ゲストリスト > 110609GRANRODEO(後半)

2011/06/09 GRANRODEOさん(後半)前半へ

中の人(以下、中):GRANRODEO アルバム「SUPERNOVA」から、「SEED BLASTER」をお送りしました。
  改めまして、GRANRODEO KISHOWさん、e-ZUKAさんをお迎えしています。
  先ほど地元でのライブというお話もありましたが、7月にはより地元感の強いライブも予定されていますね。
KISHOWさん(以下、K):はい、そうなんです。そうです、ハイ、やるんですよ
e-ZUKAさん(以下、e):凱旋ライブ
K :凱旋ライブ
  まぁ、私、ボーカルのKISHOWが言いますと、まぁ生まれは山口育ちも山口、
  でございますから、山口県なんでね、追加公演という形で決定したんですね。
  7月の24日日曜日、山口県にあります山口市民会館大ホール
  で、e-ZUKAさん新潟ですけれども、より十日町に近い南魚沼市
  こちらのほうで、7月の30日土曜日、新潟県南魚沼市民会館の大ホール(注)
  それぞれほんと凱旋公演ということなんでね、
e :そうですね
K :またこれスペシャル感出ちゃうのかななんて思ってますけども、
  チケットの一般発売は6月の26日からということでなんでね、
  ぜひほんといろんなところからほんと来てほしいですし、
  南魚沼なんていうとね、元六日町
e :六日町ですね
K :お隣さんなんでしょ?
e :そう、うち十日町、六日町で。七と八と九どこにあんだろ?
K :ねぇ、ほんとだ。
e :ちょっと探しとく。
K :探しとくって(笑)
e :7月30日までに。
K :多分徒労に終わると思うけども。
e :そうですか。
K :楽しみですね。そうなんです。南魚沼市民会館が、これファイナルですからね。
e :そうです。
K :ツアーの。まぁ盛り上がること請け合い。
e :もうね、夏休み最後の・・・まだあるのか、夏休みは。
K :そうですね。
e :8月一杯か。
K :まだ入ったばっかりですね。
e :全然(笑)入ったばっかりに終わるというね。
K :夏休み入ったばっかりなんで、そのワクワク感をね、山口なり南魚沼なりにですね
  持ち込んで、我々と一緒に盛り上がってほしいなと思います。
  (チケットの問い合わせ先の告知)
  チケット一般発売は6月の26日からでございます。
  です。
中:チケットのインフォメーションまでありがとうございます。
  凱旋ライブも予定されているGRANRODEOにとって、ズバリ「ライブ」とは?
K :ライブってもう、そのまま。生きるですね。LIFE、LIFE
e :そうですねー
K :もうね、生きてるなーって感じしますよ、ライブやってると。
  あの一体感もそうですし、
e :そうですね
K :オーディエンス、RODEOBOY、RODEOGIRLのその笑顔ですね。
  見るとこっちもこう吹き出しちゃうし・・・
e :ハハハ(笑)
K :ちょっと言い方が違いますね、もう笑みがこぼれるし(笑)
e :しらじらしい(笑)
K :そのなんでしょうね、その空間を大人数で共用しているっていうのがね、
  まぁ、これは言ってみれば人と関わってる、交わっているということですからね。
  ライブやってこそだなって思いますけれども、e-ZUKAさんどうですかね?
e :まぁそうですね、人とまぐわってるっていうことですからね
K :まぐわってるというかね、
e :違いますかね(笑)
K :そこはちょっと語弊がございますけれどもね。
e :まぁ、そういう幸せをこう混ぜあって、で、やってる感じです。
  ライブってね、やっぱり演奏だけ見ててもやっぱりつまんないというか、、
  みんながこう作るもんじゃないですか。お客さんと演者が全員で作り上げる、
  一期一会の、その一瞬の、その時にしかない芸術みたいなところがあるじゃない
K :瞬間芸術というんですかね
e :瞬間のね、その二度と見れないね、一回一回同じことがないというね、
  そういう楽しさとすばらしさを感じますね、いつも。
  やっぱりお客さんが喜んでいるのを見ると僕らもうれしいし、
  僕らが嬉しいとお客さんも嬉しいし、お客さんが嬉しいと僕らも嬉しいし、
  僕泣いちゃうとお客さん泣いちゃうし、そういうもんじゃないですかね。
K :です。
中:ありがとうございます。
  まさに、オーディエンスとともに作り上げるGRANRODEOのライブ、
  まだ見たことがないという方は、一度ご覧頂きたいですね。
  話は変わりますが、この番組恒例のベタな質問をさせて下さい。
  GRANRODEOのお二人が最近ハマっていることは?
K :うーん、今ツアーやってるんで、ご当地グルメですかね。
  土地土地の、新潟はまぁ美味しかったですね。
  新潟のあのお刺身の盛り合わせ、やれ炙ってみたりたたいてみたり、
  なんてことするんだと思うのは串に刺して揚げてみたりね。
  豚肉を揚げてみたりさぁ、美味しかったですね。
  まぁ、ハマってるのは、ツアー自体を楽しみたいので、
  そこに今傾倒しているのは間違いないですけどね。
e :僕はですね、まぁ今ツアー中じゃないですか。
  だから、僕最近ハマっていることというよりは、
  最近貼ってるものがあってですね、
K :ほう
e :キネシオテープというですね
K :キネシオテープ
e :足に貼ってある。テーピングしてんですよ。
K :あ、俗にいうテーピングっていうヤツよね。
e :そうです、足のね裏も貼ってるし、脹脛も、太腿もやってるんですけどね。
K :まぁ、e-ZUKAさんはライブやるたびにつるっていうね、
e :そう
K :有名、足がつるという
e :足がつかるんです
K :ことで有名な
