純「ん? あの後ろ姿は……」

純「澪先輩!」

澪「うひぃ!? あ、な、なあんだ、純か」

純「驚き過ぎですよ先輩」

純(いちいちこんなに驚いてて心臓大丈夫なのかなぁ)

純「先輩お出かけですか」

澪「ああ、唯に勉強を教えにね。テストも近いし。あいつ教えないと全然勉強しないから」

純「ん~ラブラブですねぇ」

澪「なっ、そ、そういうんじゃないぞ/// 純粋に同級生としてだなぁ」

純(一部で澪先輩と唯先輩のことは有名になってるのは伏せておくか……)


澪「そういう純はどこに行くんだ?」

純「よくぞ聞いてくれました。私も平沢宅に用事があるんです」

澪「憂ちゃん?」

純「はい。今日は憂と梓と一緒に私の家でお泊まり会するんです」

澪「そ、そうなんだ。ということは唯と二人きり……?///」

純「なにか言いました?」

澪「いいいいやなんでもないぞ」アセアセ

澪「それよりも軽音部はどう? もう慣れた?」

純「はい。先輩方が親しみやすい方達ばかりでもうすっかり。それに梓も憂もいますから」

澪「それは良かった。わざわざ転部してもらって居心地悪かったんじゃ申し訳ないしね。あとは部員がもう一人入れば問題無いんだろうけど……」

純「大丈夫ですよ。先輩達が作った軽音部を私たちの代で潰させはしませんよ。そのために入ったんですから」

澪「…………」ウルウル

純「ど、どうしたんですか?」

澪「梓以外にもやっとまともに部活を考えてくれる人間が増えてくれて私は嬉しい……うっうっ」グシグシ

純(えー)
純「えー」

純「あ、声に出ちゃった」

純「それに、軽音部潰したら転部を許してくれたジャズ研のみんなにも顔が立ちませんからね」

澪「そうだよな……」

澪(純には一番酷な選択をさせてしまったのかも……)

