……

『わたしね……あずにゃんのこと、好きなんだ』

『……違うよ、そういう好きじゃないよ。もちろんそういう意味もあるけど』

『私の「好き」はね、ラヴの意味での「好き」なんだ』

『……と、いうわけで、私こと平沢唯はレズビアンだったのでしたー!』

『わー』パチパチ

『……でもね、わかってるんだよ。』

『私が普通じゃないって、異常だって、気持ち悪いって』

『……うん、ありがとムギちゃん。でもそんなのキレイ言だよ』

『ムギちゃんたちはそう思ってくれるかもだけど、他の人はわからないでしょ?』

『……私だけならともかく、あずにゃんがそういう目で見られるのは耐えられないよ』

『あっ、あずにゃんが私のこと好きかどうかなんて知らないけどね』

『……とにかく、それであずにゃんと距離置こうと思ったら……』

『……失敗しちゃったっす、たはー』

『えっ……』

『違うよ、さわちゃん……』

『逃げてなんか……』

『……さわちゃんに何がわかるのさ!』

『私がどれだけ悩んで!どれだけ苦しんだか!』

『さわちゃんにも!ムギちゃんにもりっちゃんにも澪ちゃんにも!』

『わからないんだよ!』


……


唯「うえ゛っ……うえ゛えええええん」ボロ…ボロ…

澪「唯……」

憂「お姉ちゃん……」

梓「……」

さわ子「……唯ちゃん……」

唯「ごべえんなざあい……ごめ゛え゛んなざあい……」

律「なあ、唯」

唯「う゛えっ……ひっぐ……なに……?」

律「……悩んでることあるんだったら、相談してくれよ」

律「私ら……仲間、だろ?」

唯「……うえっ……ひっぐ……」

律「……それにさ、誰もそんなことで唯の事嫌いになったりしないよ」

律「……前に言っただろ?「みんな唯が大好き」って」

唯「でも……でもあずにゃんはぁ……」

澪「……なあ、唯。おかしいと思わないか?」

唯「グスッ……な、なにがぁ……?」

澪「梓に酷いこと言ってさ……そんなのバカ律の前で言ったら掴みかかってくると思わないか?」

唯「グスッ……?」

憂「……そうだよ、お姉ちゃん。そんなの私知ったら家で問い詰めるし、純ちゃんだって黙ってなんかいないよ」

紬「でもね、ある人が私たちに言ったのよ」

純「……「きっとなにかあるんです。だから唯先輩を責めないでください。私は唯先輩を信じたいんです」って」

純「「だって……私は唯先輩が……」」


「……純、そこまで言わなくていいよ」


唯「えっ……」

梓「……」

純「……ては、こりは失礼」

唯「……あずにゃん……?なんで……」

梓「……唯先輩なんか大嫌いです」

梓「……勝手に一人で悩んで……私の気持ちも知らないで……っ」ポロ…ポロ…

唯「あず……にゃ……ん?」

梓「最低ですっ!……唯先輩なんて最低ですっ……」ボロ…ボロ…

唯「あず……にゃあん……あずにゃあん……」ダキッ

梓「だっ……抱きつかないでください……わたしは……」

唯「ご……めんえ……」

梓「えっ……」

唯「ごめん……ねえ……ごめん……なさあい」ポロ…ポロ…

唯「おねがい……だから……けいおんぶ……やめないでえっ」ボロホ…゙ロ…

梓「……なんなんですか……私の事、嫌いなんでしょ?」クスッ

唯「っ……ぎらいなんがじゃないよ゛お……だいすき……だよおっ……!」


さわ子「……さ、私たちはそろそろお暇しておきましょ?」

ガチャ

和「……そろそろ人払い、終わっていいですか?」

さわ子「ありがとう、真鍋さん」

和「いえ……唯、大丈夫ですか?」

さわ子「……大丈夫よ。あの子は元々、裏表なんて無い性格なんだから」

和「……そうですね」


律「……さ、私たちも帰るか」

澪「え……でも……」

律「んー?なんだ澪。お前、練習してきたいのかー?」

澪「い、いや……そういう訳じゃないけど……」

律「……私さ、実は梓から話されてたんだ」

澪「……え?」

律「昨日の夜にさ、梓から電話かかってきてさ」

律「退部届け出して、アルバムの写真やら何やらをビリビリに破るところを唯に見せるんだってさ」

