梓「しました」

純「ふーん」

梓「しましたよ」

純「そっか! やるじゃん!」

梓「純も入るよね?」

純「えっ、なんで!?」

梓「え? 入らないの!? むしろそれが何で!? 唯先輩ファンクラブだよ!?」

純「だからなんで私が憂のお姉ちゃんファンクラブに入らないといけないのさ」

梓「裏切り者ぉ!」

純「え? 裏切りもなにも私はそもそも澪先輩に憧れてるし……澪先輩かっこいいよねー」

梓「唯先輩に抱きつかれたくせに! バカ純バカ純!」

純「な、なんなの……なんでそんな必死なの」

梓「だ、だって……」

憂「澪先輩のファンクラブに人数で負けたくないらしいよ」

純「あー……ってそれは無理でしょ」

梓「ひどい!」

憂「ひどい!  あやまって!」

純「ご、ごめん…………」

憂「純ちゃんも入ろうよ。楽しいよ!」

純「でも……」

純(あぁー……あんまり興味ないとか言ったら怒るんだろうなぁ)

純「てかさ、ファンクラブって何するの? どうせけいおん部がいつもやってるようなお茶会でしょ?」

梓「主な活動内容は~、はい会員NO.1詠唱して!」

憂「はい会長!」

憂「我々の活動目標は、写真をとったり録音したり、スキンシップをとりながらお姉ちゃんという存在に少しでも近づくことです!」

梓「そうだねそうだね。素晴らしいね」

純「す、すとーかー集団じゃん……ひぃっ!」

梓「違うよ! 愛でてるの!」

憂「うんうん! 実に生産的なファンクラブだよ!」

梓「えへへ、憂はわかってるね~、さすがゴールド会員!」

憂「えへへ~……」

憂(ま、ほぼ無理やり入らされたんだけどね……)


―――――回想――――――

梓「憂入るよね? ファンクラブ」

憂「え? ファ、ファンクラブって…………」

梓「はいるよね? はいるでしょ!? 唯先輩のこと大好きだもんね!」

憂(うっ、なんか嬉しそう……今更そういうのにはあんまり興味ないのに……)

憂「だ、大好きだけど……」

梓「でしょ!? ほらこれ、会員証だよ! かわいいでしょ!」

憂「うん……可愛いね」

憂(この手作り感……一生懸命つくったんだろうなぁ……)

梓「憂が入ってくれたら心強いよ~」ニコニコ

憂(こ、断れない! これ断ったら絶対傷つくよ!)

梓「えへへ~」

憂「は、入ります……はいらせてください」

――――――――――――


純「で、いま会員何人いるの?」

憂(そ、それは聞いちゃだめ~!)

梓「えっ!? ええっと……その……20人くらいかな!!」

憂(水増しした! 10倍に膨れ上がってるよ!)

純「わぉ、結構いるんだ。やるじゃん。じゃあそれで頑張れば?」

梓「うぅ……」ジワ

憂(あぁ……梓ちゃんが泣きそう……!)

純「なにさその顔。だから私あんまり興味が」

憂「じゅ、純ちゃん! お昼ごはん! 今日のお昼ごはんおごってあげるから!」

純「え!? マジ!? いいの!?」

憂「う、うん! だから……お願い! お願い~!」

純「そっかーそういうことなら~、し、しかたないな~あはは。焼きそばパンでいいよ!」

憂「うん……お昼に購買いこうね……」

憂(あぁ、私のお小遣い……)

梓「よっし! 会員ゲット! 憂ナイスだよ!」

憂「ありがとうございます会長……」

憂(なんて嬉しそうな……良かった……)

