澪「あ、新しい怪獣が地中から!!」

紬「あれは、……地底怪獣グドン!」


律「グドン? 愚かでのろまなのか?」

澪「それは愚鈍」

紬「ええ。地底怪獣グドンは決して愚かでものろまでもないわ」

紬「両腕のムチを振るって暴れる恐ろしい怪獣よ」

紬「そして……」

唯「そして?」

紬「ツインテールの天敵として知られているわ」

唯「てんてき?」

澪「つまりツインテはグドンの餌ってことだよ」

唯「なるほどー」

律「ん? じゃあツインテがいる間はグドンを味方として扱っていいのか?」

紬「ダメよ」

唯律「?」

紬「いい? 確かにグドンはツインテールを捕食するけど、ツインテールは決してただ食べられるほど弱くはないの」

紬「幸いこの辺り一帯に人はいないけど、お互いの殺し合いは間違いなく周囲に甚大な被害を与えるわ」

澪「ま、まさか帝王(笑)はそれを狙ってわざわざツインテールの卵を……」

恵「その通り!」

恵「言ったでしょ? 私の計画は完璧で隙がないのよ」

恵「破壊活動ひとつにしても最も効率的な方法をとるに決まってるじゃない!」

律「くそっ! なんてこざかしい奴だ!」

唯「帝王(笑)のくせに!」

恵「アハハハハハ! 負け犬の遠吠えにしか聞こえないわよ!」

恵「さあ! 2匹共、メビウスを倒しなさい!!」

ツインテ「ギィヤアアア!」

グドン「グゥアアアア!」

メビウス(梓『くっ!』


ピコーン ピコーン ピコーン ピコーン――――


メビウス(梓『あっ!!』ピコンピコン

唯「カ、カラータイマーが!」

澪「律、どうする!」

律「仕方ない……。ムギ、変身して梓を援護してくれ!」

紬「わかったわ!」



紬「タロウ――――!」バッ

ギュイーン

タロウ(紬「たぁーっ!」


メビウス(梓『ムギ先輩!』ピコンピコン

タロウ(紬『梓ちゃん。私たちはグドンを倒すわよ』

メビウス(梓『はい!』ピコンピコン

メビウス(梓「せやーっ!」ピコンピコン

タロウ(紬「でやーっ!」

グドン「グゥアアア!」




メビウス(梓『いきます!』

メビウス(梓『メビュームブレード!』シャキーン


タロウ(紬「……」

メビウス(梓『どうかしました?』

タロウ(紬『武器いいなぁ、って思って……』

メビウス(梓『……ムギ先輩にはタロウブレスレッドもキングブレスレッドもあるじゃないですか』

タロウ(紬『だってあれ剣じゃないし……』

メビウス(梓『えー』

メビウス(梓『と、とにかくいきますよ!』

メビウス(梓『や――っ!』ピコンピコン


    ズ バ ッ


グドン「グアアアア!!」ジタバタ

タロウ(紬『よし! 右のムチはなくなったわ!』

タロウ(紬『このチャンスに近接戦を!』ダッ

グドン「!」

グドン「グゥアア!」バシッ

タロウ(紬『きゃあっ!』

メビウス(梓『ムギ先輩!』

ビシッ バシッ ビシッ バシッ


グドン「グアアアア!」バシッ

タロウ(紬『がっ!……ぐぅっ!』

メビウス(梓『止めろ――!』キュピーン

タロウ(紬『梓ちゃん、待って!』

メビウス(梓『ムギ先輩!』

タロウ(紬『私なら大丈夫よ』

メビウス(梓『そんな!』

タロウ(紬『むしろ叩かれることが快感になってくるわ!』バーン

メビウス(梓『……はい?』ピコンピコン

律「よーし。私たちはこのままチェスターでツインテを倒すぞ!」

唯「りっちゃん」

律「どした」

唯「いくら弱ってるとはいえ、ストライクバニッシャーじゃツインテールにはトドメをさせないんじゃないかな?」

澪「確かに」

律「ふっふっふっ……。そう言うと思ってもう援軍は呼んであるのさ」

唯澪「援軍?」


キィ――――――――ン

和「私まだ生徒会の仕事残ってるんだけどなあ……」



唯「和ちゃん!」

澪「あれはチェスターδ……。じゃあ!」

律「ああ。ハイパーストライクフォーメーションだ!」


律「いくぞ。ハイパーストライクフォーメーション!」

唯澪和「りょーかい!」


ウィーン ガシャン! ガシャーン! ガキーン!


律「ハイパーストライクチェスターの完成だ!」

和「実は初合体なんじゃない?」

唯「りっちゃん、ツインテにトドメを!」

律「おう!」

律「澪。ハイパーストライクバニッシャー発射!」

澪「りょーかい」カチッ


ビイイイイイイイイイイ!!!!


ツインテ「!」


ズドオオオオオオオオン!!!!



