澪「おい律っ、そろそろ練習するぞ!」

律「えーまだいいじゃん、あとちょっとだけだよー」

澪「駄目だ!さっきも同じこと言った!」

律「えー?・・・なあ、唯。そうだっけか?」

唯「うーん?覚えてないなー」

梓「律先輩と唯先輩・・・認知症ですか?」

紬「でも、そろそろ練習しないと!今日も楽器に触らないまま部活が終わっちゃう・・・」

唯「うーん、じゃあ仕方がないね」

澪「よし、やるぞ!」

律「待ってくれ。実は私・・・昨日からスネアの調子が悪いんだ」

梓「・・・また見え透いた嘘ですね」

澪「律」

律「なんだよ」

澪「こら」ゴスッ

律「いたい!」

澪「練習したくないのはわかった。・・・だけど、自分の楽器の調子が悪いだなんて嘘つくな!」

律「いっつ・・・」サスサス

澪「ほら、みんなセッティングしろー」

紬梓唯「はーい」




~♪~~~~♪



律「ふぃーつかれたー」

澪「・・・なあ、律。楽器の調子が悪いって・・・」

律「ああ、本当だぜ?」

梓「確かに今日はスネアの音が変でしたね・・・」

紬「りっちゃんのことだから、また冗談かと思っちゃった・・・ごめんなさい」シュン

律「いや、いいって。たいしたことじゃないし」

唯「そうだよ!ひごろのおこないだよ!」

律「買って1年のギターをヴィンテージギターに間違われたお前にだけは言われたくねぇぇ!」

唯「えー」ブーブー

澪「ま、一理あるな。というわけで梓、律に言ってやれ」

梓「日ごろの行いが悪いからですよ、律先輩。ある意味自業自得です」

律「ひでぇ!」

紬「でも、それって修理できるの?」
律「だからたいしたことないって。ヘッド換えればすぐに元通りだ」

澪「予備は?家にあるのか?」ゴソゴソ

律「うんにゃ、あれ結構高いからなー。今日の帰りに楽器屋で買ってくよ」

唯「そっかー、じゃあ今日の帰り道はりっちゃんだけ逆方向だね」ゴソゴソ

律「おう、私がいないからって、寂しくて泣くなよー?」ニヤニヤ

梓「・・・それ、誰に言ってるんですか?」ゴソゴソ

律「いい加減泣くぞ、本当に」

梓「はいはい」ブチンッ


一同「へっ?」

澪「・・・今の音・・・まさか・・・」

梓「・・・6弦が切れました」

唯「ギターは大切に仕舞わないと駄目だよーあずにゃん」

律「ぷぷっ、日ごろの行い、だな?」ニヤニヤ

梓「・・・う、うっさいです」
律「んで?日ごろの行いが悪い梓ちゃんは換えの弦は持ってるのか?」

梓「しつこいですねー!・・・持ってないです」

紬「でもよかったじゃない、今日ならりっちゃんと一緒よ?」

梓「なっ!///どういう意味ですかっ!///」

紬「どういうって・・・一人で行くよりもいいんじゃない?」

梓「うっ・・・そ、そうですね」

律「お、やっぱ梓は寂しがりか、よしよし、律先輩が一緒に行ってやるからなー?」

梓「あ、結構です。是非離れて歩いてください」

律「さっきからひでぇな!?」

唯「ほらー、早く帰ろうよー?」

澪「そうだな」



校門前

澪「それじゃ、また明日な」

唯「遅くなったら駄目だよー?」ヒラヒラ

律「私は不良娘か!」

梓「まあ、そうですね。不良品的な意味で」

律「だから、どうしてお前は私にだけそんなに毒舌なんだ!」

紬「うふふ、それじゃまた明日ね」クスクス

律「おう!またなー!」ヒラヒラ

梓「さようならー!」



律「んで、梓さんや」

梓「・・・」

