたら、自分のコマを動かしてみてください
クレア:進む
クレア:後退
ファーンチェア:「では、早速依頼の話をしよう」
ファーンチェア:「さっきクレアがいないときに少し話したが、今回の依頼はルキスラ南部のタイタイ村からの依頼だ」
ファーンチェア:「タイタイ村の村長のタケルンちゃんが、夏祭りに使う特別な菓子の材料を採りに行くのだが、
ファーンチェア:「その途中にある遺跡に、どうやら蛮族が棲みついてしまったらしいんだ。
ファーンチェア:「今回の依頼は、タケルンちゃんの護衛ということになる。いいかな? 報酬は5000ガメルだ」
クレア:「ん。構わない」
タケルン:「よろしくね」
ザーへ:「あぁ、よろしく頼むぜ」
クレア:「ん、よろしく頼む」
ファーンチェア:「では、これは往復分の食糧だ。それと、ヒーリングポーションとアウェイクポーションを3本ずつ渡しておこう」
クレア:「ありがと、マスター」
ザーへ:「おう、」ありがたく頂くぜ
ファーンチェア:「今回の冒険にはエリーゼも同行する。途中までは彼女の手を借りないように」
ザーへ:「あぁ、そうだ。何日くらいかかりそうだい?」
タケルン:「1日で言って帰ってこれるわ(にこ」
クレア:「ああ、ついでにマスター。こんなものを描いたんだが、もらってくれるか?(達成値15のファーンチェアの絵カウンターに置き」
ファーンチェア:「ありがとう。ありがたく頂くよ。キミの署名は入れたかい?」
クレア:「一応右下にね」
ファーンチェア:「うん、その内名が売れるよ。きっと。その時のために大事に飾っておこう」
ザーへ:「一日で往復かい、さっさと出かけようぜ」
あきGM:では、数時間後。遺跡の前です。
ザーへ:「さて、ここからはもっと気合入れていかねぇとな」
タケルン:「この遺跡は結構広くて、2人並んで歩けるわ。いつもは右に行って、上の道を行っていたの。それが、先日の地震から蛮族が出るようになって……怖いわ」
クレア:「ああ、援護は一回一人になるからな。ほしければ言ってくれ」
あきGM:タケルンちゃんの言うとおり、遺跡の通路の幅は5mほどもあり、中は真っ暗です。
ザーへ:「暗いな…」たいまつ点けます
エリーゼ:「さっさと行きましょう。蛮族が増える前に」
せら:移動させていいんですか?
あきGM:中は、16の列までは見えます。暗視もちはいますか?
あきGM:(エリーゼとタケルンちゃんは持ってません
せら:たいまつしかないです、わたしは
タイガ:ライト出番なしか
あきGM:では、コマを動かしていいですよー
せら:一こま何メートルとかあります?
あきGM:1マス約3mです
ザーへ:「暗いが、中はどうなってるかな…」
あきGM:古い遺跡独特のカビ臭いにおいが漂ってきます。
あきGM:床はしっかりとした石畳ですが、湿っています。
ザーへ:「後ろからの敵も警戒しながらいかねぇとな」
クレア:「なら、こちらにも光源がいるか。(銃にライト」
どどんとふ:「エリーゼ」がログインしました。
あきGM:おかえりー
タイガ:おかえりなさいー
せら:おかえりですー
せら:すいません、6時を過ぎるときびしいかも。短いチュートリアルだと思い込んでました
あきGM:あ、最後まではやらないので、ご安心を
どどんとふ:「キャラメル=コーン」がログインしました。
どどんとふ:「コロン」がログアウトしました。
キャラメル=コーン:こんばんわー
せら:こんばんわ、よろしくですー
タイガ:こんばんはー、よろしくー
フェイン:こっちのがわかりやすいか よろしくおねがいしまーす
あきGM:フェインは暗視がありましたね
フェイン:ういうい
あきGM:では、フェインが上下を見渡すと、通路の奥まで見えます
どどんとふ:「コロン」がログインしました。
ザーへ:「じゃ蛮族出るまでいっちまうか」
あきGM:■チュートリアル
あきGM:◇どどんとふの使い方
●ダイスの設定
下のチャットウィンドウの鍵アイコンの右隣にあるドロップボックスを開いて、「ソード・ワールド2.0」を選択してください。

あきGM:ダイスの振り方は、以下のとおりです。
2d6+2+3 技能レベル2、能力値ボーナス3で行為判定!
2d6+1+2+2 技能レベル1、能力値ボーナス2、修正値+2で行為判定!