純「来年にはムギ先輩のお菓子が食べられなくなると思うと胸が詰まります……」

澪「そうかー」


ピンポーン

憂「はぁい。あ、澪さんいらっしゃい。お姉ちゃん待ってましたよ~」ガチャ

澪「憂ちゃんこんにちは。おじゃまするね」

唯「澪ちゃ~ん。いらっしゃ~い♪」ギュッ

澪「こ、こら唯! 人前でこんな///」

憂「もーお姉ちゃんったら澪さん困らせたらダメだよ」

唯「だぁって待ち遠しかったんだもん///」

バタン

純「おいこら憂! ガン無視かよ!」

ガチャ

憂「冗談だよぉ。純ちゃんいらっしゃい」

純「勘弁してよ憂ー」

憂「もう少し用意に時間かかるから入って待っててね」

純「うん。憂のお部屋拝見だね」

憂「居間から出ないでね♪」



澪「いつも思うんだけどあれはどうなんだ?」

唯「あれはあれで仲がいいんだよぉ。中学からあんな感じだし」

澪「それならいいけど……」

唯「澪ちゃん……ん~っ……」

澪「だっだからこんなところで///」

唯「こんなところじゃなきゃいいの?」

澪「……うん///」

唯「じゃあお部屋行こお部屋♪」

唯「今日は泊まって行く?」

澪「うっ……。さっき純に聞いたんだけど、憂ちゃん今日は出掛けで泊まりなの?」

唯「そう……///」

澪「着替え持ってきてないんだけど……」

唯「全部貸してあげるよ。下着も///」

澪「……うん///」

憂「はいお茶だよ」

純「ありがと。しかし唯先輩と澪先輩はアレだね。見てて目に毒というかなんというか」

憂「そうだねもう見慣れちゃったよ」

純「…………」

純「そうそう。今日私んちで何やるー? 梓もいるし三人でゲームでもする?」

憂「え、梓ちゃん今日は用事でやっぱりこれないってさっきメールきたよ?」

純「えっ? 私知らないよ」

憂「今さっきだからメール見てみなよ」

純「えっと……、あ、ほんとだ。気付かなかった」

純「梓めぇ。ドタキャンか。今度会ったら覚えておけよ~」ギリギリ

憂「『今度会ったら覚えておけよ~ギリギリ。だって。気をつけてね梓ちゃん』っと送信」

純「なにメールしてるの!」

憂「え、だってどうせなら直接伝えたほうがいいと思って……」

プルルルル

純「わぁ梓からだ! もっもしもし?」

梓『純ごめん。でも私予定入るかもって言ったじゃん』

純「あれ? そうだっけ?」

梓『はぁ……純いつもそうだよ。とにかく今日はやっぱり予定外せなかったから行けないよ。また今度誘ってね』

純「あいよ~。んじゃまたね」

梓『あ、ごめん憂に代わって貰える?」

純「ああうん。憂ー。梓が代わってって」

憂「うん。もしもし梓ちゃん?」

憂「うん、うん。大丈夫だって。うん、それじゃね~」

純「梓なんだって?」

憂「純ちゃんのお世話よろしくって」

純「どういう立場なんだ私は……」


……

澪「おじゃましま、あいたっ」

澪「何これ。つまづいちゃったよ。壊れてないかな大丈夫?」

唯「あ、ごめんごめん。グマちゃん片付けるの忘れてたよ」

澪「グマちゃん? なんか物々しい形してるな。何に使うやつ?」

唯「お父さんが海外旅行のお土産でくれたんだぁ。暗号に使う機械だって。確か昔ドイツで使ってたとかなんとか」

唯「そんで一時期暗号解読にハマっちゃって」

澪「それであの手紙だったのか///」

唯「///」

唯「えいっ!」バッ

澪「ひゃっ!?」ドサッ

唯「も~澪ちゃんが恥ずかしいこと思い出させるから……」

澪「ゆ、唯? 今日は勉強……んっ」

唯「あとでするから……ね?」

澪「も、もう……唯……」

唯「いっぱい汗かいたら、一緒にお風呂入ろ?///」

澪「……うん///」


憂「純ちゃん用意できたよ~」

純「じゃあ行こうか。その前に唯先輩と澪先輩に挨拶してく」

ガッ

憂「いいよもう私がしてきたから」ニコッ

純「わっわかりましたっ!」ガクガク

純「家行く前にお昼どっかで食べてこうよ。夜はなんか作れるくらいに食材はあるから」

憂「いいよ。どこに行こうか」

純「ん~。この前は結構値が張るところに行っちゃったからなぁ。安くてお腹にたまる無難にファミレスはどうでしょう?」

憂「ファミレスかぁ。それならジャン・ダルジャンがいいかな」

純「高級レストランじゃないの!」

憂「え~私お姉ちゃんとそこにしか行ったことないもん」

純「うっうっ……いつの間にか憂が汚れキャラに」シクシク

憂「も~そんなに嫌だったら公園でハトの餌でも食べる?」

純「すっごい落差だね」

憂「だってほら、これ」

純「わっ、お弁当? わざわざ作ってくれたの!?」

憂「お姉ちゃん達に用意した食事の余り物だけどね」

純「ういーういー」



公園!

純「いやー晴れて良かったね」

憂「そうだね。空気が美味しいとご飯も美味しくなるね」

憂「はい、どうぞ」

純「えっ、なにこのぼそぼそのパンくずみたいなの」

憂「憂特製ハトの餌だよ」

純「おいしいなぁ」モソモソ

憂「純ちゃんごめんね本当に食べるとは思わなかったから」

純「いいよ分かってるから」モソモソ

憂「本当はこっちだよ、はい」

純「わっ、なんか気合い入ってない?」

憂「そうでもないよ」

純(どうみてもがっつり作ってるお弁当なんですけど……)

純「それではいっただきまーす」

純「うん、美味しいよ。さすが憂」モグモグ

憂「そ、そう。お茶いる?」

純「もぐもぐ」コクコク

憂「一度に食べ過ぎだよぉ」クスッ

純「らっておいしいんらもん。んぐんぐ。レストランで食べるよりおいしいかも」

憂「……もう」

純「パクパク。んがっぐっぐっ!? ん~!」

憂「純ちゃん? 喉に詰まったの?」

純「」コクコク

憂「だから言ったのに。えいっ」ズパンッ!