律「おい」

梓「「・・・」

律「本当に離れて歩くなよ!!」

梓「・・・一緒に歩いて欲しいんですか?」

律「あーもう。そーだよ、私と一緒に歩いてください、梓さん」

梓「しょうがないですね・・・」フフン

律「お前ってやつは・・・」ガックリ

梓「ん?なんですか?」

律「なんでもねぇよーだ」

梓「なんでもないなら口を開かないで下さいよ」ハァ・・・

律「うっせー!」

梓「律先輩には言われたくないです」

律「へいへーい」

律「それにしても・・・ギターの弦の換えくらい持っとけよー」

梓「なんですか。しょうがないじゃないですか」

律「ふーん?案外抜けてんだなー?そういうとこ」ヤーイ

梓「うっさいですねー!ギターの弦の換えくらい持ってますよ!」イラッ

律「うわ、怒った!おっかねー!」

梓「先輩が怒らせるんじゃないですかっ」

律「あーわりぃわりぃ」

梓「悪いと思ってないでしょう?」

律「えへへー」

梓「可愛く言っても駄目ですから」

律「・・・」テクテク

梓「・・・」テクテク

律「って、おい。弦の換え、持ってんのかよっ」

梓「あ゛」

律「なぁ、どうなんだよ」

梓「持ってますけど、それがなんですか」

律「うわ、逆ギレかよ」コワー

梓「どっちにしろ、ストックは1本しかありませんから」

律「ほう?」

梓「だから、どっちみち買わないと駄目だったんですって」

律「ふーん?」

梓「別に・・・別に、律先輩と一緒にいたくてついてきてるわけじゃないです」

律「そっかそっか」

梓「・・・さっきからなんですか、その適当な相槌」

律「へ?適当だったか?そりゃ悪かったなー」ニヤニヤ

梓「・・・くっそぉ・・・///」



楽器屋

梓「律先輩ー?まだですか?」

律「・・・ああ、もうちょっと待ってくれ」

梓「そんなの適当でいいじゃないですか」

律「なっ・・・!梓こそもう済んだのかよ」

梓「ええ」

律「なあ、なんでそのメーカーなんだ?あれでもいいじゃないか」

梓「だ、駄目ですっ!こだわりがるんですよ、こだわりが!」

律「私も一緒だっつーの。だから、もうちょっと待っててくれ。な?」

梓「むー・・・そういうことなら仕方がないです」

律「うーむ・・・」ジー

梓(律先輩の真面目な横顔・・・かなりレアかも)

梓(これでカチューシャ取ってくれたら最高なのになぁ・・・)

梓(・・・何かの間違いでカチューシャ消滅しないかな、マジで)

律「こっちのがいいよな・・・でも、このメーカーのも試してみたいんだよな・・・」ブツブツ

梓(律先輩は普段からもっとこういう表情をするべきだと思う)

律「うーん、やっぱコレにしよう」

梓「・・・」ポー

律「梓ー?決まったぞー?」

梓「・・・へっ!?」

律「おい大丈夫かー?だから、私も選び終わったってば」

梓「そそそうですか///」

律「・・・?変なヤツ」

梓「とととりあえずレジに行きましょうか」

律「?ああ、そうだな」テクテク

梓「律先輩にも楽器に対するこだわりなんてあったんですね?・・・ちょっと意外です」

律「なにぃー?私ほどこだわりを持ってるヤツなんて、そうそういないぞ?」

梓「そうなんですか?」

律「ああ、スティックだってこの型式じゃないとヤダ!ってのがあるし、スナッピーだってなー・・・」

梓「うわー・・・なんか、本当に意外です」

律「おう、尊敬していいぞ!」エッヘン!