梓「純には早速会員証をあげよう。はい」

純「ん、ども……えぇ~こんな微妙なデザイン……あれ? 会員NO.2って……んあ?」

梓「あっ!」

憂「ぬ、抜け番なの! ついこの間会員NO.2が諸事情でやめちゃって!」

梓「そ、そうそう!」

憂「もうっ、梓ちゃんが見栄はるから……」ボソボソ

梓「ご、ごめん……」ボソッ

憂「なんですぐバレル嘘つくの」ボソッ

梓「だってぇ……」

純「あー、まぁどうでもいいんだけどさ。コレ特典とかあんの?」

梓「もちろんあるよ!」

憂「えっ、あるんだ……それ知らなかったなぁ」

梓「まず会員特典その①」

梓「会長であるわたしを通して憧れの唯先輩とおしゃべりできちゃいます」

憂「……」

純「ふーん」

梓「その②!」

梓「唯先輩グッズをプレゼントしちゃいます」

憂「……なにを勝手に」

純「プレゼント?」

梓「ただし! このプレゼントをゲットするには!」

梓「ファンクラブポイントを集めてもらいます!!」

純「うわぁめんどくさ」

憂「ポイント?」

梓「会員証の裏をみて!」

純「あっ、スタンプカードみたいになってるんだ」

梓「30ポイントあつめたらグッズと引換だよ」

憂「あぁこれスタンプカードのつもりだったんだ……ちっちゃいカレンダーかとおもった……」

梓「ポイントの集め方は2つ!」

梓「まず1つ目は唯先輩の写真をもってくること」

梓「それを私が鑑定して得点をつけるよ!」

梓「素晴らしい唯先輩なら一気に3ポイントあげちゃう!」

純「写真をとればいいんだ? 憂は超有利じゃん」

憂「う、うん……そうだね……」

梓「2つ目の方法は、私と唯先輩のふたりきりの時間をつくり出すのにさりげなく協力すること!」

純「あんたの私腹を肥やすためのファンクラブなのはわかった」

憂「梓ちゃん……そんなにお姉ちゃんのこと……」

梓「と、とにかく! ポイントを集めて! 交換!」

純「べつにグッズいらないんだけどな~」

梓「むぐ……」

純「写真とかとるのめんどくさいし……もう一個のほうはもっとめんどくさいし」

梓「な……そ、そんなことないよ……むぐ、憂は!? 憂はグッズほしいよね!?」

憂「私もそんなに……」

梓「うそぉ!? 手作りグッズだよ!」

憂「ならなおさら……あ、ごめ……」

梓「ちょっとまってよ! それじゃあ意味ないじゃん! 私なんのために夜更かししたの!」

純「しらないって……」

憂「……夜更かしして会員証がこの出来……」

梓「うぅ……ううう!!」

憂(あ、泣いちゃう……)

純「ちょ、まった! 泣かないの! まるで私らがいじめてるみたいじゃん!」

梓「ううああああ!! にゃああ!!」

憂「わ、わかった! 写真とってくるよ!」

純「ちょっと憂、あんたここで梓甘やかしたらどんどんつけあがるよ」ボソボソ

憂「で、でも……」


梓「うにゃあぁぁぁっぁ……唯先輩……唯先輩……」

梓「うぇぇぇん……せっかく、せっかくつくったのに……唯先輩……」


純「……」

憂「純ちゃん……私たち、大人にならなきゃ」

純「うん……少しくらいなら付き合ってあげよっか……」

梓「え!? ほんと!?」

純「なにケロっとしてんの」

憂「と、とりあえず明日家にある写真もってきてあげるよ」

梓「わー! ほんと!? ありがと!」

純「でさ、グッズってどんなの? みせてよ」

梓「それはポイントあつめてからのお楽しみ!」



翌日


梓「唯先輩可愛いよぉおお。憂ありがとー」

純「……もうかれこれ1時間もながめてるけど……」

憂「……それ一昨年くらいのかな」

梓「にゃああもうこの写真とか最高! えへへっへへ」

憂「うん。私もそれ結構好き」

梓「にひ、ニヤケ顔がおさまらないよ」

純「…………そうなんだ、じゃあ私ジャズ研いくね」

梓「ストップ!」

純「あーもう何よ! あんたのニヤケ面みてたら無性に腹立つんですけど!」

梓「この写真」スッ

純「ええい! その写真がどうした!」

梓「写真……コレ見て、これ……うふ、うへへ、えへへへへへっ」

純「……まぁ、可愛い寝顔だと思うよ……たぶん。涎の跡とか……」

梓「でしょ!? でしょおお!? 可愛いなあああ唯先輩っ」

純「梓のツボがわからない……」

梓「ふにゃあ! この半目のとかすごいね! 劇的瞬間を捉えられた唯先輩だね! ふふふ」

憂(こんなボツ写真で喜んでもらえるとは思わなかった……)