純「ゲフッ!」

純「う゛、憂、背骨が、ビリビリ……ずる……」

憂「はいお茶」

純「あ゛り゛がど、ゴクゴク。ふいー背中叩かれたときは死ぬかと思ったよ」

憂「うふふ。どういたしまして」



ゲーセン!

憂「純ちゃんこんな蹴るのできるの?」

純「いやー最近キックボクシングの漫画読んでやりたくなっちゃってね」

純「ていっ」

ポスッ

純「ありゃ。全然だめだ。もう一回……ていっ!」

ポスッ

純「あ、さっきよりいった」

憂「純ちゃんすごーい」

純「じゃあ別のやろうよ。憂は何したい?」

憂「クレーンゲームがいいかな。お菓子のやつ」

純「クレーンはあっちかな」テクテク

カップル女「なにあれダッサー。ねえ男君やってみてよ。ゲラゲラ」

カップル男「ガキがコレやってもしょうがねえってのな。ギャハハ」

憂「…………」

憂「あれ、もう一回残ってるや。えいっ」

ドゴンッ! ヴィー! ヴィー!

カップル男女「…………」

純「ういー。お菓子のクレーンあったよー」

憂「今行くー」

純「ん~……おっしゃ!」

カタン

憂「やったぁ。純ちゃんうまいね」

純「これくらいはねー。今までつぎ込んだお金は伊達じゃない!」

純「はい、憂。このプッキーあげるよ」

憂「わぁ。ありがとう純ちゃん。お姉ちゃん喜ぶよ」

純「ダメだよ」

憂「え?」

純「これは憂にあげたんだから、唯先輩にあげるのはダメ」

憂「う~……わかったよ」



服飾屋!

純「これなんかどうかな?」

憂「純ちゃん似合うよ~」

純「そうかな。じゃあこれは?」

憂「純ちゃん似合うよ~」

純「やっぱこっちにしようかなぁ」

憂「純ちゃん似合うよ~」

純「憂テキトーに言ってるでしょ?」

憂「そんなこと……ないよ……」

純「あからさまに言い淀まないでよ憂」

純「じゃあ憂の服選ぼうよ」

憂「私はいいよ。百着くらい持ってるから」

純「どうして私にだけそういう分かりやすい嘘つくのかな」

純「ほら、これなんてどう? 憂らしくて可愛いよ」

憂「え、そ、そうかなぁ」

純「憂ちゃん似合うよ~」

バキッメキャッ

憂「あれ、ここの床腐ってたのかな。敷石割れちゃった」

純「大変お似合いでございます」



CD屋

純「良い新譜出てないかな」

憂「あ、純ちゃんごめんお姉ちゃんから電話だ。ちょっとお店の外で話してくるね」

純「うんわかった」


憂「もしもしお姉ちゃん? え、お醤油とか調味料の場所? お醤油は冷蔵庫の中に入れてるよ。あと他の調味料は――」
憂「それでガス使うときは気をつけてね。もしよかったら澪さんに手伝って貰って――」
憂「お風呂はもう洗ってあるからお湯入れるだけだよ。給湯スイッチ押すだけだからね――」


純「憂おっそいなぁ」


憂「うん、うん、あ、携帯の電池切れそう。それじゃあね。あ、今日は帰らないから戸締まり気をつけて――」
プッ
憂「あ~切れちゃった。純ちゃんち行ったら充電借りよう」
憂「って話ながら歩いちゃった。戻らなきゃ」


純「待っててもこないし、店の中にはいないし、外にもいない……」

純「まーたお姉ちゃんの用事で帰っちゃったのかなぁ」

純「…………」

純「電話もメールも来ないし帰ったのは確定かな。私も帰ってから憂に電話するか」

~♪

憂「あれ、純ちゃんいない……?」

憂「店の中にも外の近くにもいなさそう」

憂「ちょっと近くに行っただけかもしれないし、動くとまた擦れ違うかもしれないから待ってようかな」

憂「…………」


2