律「もしそれで唯が何も変わらなかったら……本当に辞めるつもりだったんだってさ」

澪「……じゃ、じゃあ今日律が何も言わなかったのって……」

律「演技、っていうのかな……」

律「いやー、でもアレ結構キツかったんだぜ?あんな顔で思い出の写真とかビリビリに破り捨てられてさ……」

律「わかってたけど……泣きそうになっちったよ」

澪「律……」

律「……あ、でも写真とかDVDとか全部コピーしてあるって言ってたぜ!だから大丈夫だよ」

澪「そっか……よかった……」グスッ

律「さて……おーい、梓!一緒に帰るか?」


梓「いえ、今日は遠慮しておきます。ここの掃除とかしてかなきゃいけませんし」

梓「それに……この甘えんぼさんと、ちょっと話があるんです」


唯「……んえ゛っ……グスッ……あまえんぼじゃ……ない……」


律「……だってさ」

澪「……そうだな」

律「よーし、ムギ!帰ろうぜー!」

紬「……」

澪「……ムギ?」

紬「……すてき……///」

澪「えっ」

律「あちゃー……」

紬「素敵……もっとみていたいわあ……///」ポワポワポワーン

律「……はいはい、かえりまちょうねームギちゃん」ガシッ

ズルズル

紬「あーん、りっちゃんもっと見たいー」ジタバタ

律「心配しなくても明日から嫌でも見れるよ……」ズルズル

澪「まったく……明日はちゃんと練習するんだぞ」


純「ふふっ、あーずさったら……あんなに唯先輩にベタベタしちゃって……」ニヤニヤ

純「この前まで「唯先輩に嫌われた」って教室で泣きそうになってたのにね」ニヤニヤ

憂「ふふっ……逆だよ純ちゃん」

純「逆?なにが?」

憂「あれ見て」スッ


梓「ほーら、甘えんぼせんぱいー。泣かないでくださーい」ナデナデ

唯「……だから、甘えんぼじゃ、ない……」

梓「ふふふ……」ナデナデ

唯「……」ギュッ


憂「……ね?」

純「あー……梓が……ははは……唯先輩を……」

憂「甘えてるお姉ちゃん可愛いよね///」テレテレ

純「あー……ははは……そうだね……」

純「……疲れた……。もう帰ろう……」

憂「うん、そうだね」ニコニコ

純「あずさー!わたしらもう帰るよ!」

梓「うん、ありがと憂、純」

純「あー、このゴミ袋どうする?」ガサッ

梓「うーん、ここに置いといて。私が持って帰るから」

純「あっそー。やれやれ……私らは何に来たんだか……」ガサッ

憂「ふふふ。梓ちゃん、また明日ね。お姉ちゃん、また後でね」ニコニコ

純「……いや、憂。今日は唯先輩帰ってこないかもよ……」

憂「ふえ?何で?」



バタン


梓「……静かになりましたね」

唯「……」

梓「……平沢先輩」

唯「……」

梓「私のだいっ嫌いな平沢せんぱいー。だいっ嫌いな中野ですよー」

唯「……やだ」

梓「ん?何がやだなんですか?」

唯「……そのいいかた、やだ」

梓「えー?でも私のこと嫌いなんでしょ?」

唯「……嫌いじゃ、ない」

梓「……私、いっつも偉そうなんでしょ?」

唯「……偉そうなんかじゃ、ない」

梓「後輩は私一人だから調子に乗ってるし」

唯「……乗ってなんか、ないよ。それに大事な後輩だもん……」

梓「……それに、私いつも平沢先輩のことバカにしてるらしいですし」

唯「……バカになんか、されてない。いっつも私に優しくしてくれる……」

梓「……唯先輩よりもちょっとギターや勉強もできるらしいですし……」

唯「……全然、やな事なんかじゃないよ。ちょっと悔しいけど……」

梓「……私の顔も嫌いなんでしょ?」

唯「……嫌いなんかじゃないよ、かわいい。とっても可愛い大好きなお顔」

梓「……他にも私の嫌いなところいっぱいあるんですよね?」

唯「……そんなところ、ないよ。あずにゃんの全部……だいすき」ギュッ


梓「っ……そういえば、私のすぐ泣いちゃうところとかも嫌いなんですよね?///」

唯「……そこは、ホントにちょっとやだ……」

梓「……!……へぇ……」

唯「……だって……わたし、いつもあずにゃんには笑っててほしいもん……」

梓「~っ……!///」


4