憂「・・・恥ずかしいから、あまりそういうこと言わないで下さい・・・///」

律「お、おう・・・///」

憂「やっぱり、そういうことですよね・・・?」

律「わ、私もそういうのには疎いけど・・・多分、そうだと思うぞ?」

憂「・・・薄々感づいてはいたんですが・・・やっぱり、そうなんだ///」

律「えっと・・・///」

憂「すみません・・・好きになんかなったりして、迷惑ですよね」

律「・・・そんなこと、ないよ」

憂「律さん」

律「うん?」

憂「あまり、期待させるようなこと、言わないで下さい・・・」

律「ごめん・・・」

憂「あーもう!」

律「うお!」ビクッ

憂「あ、すみません」

律「いや、いいけど・・・どうしたの?」

憂「いいえ、なんだか大きい声出したい気分だったんです」

律「憂ちゃんでもそんなことってあるんだなー」

憂「ええ。ごくたまに、ですけどね」クスクス

律「あのさ、憂ちゃん」

憂「なんですか?」

律「私な、昨日唯に『憂はりっちゃんのこと苦手だよ』なんて言われて、かなり凹んでたんだ」

憂「ええぇぇぇ!?!?その言い方、ちょと御幣がありません?」

律「ああ。私、憂ちゃんに嫌われてるのかと思ったぜ」

憂「うぅ・・・苦手だけど、その・・・大好きですよ・・・?///」

律「そ、そっか///」

憂「はい///」

律「そそそれでな、さっき憂ちゃんが自分の気持ち、打ち明けてくれただろ?」

憂「う・・・///は、はい」

律「本当に、すげー嬉しかった」

憂「そう、ですか」

律「ああ、私も憂ちゃんのこと、大好きだからさ」

憂「へ?///」

律「あ、いや///」

憂「だから、期待しちゃうからやめてくださいって、そういうの」

律「・・・憂ちゃん?」

憂「はい?」

律「・・・期待、していいぜ?」

憂「~~~!!///」

律「私な、ずっと憂ちゃんみたいな妹が欲しいなーって思ってたんだ」

憂「私みたいな、妹、ですか?」

律「ああ。私は弟しかいないから、姉妹ってのが無性に羨ましくなるときがあるんだよ」

憂「そうなんですか」

律「でもな、憂ちゃんに会ってからずっと『憂ちゃんみたいな妹が欲しいなー』って思ってたんだよ」

憂「そ、そうですか・・・///」

律「これがどういうことだかわかる?」

憂「・・・あまり、ピンときません」

律「最近気付いたんだ。私、憂ちゃんに一目惚れしたんだって」

憂「・・・はい?///」

律「なんて言っても信じてくれないだろ?」

憂「う・・・」

律「いいよ、私だって最初は信じられなかったしな」

憂「・・・むしろ、信じていいんですか?」

律「・・・うん」

憂「信じますよ?」

律「ああ」

憂「澪さんじゃなくていいんですか?」

律「女子高に入ってからよく勘違いされるけど、あいつは親友だって」

憂「・・・私でいいんですか?」

律「憂ちゃん以外、ありえないって」

憂「・・・!!」ダキッ

律「わ!?」

憂「~~!!」ギュー

律「ちょ、ちょっと、憂ちゃん・・・苦しいって」ナデナデ

憂「律さん・・・」ギュー

律「んー?なんだー?」ヨシヨシ

憂「本当に・・・大好きっ・・・!!」

律「うん、わかってるって」ニシシ

憂「律さん、あの・・・」

律「なんだよー(憂ちゃん、いい匂いすんなー)」

憂「私、絶対いいお嫁さんになりますね!」

律「えーじゃあ私は?私だって一応女だぞ?」

憂「そっか、お婿さんじゃないですね・・・」

律「しかも家事なんて出来ないぞ?料理しようとしたらきっと火事になるぞ?」

憂「うーん、じゃあ私はいいお嫁さんになるんで、律さんは駄目なお嫁さんになってください!」

律「駄目なお嫁さんって・・・!!!」ガーン

憂「冗談ですよ」クスクス

律「さてと・・・んじゃ、そろそろみんなのところに戻るか!」

憂「・・・はい!」



律「うぃーっす」ガチャ

澪「お!律!」

唯「りっちゃん!憂はどうだった?」

憂「どうだったって、何が?」

