ダイナ「ぐあああああ!!」ドタッ

「オオオオオオオオ!!」


唯「あっ!」

憂「ダ、ダイナが!」


唯「行かなくちゃ!」

憂「行くってどこに? お姉ちゃんも避難しないと危ないよ!」

唯「でも、行かなくちゃ」

憂「だからどこに?」

唯「そ、それは……


「ギイイイイイイイイ!!!」

ドカアアアアアアアアン!!!


唯「ああっ!」

憂「ビルが崩れ……キャアアアアアアアア!!」

唯「……!」


ガラガラガラガラ――――――――――


憂「今度こそ死んだかも……」

憂「……」

憂「……?」

憂「……あれ? また生きてる?」

憂「!」


レオ「……」


憂「ウルトラマンレオ!」

憂「……」

憂「?」

レオ「……」

レオ「……」クルッ

レオ「や――――っ!」グッ

「オオオオオオオオオオ!!」

レオ(唯「や―――っ!」

ダイナ(律『唯!』

レオ(唯『後は私に任せて、りっちゃん!』

ダイナ(律『わかった』

フッ

レオ(唯『……よし』

レオ(唯『今度は、私が相手だよ!』

「オオオオオオオオ!!!」

レオ(唯「いや――――っ!」ドカッ

「ギイイイイ!!」バキッ


澪「よし、唯を援護だ!」カチッ

梓「了解です」カチッ


ビイイイイ! ビイイイイ!


ドドオオオオオオン!!!

ドーン! ドーン!

ヤーッ! ヤーッ! ィヤ―ッ!!


憂「レオが出てきて私を助けてくれた……」

憂「……」

憂「……でもそれと同時にお姉ちゃんが姿を消した」

憂「……」

憂「……もしかして」

憂「もしかしてウルトラマンレオは、お姉ちゃん……?」

澪「唯、こっちで怪獣の動きを止める! その隙にトドメを!」

レオ(唯『わかった!』

澪「スパイダーミサイル、シュート!」カチッ

梓「アビロックミサイル、シュート!」カチッ

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨ド!!!

「ギイイイイイイイ!!!」

澪「今だ!」

レオ(唯『うん!』

レオ(唯「や―――っ!!」

ダンッ

レオ(唯『レオキックでトドメだ!!』

シュピピピピピピ

「……オオオオオオオオ!!」ボカッ!

レオ(唯「!」

レオ(唯『うわあっ!』ドタッ


澪「レ、レオキックを途中で阻止するなんて……」

紬「澪ちゃん、よそ見しちゃダメ!」

澪「えっ……!」


ド――――――――ン!!!


梓「澪先輩!!」

レオ(唯『こ、このっ!』ブンッ

「オオオオオオ!」バキッ!

レオ(唯『うあっ!』ドタッ

紬「唯ちゃん!」

梓「スパイダーミサイル、シュート!」カチッ

┣¨┣¨┣¨┣¨ド!!!

「オオオオ!!」カッ!


バシュウウウウン!!


紬「か、火球っ!?」

梓「きゃあああああああ!!」

ドオオオオオオオオオオン!!


レオ(唯『ムギちゃん! あずにゃん!』

ドオオオオン!

憂「あ……あ……クロムチェスターが!」

「オオオオオオ!!」バキッ

レオ『うわあっ!』ドタッ


ピコンピコン


レオ「!」ピコンピコン

憂「レ、レオも危ない……!」

憂「……ということは、お姉ちゃんが、危ない!」

レオ「……!」ピコンピコン


憂「レオが危ない……お姉ちゃんが危ない」

憂「お姉ちゃんが……!」

憂「で、でも私には何も……」

「オオオオオオオオ!!」ガキッ

レオ『ぐっ……!』ピコンピコン


憂「お姉ちゃん!」

憂「……私……どうすれば……」


――――サーン!


憂「えっ……?」

憂「い、今のは……?」


――――――ニーサーン!


憂「もしかして……」


――――オニーサーン!


憂「これは……」


――レオニーサーン!


憂「ゆ、夢の……!」


レオ兄さーん!!

憂「こ、こんな時に……!」


レオ兄さーん!


憂「あなたは一体何者なの!」

レオ兄さーん!


憂「そのレオが、お姉ちゃんがピンチなんだよ!?」


レオ兄さーん!


「オオオオオオオオ!!」ゴガッ!

レオ『ああっ!』ドタッ


憂「お姉ちゃん!」


憂「お、お姉ちゃんが……」

憂「……」



憂「……ねぇ!」

憂「あなたが何者なのかはわからない」



憂「でも!」

憂「私はお姉ちゃんを助けたいの!」



憂「もし、夢の中にまで現れて私を呼んだ意味があるとしたら!」

憂「私に、力を貸して!」



憂「……」



憂「……アストラ!!」


レオ(唯『くぅ……っ!』ピコンピコン

レオ(唯『ど、どうすれば……』ピコンピコン

「オオオオオオ!!!」ブンッ

レオ(唯『ぐっ……!』ピコンピコン


「ヤ――――ッ!!!」


ド ガ ッ !!

「ギイイイ!」ドタッ

レオ(唯『えっ……?』ピコンピコン

アストラ「……」

アストラ(憂『お姉ちゃん、大丈夫?』

レオ(唯『う、憂!?』ピコンピコン

レオ(唯『ど、どうして憂が!?』ピコンピコン

アストラ(憂『そんなことより早くあいつを!』

レオ(唯『そ、そっか』

「オオオオオオオオ!!」

レオ(唯『いくよ、憂!』ピコンピコン

アストラ(憂『うん!』

唯憂「や―――っ!!」グッ

レオ(唯「ぇいっ!」ガキッ!

アストラ(憂「やぁっ!」ボガッ!

「オオオオ!!」

レオ(唯「ぃやあっ!」バキッ!

アストラ(憂「えぃっ!」ゴリッ!

「オオオオ!!」ドタッ

レオ(唯『今だよ!』

アストラ(憂『うん!』

唯憂「……」バッ

唯憂「やあ―――――っ!!!」バッ


ピロロロロロロ!!!!


唯憂『ウルトラダブルフラッシャ―――!!』

「ギイイイイイイイイイ!!!」


ドカアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!


律「で、何で憂ちゃんはアストラに変身できたんだ?」

唯「さあ?」

澪「さあって……」

紬「これからも変身できるの?」

唯「さあ?」

梓「……何にもわからないんですか?」

唯「だって憂本人がそう言うんだもん」

梓「えー……」



レオの弟アストラはどうして生きていたのか。どこから来たのか。そしてまたどこへ行くのか。それは誰も知らない

けど

唯の妹憂ちゃんは今日もまた平沢家で愉快で楽しい平和な日々を送っているのでした





そんな感じで
今日もみーんな救われた
ありがとう。放課後ティータイム、と憂ちゃん!


おしまい