梓「ねぇ純! 他にもみる!? みるでしょ!?」

純(き、きもぉ……なにこのテンション、普段と全然違うじゃん)

純「別に特別見たいわけじゃないけど……」

梓「え? ……え? それ本気? 唯先輩写真を見たくないって本気?」

純「だ、だってそもそもそんなに興味ないし……」

梓「うそ、ファンクラブ会員としてありえないよ。純って変わってるね。もう部活行っていいよ」

梓「あーもっと写真ほしいよおお! 家中の棚を唯先輩アルバムで埋め尽くしたいいい!!」

憂「ま、またもってくるから……今日はそれで我慢して……」

純「じゃ、じゃあ会長……お大事に……」

梓「ああぁあ! 唯先輩唯先輩!」

憂「それで梓ちゃん。ポイントとやらは……」

梓「あ! 忘れてた!」

憂「……」

梓「じゃあ今日もってきてくれた写真をポイントに換算しまーす」

憂「お願いします」


梓「その前にもう一度鑑賞。んー、これは良い、これもいい。おぉやっぱこれもいい!」

梓「被写体がいいとカメラマンの腕どうであれやっぱブレないな~、さすが唯先輩!」

梓「いや、でもこの写真は……うふふ、うふふっへへへ」

梓「唯先輩……唯先輩……はぁ……にゃふ」


憂「早くして……この後夕飯のお買い物するから……」

梓「待ってね。あ、会員証だして」

憂「うん」

梓「じゃあスタンプ押しときまーす」


=゜w゜= =゜w゜= =゜w゜= =゜w゜= =゜w゜=


梓「はい5つでーす! おめでとー!」

憂「えっ!? なにこの変なスタンプ」

梓「猫だよ?」

憂「猫……あぁ、そっか」

梓「私は唯先輩のあずにゃんだからね」

憂「そ、そうだね……」

梓「じゃあ私そろそろけいおん部いこっと」

憂「悠長にこんなことしててよかったの?」

梓「いいの。今日は三年生のほうが遅い日だから」

憂「じゃあね。がんばってね会長」

梓「うん! 憂もがんばって写真とりまくってね!」

憂「わかったよ。家ではなるべく自然なお姉ちゃんを撮してみる」

梓「じゃあ私はラブラブツーショットでも撮っちゃおうかな、なんてね! えへへ」



部室


梓「皆さんもっと練習しましょうよ!」

律「へいへーい」

紬「でも今日はけっこういい感じじゃなかった?」

澪「うん。いまの演奏で90点くらいかな。梓もいい感じだった」

梓「だめですよ! ライブも近いんですし、しっかりしてください」

唯「えへぇ~あずにゃんは努力家だねぇ~」

梓「そうやってだらだらしてるから本番で急に飛んだりするんです!」

梓(こい……抱きついてこい……!! いつもどおり!!)

唯「もー怒っちゃってー、もーあずにゃんはー」

梓「唯先輩はいくらなんでもやる気なさすぎです!」

梓(こうやって個人的に煽っておくと……むふふ)

唯「えー、でもうまくいったじゃーん」

梓「きょ、今日はうまくいっても明日はわかりません」

梓(あと少しかな……)

唯「だって今日はもう疲れたよー」

梓「お茶のんで数回合わせただけじゃないですか! なんでそれだけで疲れるんですか」

唯「むぅ…………あ! そうだ!」

梓「はい?」

唯「体力補給~」ギュウウ

梓「んにゃ~」

梓(きたぁ! やった! ん~いい匂いふわふわあったか唯先輩!)

梓「んふぅー……」

唯「ぎゅー」

梓「あぁ……くるひっ、にゃっ!? おかしくなっちゃいます……」

唯「あずにゃ~ん」

梓「うへ、うへへへ……にへ」

梓(もー! 離してください! さっさと練習しますよ!!)

唯「なんか息荒いね?」

梓「にゃふー……あったかーい」

梓(ほら、暑いんで! 時間ももうあんまりないですよ!)

唯「あったかいよねー」

梓「にゃー……いい気持ち」

唯「だよねー」

梓(……あれ?)


2