梓「それで、悩みに悩んだヘッドにはどういうこだわりが?」

律「これが一番安かった!」

梓「返せ。私の尊敬の意を今すぐ返せ」



帰り道

梓「先輩はどうするんですか?」

律「へ?何が?」

梓「チューニングですよ、チューニング」

律「あー。チューニングは明日の放課後やろうと思ってるよ」

梓「そうですか(・・・私も明日の放課後一緒にチューニングしよう、そうしよう)」

律「いいよなー梓は」

梓「へ?」

律「だってギターは持ち歩けるだろ?」

梓「それが何か?」

律「だから、今日帰ったらすぐにチューニング出来るじゃん!」

梓「え・・・えぇ!(ちきしょう!)」

律「ほんと、羨ましいぜ」

梓「あ、でも・・・今から学校に寄って、スネアだけ持って帰ってくるとか・・・どうです?」

律「あー、その手もあるな」

梓「じゃあ今から行きましょうよ、どうせ通り道ですし」

律「おう。・・・うーん、やっぱ駄目だ」

梓「どうしてですか?」

律「よく考えたら、ヘッドの張替えは確かに家でも出来るけど・・・チューニングまではどっちみち家じゃ出来ないや」

梓「へ?音がうるさいからですか?」

律「いいや、タムやバスドラの音とバランス取りながらチューニングしたいんだ。いつもそうだし」

梓「そうですか・・・(なんだかんだ言って、こだわり持ってるんじゃん。ちょっと見直しちゃった)」

律「残念だったなー?」

梓「何がです?」

律「私と二人きりの時間を少しでも延ばしたかったのはわかる、わかるぞー梓」

梓「・・・言ってろです」ハァ

律「ひでぇ」


律「・・・なぁ、梓?」

梓「はい?」

律「ドラムのチューニングって見たことあるか?」

梓「ちょっとしたものならあります。・・・ただ、ヘッドの交換からは見たことがないですね」

律「じゃあさ、明日の放課後、梓も音楽室来いよ」

梓「へ?いいんですか?///」

律「あぁ」

梓「えへへ///」

律「嬉しい?」

梓「・・・嬉しくないこともないです」

律「素直じゃないな、梓は」

梓「・・・自分でもわかってますよっ」

律「それにしても、明日からテスト期間で部活休みだっつーのに・・・タイミング悪かったなー」

梓「まぁまぁ、いいじゃないですか。そうだ、明日はこっそり特訓でもしたらどうですか?」

律「う゛・・・いいの、ドラマーは走ってなんぼだ!」

梓「いや、その認識間違ってるから」

律「梓は、私のドラム・・・嫌いか?」

梓「・・・好きですよ」

律「そっか、よかった!」

梓「ええ、ドラム『は』」

律「やっぱりお前は酷いヤツだ・・・」



次の日の放課後

律「おー来たなー?」

梓「はい、っていうか先輩、早かったですね」

律「おう!早めにHRが終わったんだよ」

梓「そうだったんですか」

律「よし、んじゃ始めるか」

梓「丁度今からだったんですか、間に合ってよかったです」

律「おいおい、梓が来るまで待ってたんだぞー?」

梓「あれ・・・すみません」

律「いいっていいって。そんじゃやりますかー」


律「よっと・・・」カチャカチャ

梓「へー、ドラムってこうなってるんですか」

律「あれ?知らなかったのか?」

梓「ええ、分解してるところ初めて見ました」

律「へー、そりゃ意外だな」

梓「そうですか?」

律「ああ、梓ん家ってお父さんがプロのミュージシャンだろ?」

梓「え、ええ、まあ」

律「だからこういうのも知ってるんだと思ってた」

梓「買いかぶりすぎですって」

律「うーん、そうかぁ?」カチャカチャ

律「・・・」ガチャガチャ

梓(・・・二日連続でこんな横顔見れるなんて、ラッキーだな)

律「・・・えっと・・・」カチャカチャ

梓「本当に、黙ってればかっこいいのに・・・」ボソッ

律「へ?なんか言ったか?」

梓「黙っててください」

律「」

律「まあ、いいか」カチャカチャ

梓(本当にカチューシャ邪魔だな・・・)

律「ふぅ・・・」ファサ

梓(!?!?!?)

律「ん?どうした?」

梓「なななんでカチューシャ取るですか///」

律「なんでカタコトなんだよ・・・これは、なんか汗かいてきちゃってさ」タハハ

律「ま、すぐつけるけどな」

梓「待ったぁ!!」

律「へ?」



2