和「ツインテール撃破!」

律「よっしゃあ!」


ビシッ! バシッ!


グドン「グゥアアア!」ビシッ

タロウ(紬『くぅっ!』

メビウス(梓「……」ピコンピコン

グドン「グアアア!!」バシッ

タロウ(紬『うあっ!!』

メビウス(梓「……」ピコンピコン

メビウス(梓『……いい加減にしないとメビュームダイナマイトでグドンもろとも消し炭にしますよ?』ピコンピコン

タロウ(紬『……えっ? あっ! ごめんなさい!』

タロウ(紬「でやーっ!」バキッ

グドン「グアア!」

タロウ(紬『チャンス! たぁ――っ!」


シュピピピピ シュピピピピ シュピピピピ


タロウ(紬「でや――っ!」


バキイイイイイ!!!!


グドン「グウアアア!」

メビウス(梓『あ、あれはスワローキック! 要は跳び蹴り!!』

タロウ(紬『そんな身も蓋もないこと言わないで!』


タロウ(紬『トドメよ!』

メビウス(梓『はい!』ピコンピコン


タロウ(紬 『ネオストリウム光線!』バッ
メビウス(梓『メビュームシュート!』バッ


ビィイイイイイイイイイイ!!!!!


グドン「ガアアアア!!!」


ドォオオオオオオオオオン!!!!!

 ズドーン!

         ドーン!


恵「そ、そんな……」


シュウウウウウン


恵「!」

唯「帝王(笑)さん、ようやく決着の時ですね」スタスタ

律「どうする? メリケンサックで私たちと戦うか?」スタスタ

恵「くっ……!」バッ

フッ

帝王「……」

澪「こ、これが帝王(笑)の本当の姿……」

和「……けっこう不細工ね」

帝王「だ、黙れ!」

帝王「覚えてろ! 私は再び地球へやって来てお前たちを皆殺しにしてやるからな!!」

唯「帝王(笑)ったら逃げる気マンマンだよ、りっちゃん」

律「しょせん負け犬なのさ」

帝王「黙れ黙れ!」

帝王「さらばだ、下等な人間共! 来るべき復讐の時に怯えていろ!!」バッ


バヒュ――――ン


唯「飛んで逃げた!」

帝王「ハーッハッハッハッハッ!!!」ヒュー




タロウ(紬「……」

メビウス(梓『どうしたんですか? 早くみんなの所に行きましょうよ』ピコンピコン

タロウ(紬「……」バッ

メビウス(梓『へ?』


タロウ(紬『去るもの逃がさず! 昭和ウルトラの恐ろしさを思い知りなさい!』

タロウ(紬「ストリウム光線!!」


ビイイイイイイイイイイイ!!!!


帝王「……!?」

帝王「なっ! ば、馬鹿な……ぁ……ああ!!」

(笑)「ぐわあああああああああ!!!」


ドカアアアアアアアアン!!


こうして宇宙の帝王(笑)バド星人の侵略計画は、人々が知らぬ間に頓挫したのだった
そして悪の計画を挫いたHTTは帰路に着いていた


バシ――――――――ュン


律「あっはっはっ。今日は楽勝だったなあ」

和「今日の相手は帝王(笑)だったんだから当然といえば当然だけどね」

澪「いやいや油断は禁物だろ」

紬「でも私たちが力を合わせれば侵略者なんて目じゃないわ」

唯「そうそう。だから早く帰ってティータイムの続きしよ!」

梓「……あ―――――!!!!」


唯「い、いきなりどうしたの、あずにゃん?」

梓「律先輩! スピードを、もっとスピード出してください!」

律「はぁ?」

梓「完全に忘れてました! 私、部室にたい焼き置いて来たんですよ!!」

澪「そういえば……」

紬「そうだったわね……」

梓「早く早く!」

律「む、無茶言うな。これがMAXだよ」

梓「早く早く早く!!」


バシュ――――――――ン


シュウウウウン

梓「着いた!」ダッ

和「廊下は走っちゃダメよー」

しかし和の言葉は梓の耳には届いていなかった
あの瞬間、梓は風だったのだ。たい焼きのために廊下を駆け巡る一陣の風
そして瞬く間に部室に到着した!


バタンッ

梓「たい焼き!!!」

さわ子「あら、おかえりー」モグモグ

梓「先生! ……ん?」

さわ子「?」モグモグ

梓「……先生、なに食べてるんですか?」

さわ子「なにって、たい焼きだけど?」モグモグ

梓「……は?」

さわ子「え?」モグモグ


この後

梓がメビュームダイナマイトでさわ子を亡き者にしようとするのを止めるため一悶着あったのは言うまでもない

眉の太い金髪少女の証言によれば
粒あんのあんこが尻尾まで詰まってないタイプのたい焼きを持ってくるまで
梓の瞳からは血の涙が滝のように流れていたという……





こんな感じで

今日もみーんな救われた
ありがとう、放課後ティータイム!




9