律「うわっ、なんだお前!」

澪「私たちの遊びのじゃまするのか!」

紬「生意気な子!」


梓「亀をいじめるなんてひどいです!」

梓「早くあっちいってください!」

律「ちっ」

澪「しらけたな」

紬「いきましょ。ぷんぷん」


和「はーい。私スッポンモドキの和ちゃんチェケラッチョイ」

和「助けてくれてありがとう。お礼に竜宮城に案内するわ」

梓「えっほんとですか!?」


和「いいのよ」

梓「やったぁ! 竜宮城って伝説だとおもってたから嬉しいです!」



……


梓「    」ゴボゴボ

和「もうすぐつくわよ」

梓(息ができないです……)

和「たくさんもてなすわよ」

梓「    」



竜宮城


梓「    」プクプク

和「ついたわよ……あら?」

梓「    」

和「……も、もしかして」

唯「やっほー和ちゃんどしたのー」

和「あ、唯姫。いま私を助けてくれた勇敢な人を連れてきたんだけど」

唯「あ、溺れちゃった感じ?」

和「そうみたい。失敗したわ」

唯「だいじょうぶだよ~」

唯「ほら、こうして空気を」

チュウウウ

梓「っむがっ!」

唯「ん~♪」

梓「ふにゃっ、げほっげほっ」

梓「げぇえぇぇっほ!」

唯「大丈夫?」

梓「えっ、ここは……? あれ?」

和「ようこそ竜宮城へ」

唯「ようこそ~」

梓「あ、あの……私を助けてくれたんですか? ありがとうございます!」

和「それは私のセリフよ」

唯「和ちゃんをいじめっこたちから助けてくれてありがと~」

梓「あ、いえ……それはたまたま通りかかったから」

和「あなたお名前は?」

梓「浦島あずさです」

唯「へー、じゃああずにゃんでいっか! あだ名だよ!」

梓「……あ、はい」

唯「私は唯だよ~」

梓「唯さんですか」

和「この城の主である唯姫よ」

梓「唯姫!?」

唯「えへ~、よろしくね~」

梓「ひ、姫様じきじきに……あの、その……人工呼吸なんて……」

唯「困ったときはお互いさまだよ!」

梓「ありがとうございます……」

唯「さぁこっちへおいで。宴の準備をするからそれまで少し遊ぼうよ」



唯姫の部屋


唯「あずにゃんはこれに着替えるといいよ」

梓「あ、どもです」

唯「着せてあげよっか?」

梓「えっ!? いや、いいですよ」

唯「でも特別な服だから一人じゃ着れないよ?」

梓「あ、そうなんですか。そういうことなら」

唯「おっけー、うふふ」

ヌガセヌガセ

梓「にゃっ! 脱ぐのは一人でできます!」

唯「えへー、可愛いねー」

唯「こんな可愛いお客さん超ひさしぶりだよ」

梓「唯姫も……伝説のとおり美しいというか、可愛いというか……」

唯「ん? どうしたの? 顔が赤いよ?」

唯「あ、もしかして酸欠!? また人工呼吸しなきゃ!」

梓「ち、ちがいます!!」

梓「なんでもないです!」

唯「さて、着替え終わったらなにしようか」

梓「私はこの城の話がききたいです。いい土産話になるとおもうんで」

唯「じゃあ私は地上の話でもきかせてもらおうかなー」


……


梓「というわけで。たまたま通りかかっただけなんですよ」

唯「へー、あずにゃんは釣り人なんだー。和ちゃんラッキーだったねー」

梓「お魚すきなんですよ」

唯「魚たちたべちゃうんだ……」

梓「あっ、す、すいません唯姫のお友達……」

唯「ううん、いいの。私もたまに人間たべるし」

梓「え!?」

唯「うそうそ。ほんきにしないで」

梓「そ、そうなんですか……ほっ」

唯「でも別の意味でたべちゃいたいなぁあずにゃんのこと」

梓「えっ」

唯「ふっふっふ」ジリジリ

梓「にゃっ、にゃっ!?」

唯「た―べーちゃーうーぞー」

梓「にゃあああ!!」

憂「お姉ちゃん宴の準備できたよ」

唯「おっ、じゃあ残念だけど行きますかー」

梓「……た、たすかった」

唯「お楽しみは後ってことかー」

梓「ひっ」

憂「もうっ、お姉ちゃんったら。だめだよ地上の人を誘惑しちゃ」



宴会場


唯「あ、あずにゃんもう一献~♪」

梓「ぐびぐび」

唯「お、いい飲みっぷりだねぇ」

梓「んぐ、ふにゃぁ~~」

唯「さぁさぁどんどんお飲みになって~」

憂「お姉ちゃんが注がなくてもそんなの私がやるのに」

唯「憂はそのまま踊っててよー」

憂「そ、そう……わかった」くるくるー

梓「唯姫もどうぞ」

唯「お、すまんねぇ」

トクトク

唯「んぐ、んぐ……ぷはぁー!」

梓「このお酒おいしいです!」

唯「あずにゃんどんどん飲んでねー」

梓「んぐんぐぐびぐびふにゃああああ」

唯「おお、ぐでんぐでんだ!」

和「ちょっと唯姫。そのへんにしといたほうが」

唯「そ、そうだね! あずにゃんしっかり~」

梓「うにゃ……にゃがああああああ!!」

唯「うわぁ酒乱だ!!」

梓「なんですかあああ!! 魚のおやぶんのぶんざいでこの生意気なおっぱいはあああ!!」

ペシン

ポヨン

唯「んっ……ちょっ、あずにゃんっ」

梓「いいもんたべてるからでしょお!!」ペチペチ

唯「や……やめてよぉ……」

梓「とりゃとりゃ、ぜいたくにふくらんで!」

唯「うえーん和ちゃーん」

和「唯姫があんなに飲ませたせいよ」

梓「……うにゃ……ねむいです」ころん

唯「おや……?」

和「寝ちゃったわね」

唯「んー、膝重いよー」

梓「むにゃ……すうすう」

和「しばらくそうしといてあげれば?」

唯「うん……かわい」

ナデナデ

梓「……むにゃ」


……


梓「んー、頭いた……」

梓「あれ……ここどこ、暗い……」

唯「んー……あずにゃ……むにゃむにゃ」

梓「にゃっ! 唯姫! ちかっ!」

梓「ってなんでおんなじベッドで!」

唯「ふぁ……起きた? 酔いはさめたかな?」

梓「ちょっと頭いたいですけど……大丈夫……」

唯「えへ~、ふかふかだよ~」ギュウウ

梓「うー……なにするんですか」

唯「さっき言ってたお楽しみ時間だよ」

梓「お、おたのしみ!?」

唯「えへへ~」

梓「な、なにし……にゃあ!」

唯「えへ~、あずにゃんぎゅ~」

梓「ふぁ……あったか……」

唯「ん~、あずにゃん磯の香りがする~」

梓「唯姫はなんだか優しいいい匂いがします……」

唯「そっかあずにゃん海もぐってからそのままだもんね」

唯「お風呂はいらなきゃ!」

梓「え?」


2