あきGM:名前はチャットウィンドウの発言欄のすぐ上の名前欄で変えられます。
あきGM:以上、コロン、フェイン、OK?
あきGM:右の縦長のウィンドウの名前欄をダブルクリックすると、そのキャラの位置へ飛べます
あきGM:キャラクターをドラッグすると、キャラクターが動きます
あきGM:1マス約3x3mです。よろしく!
フェイン:りょうかいー
フェイン:それで、現在の状況はどうなってますか?
あきGM:はい、このNPCタケルンちゃんの祖父であるタイタイ村の村長の依頼で、タケルンちゃんを護衛して、この遺跡を突破し、夏祭りの特別な菓子の材料を採りに行くところです。
タケルン:「よろしくお願いします(ぺこ」
フェイン:「こちらこそよろしくお願いしますね」にこ
あきGM:エリーゼは前に出る? 銃後を守る?
ザーへ:人が増えたなら、わたしは先頭じゃなくて良いと思うのですが・・
コロン:「よくわからないけど、わかったー」
タケルン:「かわいー! グラスランナーの男の子だー(転がそうとする」
あきGM:ちなみに、接近戦能力があるのは多分ザーへとエリーゼとコロンだけです
コロン:「コロロンチャンピオンを転ばすのは17年早いね」ヒョイ
ザーへ:「良いか…前に進むぜ」
あきGM:コロンはコロロンチャンピオンですが、ザーへにもエリーゼにも一歩劣ります
フェイン:うんw 一番堅いのは恐らくはご主人かと思いますぞ
せら:非金属な時点でそんなに堅くないんだけどな
あきGM:点呼開始!
ザーへ:準備完了!(1/6)
フェイン:準備完了!(2/6)
:準備完了!(3/6)
コロン:準備完了!(4/6)
クレア:準備完了!(5/6)
コロン:「僕が最後尾で歌っていればいいんだね」
クレア:「なら私は最後尾からファイヤーボールだな」
あきGM:エリーゼ、いる?
あきGM:[アラーム発生:エリーゼ]:./sound/alarm.mp3
ザーへ:「二人並べるのに、何で一直線…」
あきGM:ちなみに、マップはドラッグでスクロールします。
フェイン:「後ろは任せてください」キリッ
あきGM:クレア、その位置だと、戦闘に入ったときに前が見えないからね
あきGM:ぱか
タケルン:「こっちです」
タケルン:「きゃ!」
タケルン:「おかしいわ、前はこんな地割れ、無かったのに……」
コロン:「大きな穴だねえ」
タケルン:「先日の地震のせいかしら?」
ザーへ:「6mくらいか…無理すれば通れなくもないが」
あきGM:幅5mくらいのクレバスです。深さは10mはありそうです。
ザーへ:「お嬢ちゃんもいるし、回り道するかね?」
クレア:「壁を歩くにもこの人数ではマナの無駄だろうしな」
あきGM:向こうには宝の山が見えます。
フェイン:「待って下さい。ぼくに考えがあります」
ザーへ:「ん、何をするんだ?」
コロン:「なんでこんな所に宝ー?」
タケルン:「あんなものは以前ありませんでした」
フェイン:GM、宝の山にワイヤーアンカーを打ちこんで引っ張れませんか?
コロン:「ちなみに僕も自分一人が飛ぶ分には問題ないよ?」
あきGM:宝の一部は拾えそうですね
ザーへ:「蛮族が出るっていうなら罠っぽいんだよな…」
フェイン:りょうかいです。 それじゃあ、タケルンを抱えて穴を跳躍するのにはどれくらいペナが入りますか?
あきGM:-4です。
コロン:「先にひとっ飛びして調べてみようか?」
あきGM:【ジャンプ・ブーツ】を使うなら、2だけでなく3と4も自動失敗扱いになります。
コロン:チキンベルトで跳ぶのは?
あきGM:全く問題ありません
クレア:ウォール・ウォーキングは?
あきGM:できそうですね
あきGM:同じく、クレアを抱えるなら、3と4も自動失敗扱いになります。
あきGM:ちなみに、チキンベルトは2人は運べません。
フェイン:なるほど 取りあえず、《テレスコープ》を使って向こう側がどうなってるかを見ます
あきGM:判定どうぞ
フェイン:2d6+12 行使判定 SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 7[5,2]+12 → 19
あきGM:ドアが見えます。鍵はかかっていないようです。
フェイン:うい 有難うございますです
ザーへ:依頼人いるから回り道したいとこだけどな…
あきGM:チャットウィンドウの上のメイン/0 雑談/1 は未読発言数を表しています。
フェイン:りょうかい