e :全身つかっちゃう時あるんですけど
K :今回の
e :これ三郷の初日からやってるんですけども
K :テーピングを
e :今のところ一度もつってないです
K :これはすばらしいですね
e :これがねー、最近ハマって貼っているみたいなことですね
K :足テーピング
e :足テーピングです、キネシオテープ
K :です。
中:キネシオテープ、心強い味方になっていますね。
  さて、先日のライブでもこんな質問がありましたが、
  GRANRODEOの曲をバンドで歌いたい、カラオケで歌いたい、
  あるいはバンドでギターで弾きたい、コピーをしてみたいという方に、
  お二人からアドバイスがあるとしたら?
e :なるほど
K :うーん、そうね、まぁボーカルの場合はね、カラオケで歌いたいとかっていうのは
  ぜひ原キーでチャレンジしていただきたいですね、男子とかもね。
  あとはもう出るというイメージ、声出るというイメージ、腹から出せばなんとか出ると思うんで、
  もうがなろうがわめこうが、必ずそのキーに当ててみてください。
  「ROSE HIP(-BULLET)」とかはね、トップ結構高いんですけども、その気合で何とかなります。
  はい。ハハハ(笑)技術的なことは一切言ってませんからね。
e :僕もねー、GRANRODEOの曲をたまにカラオケで歌うんですけども、
  最初原キーでチャレンジするんですけども、もうなんとかなんないんですけど、
K :ハハハ(笑)
e :気合いが足りないってことですか(笑)
K :そうですね。
e :そうなんだ、うーん
K :気合がね、もっとね、音ガンガンにデカくして、声もそれにつられてデカくなるから。
e :ハハハ(笑)
K :もう、張るということですね。
e :なるほど。
K :GRANRODEOは容赦ないですからね。
e :そうですね。
K :普通の声量ではなかなか出ない音域かもわかりませんね。
e :じゃあ気合っていうことですね
K :気合で。
e :ギターとかの場合だったら、まぁコピーをしてみたいみたいなところがあるんですけど、
  コピーっていうのは耳コピーっつーのがありますけど、
  かたや曲を聞いて1音づつ拾っていくみたいなのは大変じゃないですか。
  そこで朗報です。なんと、GRANRODEOのバンドスコア発売中。
K :発売中ですねー
e :そうですねー、でもその中に「tRANCE」も入ってますよ、ちゃんと。「Go For It!」とか。
  でも、入ってない曲もあるので、そういうのは自分でコピーしなくちゃいけないんですけども、
  でも、それを実際ね、バンドスコアを見てこう練習して、実際にバンドでやるってなると、
  これはかなりの練習が必要ですね
K :必要でしょうね
e :GRANRODEOをやって今5周年でしたっけ?
K :うん
e :僕、未だにまず1回もマトモに弾ききったことがないみたいな
K :6年目ですね
e :ハハハ(笑)
K :6年目ですよ
e :そうなんですよ。だからまぁ僕も日々練習してね、頑張っているんで
  みんなも頑張れ。頑張れって感じですね。
K+e:です。
中:わかりました。頑張れという力強い応援をいただきました。
  それでは最後に、新潟のファン、新潟のRODEOBOY、RODEOGIRLにメッセージをお願いします。
K :そうですね、共に歩んでいきたいなと思ってますね。
  共に成長していくということでですね、ぜひ僕達の軌跡というか、
  6年目入りましたけれども、また10年くらいね、あと10周年やりたいと思ってるんで、
  そこまでも突っ走りたいと思ってます。
  いろんな音源だったりアルバム出したり、奇しくも今ツアー中でございますけれども、
  ほんとライブに来てあの一体感を一緒に味わいたいし、
  これからもね、何卒変わらぬご声援と応援と、そして一緒に歩んでやるぜみたいな気概で
  ついてきてくれれば嬉しいと思っています。e-ZUKAさんは?
e :いや、ほんとにね、GRANRODEOっていうのは僕ら二人ってことになってますけども、
  それにね、サポートメンバーのバルさん、瀧田さん、あとはスタッフ、あとは本当にお客さんね。
  RODEOBOY、RODEOGIRL、みんなでもうGRANRODEOだなっていつも思います。
  なんか、昨日もライブでしたけども、みんなで作り上げてんだなって思って、
  先日の新潟のライブの時も「新潟の人」って言ったらすごいいっぱいいたじゃないですか。
K :多かったね
e :多かった。だからね、本当に新潟にもこんなにいたんだなってすごい嬉しかったですね。
  だから、もっと頻繁に来れるように頑張ろうと思うんで、
  ぜひ新潟にお住まいのRODEOBOY、RODEOGIRLのみなさんも、
  一緒にね頑張ろうよってことですよね。
K :ですね、まだ知らない人がいたら教えてあげてください。
  GRANRODEOのライブ楽しいよ、とか、なんか連れてきてもらってね、一緒に楽しみたいですね。
  新潟にもっとGRANRODEOの輪が広がればいいなと思います。
  です。
中 :新潟のファンは、GRANRODEOを待っていますよ。
  今日はありがとうございました。
K :こちらこそありがとうございました。
e :ありがとうございました。
中 :それでは最後に、アルバム「SUPERNOVA」から、もう1曲お送りしたいと思います。
K :はい、じゃあ最後に聞いてください。
  表題曲です。「SUPERNOVA」

(曲後)
中 :GRANRODEOさん、ありがとうございました。
 (以下、プレゼント告知)

※編集担当者注:大雨により公演が9月19日に延期されました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。