梓「って、憂ぃぃ!?」

憂「えへへ、この度はどうもお騒がせしました」ペコ

紬「・・・えっと?」

律「私たち、ちゃんと仲直りできだぜ!」

唯「本当に!?よかったー」

律「おう!みんな、ありがとな!」


澪「んー?なんだ、律。ヤケに嬉しそうだな?」

律「そそそそりゃ憂ちゃんと仲直り出来て嬉しくないわけがないだろー!?」

澪「ま、そういうことにしておいてやるよ」ニヤニヤ

律「くっそー///」

紬「りっちゃん、憂ちゃんと何かあったのね!?」

律「なななんもねーって!な、憂ちゃん!?」

憂「はい、本当に何もありませんよ?」ニコッ

唯「・・・なんか怪しいなぁ」ボソッ

紬「くっ・・・!」ダラァー

梓「ムギ先輩が悔しさのあまり血の涙を・・・!!!」

律「だだだからなんもないって!ほら、みんなでおしゃべりしようぜ?」

唯「うん!」



その日の夜

唯「みんな帰っちゃったねー?」

憂「うん。賑やかだっただけに、ちょっと寂しいね」

唯「・・・ねえ、りっちゃんと何があったの?」

憂「へっ!?な、何もないよ?」

唯「ぁゃしぃ」ジー

憂「そんなことないって、ほらお姉ちゃんお風呂入っておいでよ!」アセアセ

唯「ぶー、わかったよー」ガチャ

憂「ほっ・・・」

唯「憂?」

憂「へ?お姉ちゃん?」

唯「・・・よかったね、おめでとう」バタン

憂「・・・!」



次の日~屋上~


澪「んで、昨日はどうしたんだ?」

律「だ、だからなんでもねぇっての・・・」

澪「何があったのかは大体わかるけど、これだけ言わせてくれ」

律「なんだよ」

澪「・・・おめでとう」

律「!お、おう・・・///」

澪「でもまさか律と憂ちゃんが付き合うとはなー」

律「つつつ付き合ってねー!///」

澪「え?じゃあずっとこのままなのか?」

律「うっ・・・いや、付き合ってるようなもんかもしれないけど・・・///」

澪「だろ?でもホント、ビックリしたよ」

律「なにがだよ」

澪「私、律は唯狙いなのかと思ってたからさ」

律「ね、狙いってなんだよ、狙いって・・・」

澪「だって一時期、唯の家が好き!なんて言ってただろ?」

律「あ、ああー言ってたな、そんなこと」

澪「だからてっきり唯のことが好きなんだと思ってた」

律「私は憂ちゃんに一目惚れだっつの。でも・・・」

澪「なんだよ」

律「私も、最初は自分の気持ちがわからなくて唯のことが好きなのか憂ちゃんのことなのかわからなかった」

澪「うん」

律「唯の話聞くのはすっげー楽しいし。・・・でも」

澪「でも?」


律「唯だと思ったら憂ちゃんだった」


律「・・・よく考えたら、私は唯がしてくれる憂ちゃんの話に興味津々だったのかなーなんて」

澪「なるほどな」

律「それに、憂ちゃんってばすげーいい匂いするんだぞ!?」

澪「なっ!いきなりノロケるな!」

律「へへーん、悔しかったらお前も早く唯とくっつけよ!」

澪「よよよよ余計なお世話だ!///」

律「大丈夫大丈夫、私たちがサポートしてやるって!」

澪「ほ、本当か?///」

律「ああ、澪!私はお前のなんだ!言ってみろ!」


澪「奴隷」

律「そう!奴隷!って、違うだろぉぉ!!」

澪「あははは、ごめんごめん!・・・親友だよ」

律「そう!親友と好きな人の妹が味方なんだぞー?向かうところ敵なしだ!」

澪「そうかなー?」

律「おう!勝ったも同然だろ!」

澪「ま、期待しないでおくよ」

律「なんだとー!」プンスカ

澪「ほら、そろそろ行けよ」

律「へっ?・・・って!もうこんな時間かよ!」

澪「午前中は部活で午後は映画館でデートか、全く・・・有意義な日曜日だな?」

律「ううううるへー!///」

澪「それじゃ、私も行くかな」

律「・・・って、へ?どこに?」

澪「今日は唯と約束があるんだ」

律「マジか!やったじゃん!どこ行くんだよ?」

澪「へ?どこって・・・映画館だけど?」

律「そっかー♪・・・って、おい!ついてくんなよ!!」





おわり